• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

トレーディングプランとはどの様なもので、どのように作成すればよいのでしょうか。

Education /
Milan Cutkovic

初めてトレーディングをする人は、どの様に始めたらいいのか、かなり混乱するでしょう。全ての新しい投資家が最初のトレーディングプランを作成する事を考える前に、初心者の為のFX取引ガイドを読む事をお勧めします。既に読んでいる場合は、次のステップとしてトレーディングプランとは何か、どの様に作成するかを理解する必要があります。経験豊富なトレーダーの中には、まだトレーディングプランを十分に活用できていない人もいるでしょうから、この記事はその様な人にとっても有益であり、市場での習熟度を高めるのに役立つでしょう。

FXトレーディングインデックストレーディング暗号資産 のいずれを始めるにせよ、トレーディングプランはあなたの旅を正しい軌道に乗せる為に不可欠です。この記事では、新規トレーダーがトレーディングプラン(取引計画)の重要性と考慮すべき様々な側面を理解するのに役立つ4つのステップを説明します。まず、トレーディングプランとは何かについて説明しましょう。

トレーディングプランとは?

トレーディングプランとは、インベスターが特定のマーケットを特定し、トレーディングする際に従うべき戦略的プロセスの事です。目標、リスク、ストラテジー、取引管理など、トレーディングプランが含む一連の変数があります。

トレーディングプランは一人で作成し使用するものですが、他のトレーダーがどの様にプランに取り組んでいるかを理解するのは良いアイデアです。トレーダーの中には、リスクや資本へのアプローチ方法について異なる考え方を持ち、プランの意思決定やプロセスを導いている人もいます。

4つのステップを使ったトレーディングプランの作り方

ステップ1:なぜトレーディングプランが必要なのか?

ステップ2: 目標とリスク管理

ステップ3:トレーディングプランの戦略

ステップ4:トレードエントリーとトレード管理


なぜトレーディングプランが必要なのか?

よく聞かれるのは、なぜトレーディングプランが必要なのかという事です。その重要性を例証するた為に、ここでは例を挙げて説明します。

 

トレーディングプランの例

例えば、カフェを開業する事を想像して下さい。場所を適当に選ぶのではなく、以下の様な事を考慮した上でビジネスプランを作成するのが一般的なやり方でしょう:

  • 市場環境の徹底的な調査
  • 競合他社は何をやっているのか
  • 独自のセールスポイントは何か、どうすれば市場で優位に立てるか
  • カフェを運営するためのコスト・ベネフィット分析
  • 始める為の様々な資金調達方法

それ以外にも色々ありますが、結論から言うと最初の一杯のコーヒーが売れるまでにやるべき事は沢山あります。

 

起業の際には、骨格となるプランの作成が不可欠とされています。しかしトレーディングにおいては、多くのメリットがあるにも関わらず、トレーディングプランを立てる必要はないと考えているトレーダーが、残念ながら沢山います!

期待される成果を明確にし、現実的な目標を設定する

まず、トレーディングプランでは、トレーダーがそもそもなぜトレーディングをするのかという疑問を投げかけてみましょう。その答えを知る事は、この活動から期待される成果を決定する上で非常に重要です。例えば、トレーディングで生計を立てて経済状況を改善したいと考える人もいれば、趣味として副収入を得たいと考える人もいるはずです。どちらの考え方を採用するにしても、正解や不正解はありません!さらに重要な事は、投資計画はトレーダーがマーケットから何を得たいかを明確にする為にあり、現実的な目標を設定する事が出来るのです。

 

この様に、トレーディングプランは、達成したい目標をまとめた個人的なロードマップとして扱われるべきなのです。趣味の人は月々数百ドルで満足するかもしれませんが、それ以上を期待する人もいるはずです。趣味でトレードをされている人は、副収入を得ながら着実に増やしていく事がロードマップの中心でしょう。またプロのトレーダーを目指す人は、より大きな目標を持つでしょう。その為に、詳細な計画とそれを達成するための明確なビジョンを持つ事が重要になります。

 

この様に、トレーディング・プランを持つ事は、スキルや興味のレベルに関係なく、全てのトレーダーにとって有益な事です。

Steps to reach your goals

感情的な落とし穴を避ける

トレーディング・プランの2つ目の利点は、トレーディングに秩序と構造をもたらす事でしょう。トレーディングは時にストレスや感情に左右される事があります。トレーダーは常にその様な状況に置かれ、その結果、事実や数字ではなく、純粋に感情に基づいて過剰に反応し、トレーディングを行う事になってしまいます。トレーディングプランがあるからといって、これを完全に否定する事は不可能ですが、トレーダーがマーケットで何を探しているのかを明確に把握出来るようになります。

その結果、衝動的な リベンジトレード によって損失を被る可能性が低くなります。さらに、トレーディングプランがあればトレーダーの結果を分析するのがずっと簡単になるでしょう。明確な戦略を持たず、何が最善かの直感に頼って運用する事を想像してみて欲しいと思います。1時間足チャートでの 継続パターンと逆転パターン の取引から、5分足チャートでのAUDUSDのスキャルピング、あるいは重要ニュースの取引まで、関係する戦略は乱高下して常に移り変わるでしょう。パフォーマンスを統計的に分析する事は可能ですが、この様に短時間に1つのトレーディングシステムから次のトレーディングシステムへ頻繁に移行する為、その結果からは貴重な洞察は得られるものはありません。

一方、簡潔な戦略計画を立ててしばらく継続する事で、初めてトレーダーは自分の成績を効果的に分析し、トレーダーとして向上する為の貴重な情報を収集する事が出来るのです。

 

あなたはどんなトレーダーですか?

最後に、トレーディングプランを立てる事で、自分の取引嗜好を確認する事が出来ます。短期的なトレードを好むのか、中期から長期的なトレードを好むのか。どの様なスタイルが各個人に最も適しているかを理解する事で、トレーダーは自分のリスク選好度についてより深く知る事が出来るでしょう。すぐに答えを知る必要はありませんし、嗜好は時間と共に変化するものです。その為、実際の資金を使わずに練習出来る デモトレーディング口座 が非常に役立つのです。

自分のリスクプロファイルを理解する事はトレーディングの基本です。ある人は生まれつきのリスクテイカーであり、「リスク」という言葉を聞くと「チャンス」を連想するでしょう。しかしもっとリスクを避け、リスクを可能な限り低いレベルに抑える事を好む人もいます。自分のリスク・レベルを知り理解する事で、トレーダーはそれに応じてリスク管理手法を調整する事が出来るのです。

さらに、これは個人を「成功したトレーダー」にする為に、他の個人的特徴を特定するのに役立ちます。言い換えれば、各 トレーディングスタイル は各個人自身の強みと弱みによって定義される為、自分のエッジを知るという事に繋がるのです。

 

Multiple traders talking on their mobiles

トレーディングプランは、トレードのパフォーマンスにどの様に役立つのでしょうか?

簡単に言うとトレーディングプランは、期待される結果を特定して現実的な目標を設定し、リスクプロフィールを理解する事で、トレーディングストラテジースタイルを決定します。これにより、取引中に起こりうる感情的な落とし穴を排除する事が出来ます。

しかし、トレーディングプランの策定は最初のステップに過ぎません。次に来るのは評価で、重要なのはトレーダーは「常に、行われた個々のトレーディングとそれに続く結果を綿密に分析しなければならないと」いう事です。計画は守られたのか、守られなかったとしたらそれはなぜか。評価の頻度はトレーダーによって異なります。デイトレーダーは毎日、長期トレーダーは毎週、自分のトレードを見直す必要があります。

また、トレーディングプランを立てる事で、改善されたかどうかを追跡する事が可能です。トレーダーのパフォーマンスを分析する度に、どこが正しかったのか、あるいは間違っていたのかを発見する事が出来ます。損失はゲームの一部である為、誰も完璧なトレーダーにはなれません。しかし、常にパフォーマンスを分析する事で、エラーや弱点をなくすか減らす事が出来ます。

トレーディングプランがなぜ、そしてどの様に有益なのかを理解した今、これを実行に移してステップ2で目標を設定し、リスク管理手法を採用する事で、トレーディングプランの基礎を作り始める時でしょう。

目標とリスク管理

どのような戦略計画にも、達成すべき一連の成果が必要です。これらの目標を設定しリスク管理を行いながら準備をする事で、計画に沿ったプロセスが明確になります。

取引計画は静的なものですか?

トレーディングプランは個人的な文書である事を再度述べておく事が重要です。作成方法に正解も不正解もありません。少なくともいくつかの重要なトピックをカバーすべきですが、トレーディングプランの構成やスタイルは各トレーダーの好みによって異なります。従ってこの記事の内容は、単にトレーディングプランを作成する過程で役立つかもしれない例として考えるべきでしょう。さらに、別の戦略に切り替えたり、リスク選好度を上げたり下げたりする事で、トレーディング・プランは継続的に変化する事を心に留めておいて下さい。トレーディングプランは、一度書いてそのままにしておくものではありません。

トレーディングプランにおける目標設定

トレーディングプランの最初のステップは、達成すべき目標を設定する事になります。トレーディングの目的は何か、トレーディングで何を達成したいかを説明する必要があります。トレーダーの中には、月に何%のリターンを得るなど、ある数字を念頭に置く人もいます。また、具体的な数値目標を持たずインベスターとしての総合的な成長を評価する事を好むトレーダーもいます。しかしここでも、正しい方法、間違った方法というものはありません。全てのトレーダーは、自分が最も心地よいと感じる方法を使うべきです。このビジネスを始めた理由と目標を明示する事は、大局的な視点に立つ事に役立ち、トレーダーが成功者になる為に多くの時間と労力を投資している理由を思い起こさせる役割を果たすのです。

リスクマネージメント(リスク管理)策の採用

第二部はリスクマネージメントについてです。シンプルにする為に、以下の例は一つの取引戦略を中心に展開されると仮定しましょう。下の図には特定のリスク管理基準が記載されています。1つ目はトレーダーが1回の取引で取る事が出来る最大リスクを定義する事で、注文が執行される前に%を計算します。オーバートレードを避ける為、1日に取引できる上限を設定するのが賢明かもしれません。リミットは、取引を停止するまでの最大連続損失回数を定義する事で設定出来ます。詳しく説明すると、3連敗以上した場合は3Rルールに従う。これは、Rest(休息)、Reconsider(再考)、Restart(再スタート)の頭文字を取ったものです。

3R Rule

3Rルール

3R法の目的は、トレーダーを落ち着かせて感情的な取引を防ぐ事にあります。連敗が続くと気持ちが動揺し、出来るだけ早く損失を取り戻したいという衝動に駆られるのは自然な事です。残念ながら、これはさらに大きな損失を招く可能性があります。3Rルールが守られていれば何が悪かったのかを考え、偏った認識を持つのでは無くもう一度客観的に市場を見る時間が出来るのです。

3Rルールにはもう一つ、最大ドローダウンという考え方がある。これはトレーダーが許容できる最大の損失の事です。注意しなければならないのは、これは各取引についてではなく全体的なものであるという事です。例えばあるトレーダーが、口座で5%の損失を出した場合、少なくとも48時間は休んで、何が悪かったのかを正確に分析したいと思うかもしれません。明確な見通しがなくルールがない場合、オーバートレードになりやすく感情的になりやすいのです。

上の表の数字はあくまで一例である事に留意してみましょう。1日に20~30回のトレードを行うアクティブトレーダーは、3回の連続取引を大きな問題とは考えないかもしれない。デイトレーダーであればトレード回数はもっと多いかもしれません。しかし日足チャートで取引し、月に2、3回しか取引しない人にとっては、3連敗は相当なものかもしれません。従って全てのトレーダーは、自分自身のリスク許容度を明確にする必要があります。

リスクリワードレシオの計算

最後に、最小リスクリワードレシオがあります。これは、トレーダーがストップ注文と利食い注文を事前に決めておく場合で、計算は非常に簡単になります。トレーダーの中には、リスクとリターンの最小比率を1:1に設定している人もいます。これは彼らの分析によると、60ピップスの潜在的利益を生み出すかもしれないトレードを開始する事を検討している場合、彼らも60ピップス以上のリスクを取りたくない事を意味します。そのトレーディングでより大きなストップが必要な場合、トレーダーはその取引を行わないことを決定するかもしれません。この背景には期待リターン以上のリスクを負わないという考えがあります。

目標とリスク管理は、強力なトレーディングプランを持つ上で非常に重要です。次のステップでは、トレーディングプランの戦略を含め、トレーディングプランの構築に必要な分野をさらに取り上げます。

トレーディングプランの戦略

トレーダーにとって、ストラテジーを出来る限り詳細に記述する事は重要です。戦略には裁量的なものもあるので定義するのが難しい部分もありますが、一般的な経験則では出来るだけ多くの詳細を含める事が望ましいでしょう。

トレーダーのエッジ

各トレーダーは自分自身のエッジを特定する様努めるべきです。これは、トレーダーが持っている一連のスキルかもしれません。例えば、あるトレーダーは注意力が短いけれど、数字に強く、日中取引のストレスにうまく対処出来ます。一方、異なる取引スタイルのトレーダーは、この様な環境では効率的に機能出来ないかもしれませんが、その代わりに常に大局を見据える事が出来る熟練した戦略家である可能性があります。

初心者トレーダーにとって特に重要なのは、彼らがどの様なスキルを持っているかを見極め、トレーディング戦略をその逆ではなく、それぞれの個性に合わせて調整する事に尽きます。

 

基本的なトレーディングストラテジーとはどの様なものでしょうか?


例1:5日移動平均線が20日移動平均線を上回り、RSIが70を下回ったら買い
例2:5日移動平均線が20日移動平均線を下回り、RSIが30を上回ったら売り

これは、最も人気のある2つの 最も人気のあるテクニカル指標 を含む単純化した例です。このストラテジーを使用するトレーダーは、移動平均のクロスオーバーを、上昇または下降のモメンタムが高まっている事を示すサインと見なす可能性があります。トレーダーは、RSI が買われ過ぎの状態を示している時に通貨ペアを買ったり、売られ過ぎの状態を示 している時に通貨ペアを売ったりする事を避けたいので、追加のフィルターとして RSI(相対力指標)を追加したかもしれません。

平均トゥルーレンジ(ATR)やボリンジャーバンドの様に、ボラティリティが低い環境での取引を防ぐ為に、さらに指標を追加することを思いつくかもしれません。

この背景には次のようなロジックが考えられます: 5-20DMAのクロスオーバーは、モメンタムが加速している為、現在のトレンドがさらに拡大する可能性があるというシグナルかもしれません。しかしトレーダーは、ボラティリティが低い環境では、シグナルの質が低下する可能性があるため、取引を行いたくありません。

上記の例はトレーディングストラテジーを非常に単純化した物です。しかし、トレーダーが留意すべき要件は他にもあります。

 

Candlestick chart with buy and sell signals

トレーディングストラテジーの概要

トレーディングストラテジーのアウトラインは以下の領域から構成されます:

  • 論理 - ストラテジーの背景にある考え方と、なぜそれがうまくいくと考えるか。
  • 目的(目標)
  • 特徴 - (例えばテストの結果、その日のその時間帯に最も優れたパフォーマンスを発揮するストラテジーであるとわかったので、アジア時間帯にのみ取引を行う事にする)
  • リスク管理ルール
  • エントリールール - (いつ取引を開始するか)
  • 取引管理ルール - (ストップロスやテイクプロフィット - 固定またはトレーリング)
  • イグジットルール(執行する為のルール)

すぐに適切な戦略を見つけるトレーダーは殆どいません。大半のトレーダーはデモ環境および/またはバックテストで様々な戦略をテストするのにかなりの時間を費やすでしょう。トレーダーが有望な結果をもたらし、正しいと感じる戦略を見つけたとしても、その戦略に長期間固執する可能性は低いです。金融市場は常に進化している為、トレーダーも変化を遂げなければなりません。

トレードエントリーと取引管理

このプロセスの最後のステップとして、3つの重要なトピックについて説明します:

  • トレードエントリー
  • トレード管理
  • トレード分析

トレード・エントリー

トレーダーがトレードエントリーをどの様に管理するかは、そのトレーディングスタイルによって大きく異なります。スキャルパーは計画を立てる時間があまりなく、直感的な判断をする事が多いでしょう。スイングトレード戦略を使う人は、成行注文を使わず指値注文だけに頼るかもしれません。トレーディングプランと同様、トレードに入る方法に正解・不正解はありません。

しかし、エントリー基準を慎重に定義してフィルターを追加する事が有益であるなのがわかるでしょう。取引シグナル、取引エントリー、および必要に応じて追加ルールを定義する事から始める事が出来ます。

単純化した例は次の様になります:

  • 売買シグナル: 5日移動平均が20日移動平均を上回り、RSIが70を下回ったら買い
  • 取引エントリー: クロスオーバーの次のローソク足のオープンで買い

追加ルールの例

  • 欧州時間中のみエントリーする(例えば、統計的にこの時間帯に最も成功することが証明されている場合)
  • 通貨が発行されている国の祝祭日がない場合のみ取引を開始する(例:日本の祝祭日は日本円を避ける)

 

Trader using a calendar for their trading plan

取引管理

スキャルパーは多くの裁量でトレードを管理する必要があるかもしれませんが、一般的に、適切なトレード管理ルールがないとトレードを早く決済しすぎたり、負けポジションを追加したりするなど、感情的な判断につながる可能性があります。

最もシンプルな方法は、トレードを開始する時点でストップロスとテイクプロフィット注文を追加する事です。相場が転換してトレーディングを開始した理由が通用しなくなったと判断した場合、早めに決済する事もできる。しかし初心者の場合、トレードを早く決済しすぎてしまう可能性がある為、難しいかもしれません。最悪のシナリオでは、トレーダーは常に早すぎる利益を取り、市場が再び好転する事を期待して負けポジションを放置してしまうかもしれません。

従って、初心者はあらかじめストップロスとテイクプロフィットのレベルを設定し、それを守る方が簡単かもしれません。あまりに頻繁に損切りされる様であれば、注文を出す場所や戦略がまだ適切に機能しているかどうかを見直す必要があります。

取引分析

トレーディングジャーナル は、トレーディングプランに追加するのに適しています。そこでは全ての取引を記録し、上手くいった事やいかなかった事など、コメントを加える事が出来ます。時間が経てば貴重な情報を発見し、絶え間ない観察から学ぶ事が出来るかもしれません。

トレーディングを分析する時は、どの様に取引を開始しどの様に管理し、さらにどの様に取引を終了したか(手動またはストップ/テイクプロフィット注文によるトリガー)を調べます。さらに、トレーディングのミス を犯していないか、自分の取引ルールを破っていないかを確認しましょう。新しい事を学んだり、戦略の改善に役立てたり出来るかもしれないからです。

閑散期にトレードを見直して日誌を更新するのがベストです。例えば欧州時間に取引する場合は、セッションが終了した後に行う事が出来ます。

要約すると:

  • トレードエントリーを決定する事で、自分のルールに従ってトレードにエントリーする為の適切な条件を特定する事が出来るはずです。
  • トレード管理は、トレーダーが感情的な判断を下したり、トレードの決済が早すぎたり遅すぎたりするのを防ぐ事が出来ます。
  • トレード分析は、自分の弱点を見極めて強みを伸ばす効率的な方法です。

さて、自分だけのトレーディングプランを立てたら、次は市場の状況をモニターして取引目標の達成に向けて動き出す番です。

 


本情報は、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買を推奨するものでも、売買を勧誘するものでも、いかなる取引戦略に参加するものでもありません。読者は各自で助言を求めるべきである。本情報の複製または再配布は許可されていません。

 



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設