• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

トレーダーとして避けたい、よくあるトレーディングの失敗例

Education /
Milan Cutkovic

トレーディングはとてもシンプルに見えます。結局のところプライスは上がるか下がるかしかないので、トレーダーがすべき事は、正しい方向を選びお金が転がり込んでくるのをじっと待つ事だけなのでしょうか?いえ、実際はそうでもありません。

トレーディングの世界は、大きなアイデアを持ちながら殆ど準備をしない人にとっては、驚きに満ちたものです。準備不足のトレーダーのトレーディングにおける失敗は全て学習プロセスの一部であり、実際に 成功するトレーダーになる為に人を育てられる事を認識出来ないのです。

ウォール街の伝説的なトレーダーであるマーティン・シュワルツは、著書「Pit Bull」の中で、彼の輝かしいトレーディングキャリアの低さと高さの両方を語っています: Pit Bull: Lessons from Wall Street's Champion Day Trader "という本で、彼の輝かしいトレーダーとしてのキャリアを紹介しています。彼らしい派手なファッションで、最初のトレーディングを開始してから数時間で1万ドルを失った事を回想しています。

しかし本書が優れているのは、シュワルツが、特にトレードを始めたばかりの頃に犯したトレードの失敗を率直に語っている事です。そしてその失敗からどのように学び修正したかを詳細に説明し、それ以降彼は世界で最も成功した有名なトレーダーの一人となったのです。

シュワルツの本は、最も一般的なトレーディングの間違いを実践的かつ現実的に紹介しているものです。

そして、全てではないにせよ殆どのトレーダーが同じ間違いを犯しているか、今も犯していることは間違いないでしょう。

 

トレーディングのミスは全てのトレーダーの旅の一部です。トレーディングが全く初めての人でも、何十年もマーケットでトレードしている人でも、共通のトレーディングミスを犯す可能性はあります。

 

この様な間違いの中には、他のものよりもコストのかかるものもあります。そして事実、受け入れがたいミスもあります。また、トレーダーによってはミスを無視して何度も繰り返す事で、トレーダーとして成功するかそれとも敗北するかの分かれ目となるでしょう。

目次

  1. トレーディングプランのない取引
  2. 過度な取引、早すぎる取引
  3. 感情的な取引
  4. 当てずっぽうの取引
  5. ストップロス注文を使用しない
  6. 大きすぎるポジションを取る
  7. 多くのポジションを取る
  8. レバレッジをかけすぎる
  9. リベンジトレード
  10. 利益が出ている取引を損失に変えてしまう
  11. トレーディングジャーナルにトレードを記録しない
  12. 投資の時間軸を忘れてはいけない
  13. 損失を受け入れることができる
  14. 群衆に従う
  15. 一度に複数の市場で取引する
  16. 強いパフォーマンスを持つ市場を追い求める
  17. トレーディングの失敗例 FAQ

1.トレーディングプランのない取引

全てのトレーダーはトレーディングプランを立てる必要があります。もし持っていないのであれば、そろそろ手に入れるべきで、その為の最良の方法はなぜ取引をするのかを考える事から始める事です。

普段の仕事の傍らで、ちょっとした小遣いを稼ぎたいからなのか。

株式市場を追跡することを職業にしたいのだろうか。

ただ挑戦するためにやっている事なのか?

 

どの様な理由であれ、目標はその人のトレード方法を決定するのに役立ちます。

 

トレーダーはトレーディングから何を得たいかを考え、それを得る為の方法を考えなければなりません。トレーディングに割ける時間、追求すべきトレードの種類(例:大量取引、低収益)、知識レベルは十分か、教育にもっと時間をかける必要があるかなどを検討します。

Man trading on his laptop and two monitors

 

2.過度な取引、早すぎる取引

トレードでお金を稼ぐ可能性がある為、特に初心者のトレーダーはより早く大きな利益を得ようと限界を超えようとする誘惑に駆られます。

 

しかし取引量や金額など、あまりに熱心に取引に臨むとリスクのレベルが上がるだけです。無理をして不利な状況に陥ると、落ち着く前に市場から退場してしまうかもしれません。多くの人がトレーディングマーケットに参入し億万長者への道を一足飛びに切り開くという考えを抱いています。

現実にはトレーディングは気軽にお金を投げ入れて、その見返りとして無限の富を得られる様なものではありません --その高みに近づくには、多くのスキルと忍耐が必要です。

ゆっくりと着実に積み上げていきましょう。まずは デモ口座 で試してみて、実際の資金で ライブトレーディング口座 を開設したら少額を投資して1つか2つのマーケットで取引し、物事の感覚を掴む様にしましょう。

トレーダーは、FX取引、株式取引、商品取引などで利益を上げる事が出来ますが、一握りの迅速な取引で利益を上げる事は殆どありません。

トレーダーがトレーディングに専念できる時間が増えれば増えるほどトレーダーはより良くなり、より簡単に見つける事が出来、より多くの取引機会が現れるようになります。

 

3. 感情的なトレード

調子が良くて、何もかもがうまくいかないと感じる感覚は、誰もが経験した事があるはずです。トレーダーがこの感覚をトレードに当てはめると、一般的には利益を上げるトレードが連続し、それをマスターした様に感じられる時でしょう。しかし、全ての好調は最終的に終わりを迎え最終的にはお金がかかっている為、これを覚えておく事は非常に重要です。

取引に興奮するのは良い事ですし自信は常に歓迎すべきものです。しかし、感情に流されて取引行動を決定し、普段は取らないようなポジションに手を出してはいけません。

感情的な取引ミスを抑えるようにしましょう。取引を開始する前に半歩下がって、客観的に見る様にしましょう。それはトレーディングストラテジーに合っていますか?確かな情報に基づいているのか、それとも単なる直感なのでしょうか?もしそのトレードが自分に不利になったら、どう反応すれば良いでしょうか?

感情的になりすぎないように、自分を守る為の手がかりとなるシステムを考えましょう。

4. 当てずっぽうのトレード

もしトレーダーが何の準備もせずにトレードを開始するなら、それは本当のトレーダーではありません。

 

実際、教育やマーケットの仕組みを理解する努力をせずに取引を行う事は、カジノに足を運びルーレットテーブルにお金を投げ入れて、最高の結果を期待している様なものです。確かにトレードには予測不能な変動がつきものですが、時間をかけて市場の仕組みを学び、観察する事でトレーダーは自分に最も適したトレードの種類を知る事が出来ます。

 

自分自身を教育し、全てのトレードの前に準備しましょう。Axiは、コースブログeBookswebinars など、お好みの形式で豊富な教育コンテンツを提供しています。学んだ事をデモ取引口座で実践し実際の環境に移行する前にノーリスクで練習する事が出来ます。

Puzzled man trading at his computer

 

5. ストップロス注文を使用しない

ストップロスレベルを使わない取引は、休憩なしで車を運転するようなもので余りにも危険です。

 

しかしそれにも関わらず、多くのトレーダーがこの便利なツールを使わずに取引しています。そして殆どの場合、手痛い損失を被る事になるのです。不要な損失、避けられる損失が発生します。

ストップロス・レベルを適切に使えば、負けポジションに深入りするのを避ける事が出来ます。

トレードを始めると同時に「ハード」なストップロスを置くにしても、トレード中に「ソフト」なストップロス・レベルを目の前にしても、リスク管理の一環としてこれを使えばより有利な立場に立つ事が出来るでしょう。ただ、ソフトなストップロス水準はこれらのマーケットで経験を積んだ上級トレーダーにより適している事を忘れないで下さい。

6. 大きすぎるポジションを取る

大きな勝ちトレードの魅力が全てのトレーダーの心にある事は間違いありません。そして、(勝ちトレードになると思って)大きなポジションを取る誘惑は常に存在します。トレーダーの為の資産管理 はマーケットで活躍し続ける為に不可欠です。

しかし何度も証明されている様に、トレードで大きなポジションを取りすぎる事はリスクが高いのです。トレードが思い通りに進む保証はありません。従って、1つのトレードで資金の50%をリスクにさらしそのトレードが不利になれば、あなたの取引資金が深刻に減少します。

また、トレーダーとして大きな心理的負担を強いられるかもしれません。リスク量を減らすために lポジションサイズニングのテクニックを学ぶ を学び、トレードのエントリーとエグジットに健全なアプローチを身につけることが重要です。

 

7. 多くのポジションを取る

トレーディング可能なマーケット は多く、毎日多くのトレーディングチャンスがある一方で、ポジションを取りすぎる事も取引に不利になる可能性があります。

 

自動的に取引を行う強固な自動売買システムがある場合を除き、あまりに多くのポジションを監視する事は控えめに言っても混乱し、リスクが高くなる可能性があります。

 

人間の脳は一度に限られた量の情報しか扱えない事を忘れないで下さい。また、各取引に必要な注意力は、各取引に与えられる時間と集中力が限られている事を意味します。

 

一度に多くのポジションを取り、それを監視する適切な自動化システムがなければ、これらの幾つかのトレーディングは失敗する可能性があります。

次に取引をする時は取引回数に気をつけましょう。まずはいくつかの取引に集中してエントリーして執行し、他の取引機会があればまた始めるのがベストです。

 

トレーディングストラテジー を明確に定義していれば、取引機会を選別し、最適なものを選ぶのは少し楽になります。

8. オーバーレバレッジ

レバレッジ を利用出来る事は、FXインデックスメタル暗号資産 などの市場の大きな魅力の1つです。レバレッジを利用すれば、少額の取引資金でもはるかに大きなポジションを取引する事が出来ます。

しかしご存知の通り、レバレッジは諸刃の剣になり得ます。レバレッジは勝ちトレードも負けトレードも増幅させる事が出来るのです。

 

トレーダー、特にレバレッジの仕組みを十分に理解していないトレーダーは、高いレベルのレバレッジを使用することが大罪の1つです。勝ちの可能性だけを見て、負けの可能性を無視する人がいます。

 

高いレベルのレバレッジを使用してトレーディングが不利になった場合、取引資金が一掃される事になりかねません。

 

従って、レバレッジを利用する最良の方法は低いレバレッジから始める事です。ブローカーが提供する最も低いレベルのレバレッジを使用してみましょう。レバレッジの仕組みに慣れてきたらレバレッジレベルを上げる事も出来ます。

 

覚えておいて頂きたいのは、提供されているレバレッジレベルが大きいからと言って、1:1000、1:500、など、管轄地域によって様々ですが、出来るだけ高いレバレッジを使用しなければならないという事ではありません。

諺にもある様に、走る事が出来る様になる前に歩く事を学ばねばならない必要があります。

9. リベンジトレード

負けた時はやはり嫌な気分になりますよね。そして、またマーケットに戻って別の取引を行い、自分が勝者になれることを証明したいのではないでしょうか?

 

それがまさにリベンジトレードの考え方です。あなたは仕返しをしたいのです。自分が勝者であることを証明したいのです。

しかし、多くの場合、リベンジトレードは利益よりも痛みをもたらす事があります。

少し考えてみましょう。リベンジトレードをする時、あなたは最高の感情状態にない事が殆どです。まだ憤りを感じていたりストレスが溜まっていたりして、正常な取引判断が出来ない状態である可能性が高く、そして、次のトレードが良い可能性を持っているかどうかを本当に分析出来ていない可能性が高いです。

つまり、リベンジトレードについて出来る最善の事は、リベンジトレードにまったく関与しない事でしょう。

 

負けトレードや連敗が続いた場合は、一歩下がって何がいけなかったのかを分析する事をお勧めします。

 

とにかくマーケットがぎすぎすしていてトレード出来なかったのか?最初の分析で何が間違っていたのか?

 

いつもとは言わないまでも、大抵の場合はリベンジトレードを全力で避けた方が良いでしょう。

10. 利益が出ているトレードを損失に変えてしまう

もしあなたがこの間違いを犯しているとしても、あなたは一人ではありません。大物でさえこのよくあるトレードミスを犯しているのです。

 

完璧なタイミングでエントリーし、紙一重の利益を得たと思ったら、急な反転でそれが無くなってしまった事が何度あるでしょうか。私は一度や二度ではないだろうと思います。

 

良いトレードを失敗させてしまう理由は、金融市場の取引で犯しうる最初の大きな過ちですが、トンネルの先には光が見えています。

 

この間違いを正す最良の方法は計画を立てる事に過ぎません。取引に入る前にいつ執行、中止するかを知っておく必要があります。そして、撤退する理由を複数用意しておくべきです。

 

トレーダーは、取引から目的を達成出来る様な独自のトレード執行ストラテジーを開発する必要があります-たとえそれが期待通りにいかなかったとしても。これには、以下の様な組み合わせがあります:

  • 収益のターゲット(複数可)

  •  

    ワイドトレーリングストップ(トレンド相場の場合)

  •  

    タイトなトレーリング・ストップ(消耗の激しい動きに対応するため)

  •  

    リスク/リターンストップ(収益のターゲットに近づいた時用)

また、取引からスケールアウトする事も出来ます。マーケットが少し使える様になったらポジションを少し外し、動きが進むにつれて更に少し外し、大きな勝利の為に少し残しておく。このようなアプローチにより、エクイティカーブを滑らかにする事が出来ます。

Finger pointing at a trading chart that is going down

11. トレーディングジャーナルでトレードを追跡しない

トレーディングジャーナルを使用する事は、成功するトレーダーになる為に非常に重要な部分です。利益を上げたトレードのエントリーと執行を記録する程単純ではなく、もう少し多くの情報と注意が必要です。

 

トレーディングジャーナルには、良いトレード、悪いトレード、そして本当に悪いトレードまで、全てのトレードを記録する必要があります。

トレーディングジャーナルに記録すべき情報には、以下のようなものがあります:

 

  • トレードの日付と時間

  •  

    トレードされたペア

  •  

    トレードが行われた時のチャート設定のスクリーンショット

  •  

    ポジションサイズ

  •  

    トレードを開始した理由と考え

トレードジャーナルを利用する事で、成功したトレードとそうでないトレードを振り返り、自分のトレード戦略を改善する機会を強調する事が出来る様になります。

 

12. 投資の時間軸を忘れてはいけない

時間軸を考えずに投資をすると、失敗する可能性があります。というのも、全ての投資には長期的なものと短期的なものがあり、投資期間によって収益率が違ってくるからです。

例えば、長い期間では良いパフォーマンスを示すが、短い期間ではそれほどでもない銘柄は、退職後の貯蓄を考えた場合、持ち続ける事に意味があるかもしれません。

自分の時間軸を理解する事で、より適切な投資先を自分のポートフォリオに合わせる事が出来ます。

 

13. 損失を受け入れることができる

多くのトレーダーは、投資のプロのように間違いを犯す事は出来ないと思い込んでいますが、それは単純に間違いです。

 

もし、あなたが十分な注意を払わずにトレードに飛びついたり、長い間稼ぎ続けてきたのに突然ポートフォリオが急降下した場合、プライドに支配されて負けを長く持ち続けるのではなく、起こったk事象を受け入れて前に進むことが重要です。

 

また別の日、別のトレーディングチャンスが必ずあるはずです。成功するトレーダーになる為に、過去の負けから学び、自分のスキルを向上させ続けましょう。

14. 群衆に従う

群集に従う事は、経験の浅いトレーダーが群集心理に盲従し不利な取引に陥ってしまうという、よくある取引の間違いです。

初心者のトレーダーにとって重要なのは、自分のトレードスタイルを考えて決断する事です。テクニカルファンダメンタルズアナリシスを行わず、誰かに従ってトレードを行い、トレードが失敗した場合、責任を取るのは自分だけなのです。

 

Group of business men looking in the same direction

 

15. 一度に複数の市場で取引する

経験の浅いトレーダーは、FXからインデックス、暗号通貨からコモディティまで、市場から市場へ飛び移る場合があります。これはよくある間違いで、過剰な取引や大きな損失に繋がる可能性があります。

マーケットをより深く理解する事はあらゆるレベルのトレーダーにとって重要であり、直感や感情ではなく、事実に基づいて取引を決定する事が出来る様になります。一度に複数の市場に飛び込む前に、1つの商品マーケットを理解し、貴重な取引経験を積む事が賢明です。

16. 過去に強いパフォーマンスを示した市場を

追い求める

多くのトレーダーは、過去2、3年の間に強いパフォーマンスを示した特定の資産や市場を選択するのが一般的です。この「Fear Of Missing Out」精神は、恐らくポジティブな投資判断よりもネガティブな投資判断を多く引き起こしている。

この数年間、好調だったマーケットは終わりに近づいており、賢明な資金は全て流出し、間違いを犯したトレーダー(ダムマネー)が流入している可能性があります。

トレーダーは、その市場に投資するのに最適な時期は3、4年前であり、今ではない事を理解する必要があります。

 

トレードの失敗談

FAQ


トレードミスを克服するにはどうしたらいいのでしょうか?

トレードミスを克服するための最初のステップは、ミスを自覚し、いつミスをしたかを記録することです。よくあるトレードミスのリストを確認し、トレード日誌の中で、これらのミスをするたびに書き留めてください。自分がトレーディングの一環として行っているネガティブなことをますます意識するようになれば、そのようなことからもっと距離を置くようになります。


株取引で避けるべき取引の間違いとは?

このリストにある間違いのほとんどは株式にも当てはまりますが、他にも株式取引で避けるべき共通の間違いがいくつかあります。例えば、出来高の少ない銘柄を買うこと、株のプロモーターを信じること、難解で不明瞭なチャートパターンを取引することなどが挙げられます。

トレーディングは難しいプロセスであり、何が自分に合っているのかを見極めるには時間がかかることが多い。しかし、初心者トレーダーが金融市場に参入する際に、これらの一般的な取引ミスを避けることができれば、学習曲線ははるかにスムーズになります。

自分のバイアスを理解するだけでなく、そのバイアスがどのように取引に影響するかを理解し、それに応じて管理する機会を持つことが重要です。これらの情報は全て、トレーダーによくある落とし穴についての洞察を深めてもらい、今後そのような落とし穴にはまらないようにする為のものです。

 

トレーディングのミスは旅の一部であり、すべてを避けることはできない。その失敗から教訓を得、それを活かして自分を磨き、偉大なトレーダーに一歩近づきましょう。

Axi Academy CTA box



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設