• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

外国為替トレーダーの為の最高の資金管理取引戦略

Education /
Milan Cutkovic

資金管理(マネーマネージメント)はトレーディングプロセスにおいて見落とされがちな側面です。大抵のトレーダーは、いつ、何を取引するかに集中しているからです。

殆どのトレーダーは、どの通貨ペアを取引すればいいのか...どの商品を買えばいいのか...マーケットはいつ動くのか...を知りたがっています。

いつ、何をトレードするかを知る事が重要なのはは間違いありません。しかし、各取引にどの様に資金を配分するかを知る事も決定的に重要です。

多くのトレーダーにとって、各取引に資金をどの様に配分するかというステップを含むトレーディングストラテジーを実行しないのは、成功と失敗の分かれ目です。だからこそ、トレーディングパフォーマンスを高める事が出来る適切な資金管理戦略を学ぶ事が非常に重要なのです。

著者でテクニカルアナリストのジョン・マーフィーは、著書『金融市場のテクニカル分析』の中で、リサーチアナリストから顧客の資金を管理する様になった事、そして資金管理の重要性に気づいた経緯について語っています。

「口座バランスの大きさ、資金配分、各取引に投入する資金量などが最終的な結果に与える影響に驚きました」。

ジョン・マーフィーは、多くのトレーダーがそうである様に、トレーディングプランを作る を立てる際に資金管理戦略がいかに必要かを理解しています。

 

目次

  • トレーディングにおける資金管理とは?
  • トレーダーのための3つの資金管理テクニック
  • トレーディングで資金管理を活用しない7つの危険性
  • 適切なリスク管理戦略の実施が重要
  • 資金管理のコツ
  • トレーディングにおける資金管理
  • 資金管理に関するFAQ

トレーディングにおける資金管理とは?

資金管理は、全てのトレーダーが資本を維持するために採用しなければならない重要な戦術です。リスクと取引規模を適切に管理すれば、トレーダーは長期に渡って市場に留まり、有益な取引機会を活用する事が出来ます。

トレーダーにとっての資金管理の目的は、リスクを抑える一方でポジションサイズを増減する事によりトレーディング口座の可能な限りの拡大を目指す事。

トレーダーの資金管理のもう一つの重要な側面は、リスクコントロールです。ストップロスを設定し、エクスポージャーを制限すれば、トレーダーは短期間での大きな損失から資金を守る事が出来ます。さらに、取引にスケーリングし、どのような取引でも口座のわずかな割合しかリスクを負わないようにすることで、トレーダーは取引が不利になった場合でも大きな損失を出さないようにすることができます。

トレーダーのための3つの資金管理テクニック
1. 資金の配分

市場にはほぼ無限の取引機会があることは間違いない。

トレーダーがFX、株式、暗号、コモディティのどれに興味があろうとも、自分の取引スタイルに合った取引機会を見つけられる可能性がある。

しかし、このような取引機会を利用する際に邪魔になるものが1つあります。

取引資金です。

Cash and currencies inside a mobile device

多くのトレーダーにとって、starting with little trading capital で始めることが市場に参入する唯一の方法である。そのため、ほぼ無限の取引機会と限られた取引資金を考えると、明らかに何かを与えなければなりません。

つまり、トレーダーは取引したい各市場に取引資金を割り当てるシステムを持つ必要があるのです。たいていの場合、探検すべき市場が他にたくさんあったとしても、せいぜい1つか2つの市場でしか取引しないということになるかもしれません。

資金配分は通常、高いレベルで行われます。つまり、トレーダーがどの市場で取引するかを決めることです。forex を選ぶのか、commodities を選ぶのか。そして、その両方の市場を取引するのに十分な資金があるのか。

トレーダーは何を取引するかを決める必要があるのは確かですが、取引する各市場にどれだけの資金を配分するかというシステムも必要です。

トレーディングにおける資金配分の方法

トレーダーが1万ドルの取引資金を持っているとしよう。すべての金融市場を取引しようと思えば、これでは少なすぎるかもしれない。

このようなときこそ、選択的であるべきなのだ。トレーダーは、取引する市場を決定する必要がある。

さまざまな市場を分析した結果、トレーダーはFXとコモディティの両方を取引することに決めた。こうすることで、市場を絞り込み、各市場に5,000ドルを割り当て、取引資金を半々にすることができる。

2. ポジションサイジング

ポジションサイジングは、資金配分を別のレベルに引き上げます。

その中核となるポジション・サイジングのテクニックは、1回の取引にどれだけの資金を割り当て、どれだけのリスクを取るかを決めることです。

例えば、あるトレーダーがEUR/USD、USD/JPY、USD/CADを取引したいとします。トレーダーの取引資金の大きさや、これらのFXペアの取引経験に応じて、トレーダーは各取引に異なる金額を割り当てたいと思うかもしれません。

有名なコモディティ・トレーダーであるリンダ・ラシュケは、インタビューで、彼女が好むポジション・サイジングの方法は、取引ごとに標準的なロットまたはコントラクト・サイズを使用することだと語っている。こうすることで、彼女は一定レベルのコントロールが可能になり、取引ごとのエクスポージャーが制限される。

トレーダーが3つの異なるFXペアを取引すると決めた場合、1ペアにつき1ミニコントラクトを建てることができる。そして、各ペアの値動き次第で、損失をカットするか、勝者に乗ることができる。

ポジションサイジングは、トレーダーが特定の取引に投入する資金を事前に設定できるため重要です。

ポジションサイジングの適用方法

上記の例に従うと、トレーダーは、FXと商品市場の取引に使用すると決めた2ロット5,000ドルから、取引ごとに一定額を割り当てることで、ポジションサイジングを使用することができます。

例えば、トレーダーはEUR/USD取引に1,000ドル、USD/JPY取引にもう1,000ドル、USD/CAD取引にもう1,000ドルを割り当てることができます。

商品取引についても同様に、WTI原油の取引に1,000ドル、金の取引に1,000ドル、銀の取引に1,000ドルを割り当てることができます。

これらの例では、取引に使用する証拠金のレベルは考慮されていないことに留意してください。例を単純化するために、ドルの値のみを使用しています。

3. ストップロスの使用

損切り注文の使用は、成功する資金管理取引戦略の3つ目の要素です。

逆指値注文を使用する際、トレーダーは砂の中に線を引き、損失を被る回数を制限します。

現在、ほとんどの取引プラットフォームには、さまざまな取引スタイルやリスク管理レベルに合わせて調整できる損切りレベルが組み込まれています。

逆指値注文を使うもう一つの重要な利点は、トレーダーが値動きをモニターするためにコンピュータの前に座って待つ必要がないということです。希望する損切りレベルを設定すると、ほとんどの取引プラットフォームはそのレベルに達した時点でそれを実行します。

ヒント:ストップロスとは、資産が一定の価格に達したら売るという注文のことで、トレーダーがポジションの損失を限定するためのものです。マーケットが不利に動き、自分でポジションを手仕舞うことができなくなった場合に備えて、ある程度の保護を用意しておくのに役立ちます。

さて、トレーダーにとって最善の資金管理戦略についていくつか述べてきたが、資金管理計画を実行しないことで直面する可能性のある危険について理解しよう。

トレーディングでマネーマネジメントを活用しない7つの危険性

ポーカーで最も重要なスキルの1つは、各ハンドにいくら置くべきか、オッズが有利なときに押すべきかを知ることである。

プロのトレーダーも同様で、うまくいっていないときはポジションを切り、勝っているときはチャンスを最大限に生かせるような、戦略的な資金管理プランを構築する必要がある。

トレーディングに関しては、「損を切り、利益を上げる」という古い格言が、はっきりと真実として響いてくる。

資金管理計画を立てないことの危険性と、それが最終的な結果にどのような影響を及ぼすかについて考えてみよう。

1. 苦労して稼いだ取引資金をすべて失う

実際のところ、トレーディングとなると、トレーダーは始めた時以上の損失を出す可能性がある。いったん損失が大きくなりすぎると、トレーダーはゲームから退場することになる。トレーダーがゲームに参加し続けるためには、資本の保全が重要である。

2. 各ポジションでどれだけのリスクを取る必要があるのかを知らない。

トレーダーは、口座のサイズと取引商品のボラティリティに基づいて、どれくらいのリスクを取るのが適切かを知っていなければならない。同じ金額や不規則な金額を取引して、滑らかで上昇する株式カーブを期待することはできない。

3. 一つの取引が「最終的にあなたを自由にする」と信じること。

私たちは何度もこのようなことを耳にする。必要なのはたった1回の素晴らしい取引だけで、それでようやく行き詰まった仕事に別れを告げることができる」。これはトレーディングのやり方ではない。トレーダーはこのような考え方を捨て、一貫性を築き、一貫して安定した方法で市場全体に自分のエッジを適用する方法を学ばなければならない。

4. 負けトレードの平均化

これは常に取引口座の最終的な死である。今年や来年には起こらないかもしれない。しかし、トレーダーが十分な平均値を下げ、それを積極的に行えば、トレーダーは全滅する。平均値を下げてはいけない。

アベレージ・ダウンはマーチンゲール式ポジションサイジング戦略とも呼ばれ、トレーダーは負けながらポジションサイズを大きくしていきます。これはプロのトレーディングとは正反対です。プロのトレーダーは、反マーチンゲールポジションサイジング戦略を採用しています。

5. 勝ちトレードを増やす方法を知らない

トレーディングの原則は、損失を短く切り上げ、利益を継続させることである。利益を上げるだけでなく、トレーダーは勝ちポジションに追加するという選択肢を探さなければならない。この原則を最も活用できるのはトレンド・フォロー・システムである。

6. リベンジ・トレードはツールキットの一部

健全な取引口座を望むのであれば、感情的な取引は大きな危険ゾーンです。トレーダーは、いかなる形のrevenge tradingも排除するために全力を尽くさなければならない。各取引を、新たな期待値と取引計画の質の高い実行に集中する能力を持つ、前の取引から独立したものとして扱う。

7. 連敗中に手を引くタイミングを知る

トレーダーにとってもう一つの大きな危険地帯は、連敗中にリベンジ・トレードを組み合わせることだ。アマチュアトレーダーは血気盛んになり、「前の負けをすべて取り返すには、次のポジションをどれくらいの大きさにすればいいのだろう」と考える。

そうではなく、プロのトレーダーは、システムの数値がバックテストの結果と一致するまで、取引を停止するか、ポジションサイズを半分にする。

トレーダーにとってもう一つの大きな危険地帯は、リベンジ・トレードと連敗を組み合わせることである。アマチュアトレーダーは血気盛んになり、「今までの負けをすべて取り返すには、次のポジションをどれくらいの大きさにすればいいのだろう」と考える。

その代わり、プロのトレーダーは、システムの数値がバックテストの結果と一致するまで、取引を停止するか、ポジションサイズを半分にする。

Live account CTA box

適切なリスク管理戦略を実施することが重要

取引計画に risk management strategies を導入することが、ギャンブルと実際の取引の違いを生む。リスクを考慮せずに取引を行うと、トレーダーは損失を被る可能性があります。

トレーダーは利益を最大化しながら損失を最小化しようとしているのです。

資金管理戦略を立てる際には、以下のリスク管理のヒントを思い出してください:

  • リスクリワードレシオを使って利益確定価格を設定する
  • 取引判断に感情を持ち込まない
  • 期待リターンを計算する
  • 資金管理のヒント

資金管理のヒント

スキャルパー、スイングトレーダー、デイトレーダーのいずれであっても、資金管理のルールは、すべてのトレーダーが学び、すべての取引で実行する必要がある重要な側面です。

  • トレーダーは、損失が許容できないほどの資金を投資してはならない。
  • 損切り注文と利食い注文の設定を常に忘れないこと。
  • 目標利益を達成したら無理をせず、取引を終了して利益を享受すること。
  • 新規トレーダーの場合、1回の取引で取引資金の2%以上を取引しないこと。
  • トレーディングに伴うリスクを受け入れる - 誰も損をしたくないが、トレーダーはそれが旅の一部であることを理解しなければならない。 

トレーディング書籍における資金管理

トレーディングに最適な資金管理本のリストをご覧いただき、資金管理と資本を保全する最善の方法について学び続けてください。

  • トレーダーの資金管理システム - ベネット・A・マクダウェル
  • ポジションサイジング戦略の決定版 - ヴァン・サープ
  • 収益性とシステマティック・トレーディング 収益性、リスク、資金管理への定量的アプローチ - マイケル・M・ハリス
  • プロフィット・ストラテジー マネー・マネジメントによるトレーディング・パフォーマンスの向上 - デビッド・C・ステンダール


マネーマネージメント(資産管理)

FAQ


安全な自己資本比率は?

様々な要因やトレーダーのリスク許容度に依存するため、これに対する明確な答えはありません。一般的に言って、新規トレーダーは、1回の取引で総資本の1%または2%以上の取引をすべきではありません。トレードの規模は資金量に比例させるのが賢明です。損失が発生した場合、トレーダーは口座残高がゼロにならないようにポジションサイズを減らすことを考える必要があります。


資金管理はトレーダーにとって重要か?

そう、資金管理はトレーダーにとって重要だ。リスクをコントロールし、資金を管理することで、長期的に市場にとどまることができるのだ。プロのトレーダーであり、『Market Wizards』の著者でもあるジャック・D・シュワッガーは、「下手なトレーディング・システムでも、優れた資金管理があれば儲けることができる」と述べている。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設