• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

ファンダメンタル分析とは何か、トレーディングにどの様に生かすのか

Education /
Milan Cutkovic

Table of Contents[Show]

ファンダメンタルズ分析とは、投資家やトレーダーが資産の価値を評価する為に採用する手法

ファンダメンタルズ分析では、経済データ、財務データ、その他の定量化出来ないデータを用いて、現在のマーケットプライスには反映されていない資産の本質的価値を特定します。

ファンダメンタルズ分析、Axiで取引できる全ての金融商品(FX 株式インデックスコモディティ株式CFDs暗号資産)を含む、あらゆるタイプの資産に適用出来る事に注目する価値があります。

キーポイント

  • ファンダメンタルズ分析とは、金融資産の価格やパフォーマンスに影響を与える可能性のある社会的、政治的、経済的な指標を調査するプロセスです。
  • ファンダメンタルズアナリストは、資産のパフォーマンスに影響を与える経済的要因に注目し、テクニカルアナリストは、取引チャートを通じて価格と出来高に厳密な目を向けます。
  • ファンダメンタルズ分析には、定量的分析と定性的分析の2種類があります。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、投資判断を行う前に金融資産の価格やパフォーマンスに影響を与える可能性のある社会的、政治的、経済的な指標を調査するプロセスです。

 

この投資手法は、製品を製造したり、商品やサービスを供給したりする基礎となる事業を調査する為に使用されます。

このビジネスリサーチには、リスク、現在の経営戦略、会社の財務の健全性、財務諸表、将来の成長、製品の過去の実績パターン、競合他社の問題などを調査する事が含まれます。

ファンダメンタルズ分析の目的は、投資機会が現在、割高か割安かを判断する事です。

 

もし、あなたが監視している資産が異常な水準で取引されており、それを購入する事で利益が得られる可能性があると判断した場合、投資前に調査を行う為にこの様な分析を行う事は最良の方法です。利益が出る可能性があっても、損失が出る可能性があることを忘れないで下さい。

ファンダメンタルズ分析とはどの様なものですか?

ファンダメンタルズ投資家は、より広い範囲に目を向ける事が出来ます。経済全体、政治、金利が資産の価格や価値にどの様な影響を与えるかを検討します。

 

テクニカル分析は、過去のパターンに基づいて将来の価格を予測する為に、時間の経過と共に価格の動きをプロットするチャートに重点を置いています。テクニカルトレーダーは、移動平均線、フィボナッチ・リトレースメント 移動平均などのテクニカルインジケーターを活用し、資産の売買に最適なタイミングを想定します。

 

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違いは何ですか?

ファンダメンタルズアナリストは、資産のパフォーマンスに影響を与える経済的要因に着目し、その資産が実際の価格価値よりも高く取引されているか低く取引されているかを明らかにします。マクロからミクロの視点で分析を行う為に、公開データが使用されます。

 

テクニカルアナリストは、価格と出来高のチャートを見て、価格が将来どのように推移するかを予測しようとします。テクニカル分析の実施、通常ファンダメンタルズは無視され、代わりに資産の過去の価格と価値のみに基づいて調査が行われます。

 

テクニカル分析はファンダメンタルズを無視し、代わりに価格や出来高などの過去の市場データ分析を通じて価格の方向性を予測する事に重点を置いています。

ファンダメンタルズ分析では、長期的な可能性を見出す事を重視しますが、テクニカルトレーダーは勢いに乗ってトレードし、通常より短いスパンのポジションを取ります。

 

Technicals vs fundamentals

定量的ファンダメンタル分析と定性的ファンダメンタル分析の違いは何ですか?

ファンダメンタルズ要因には、定量的分析と定性的分析の2種類があります。

 

定期量ファンダメンタル分析では、財務比率、時価総額、金利政策、1株当たり利益など、多くの項目に注目します。定量的なデータは、調査対象である資産によって決定されます。これらの統計は、他の類似商品や業界平均と比較し、その収益性を判断するために使用されます。

 

定性ファンダメンタル分析では、経営の質、ブランド認知度、企業幹部、独自技術などの定性要因を調べます。この調査は、企業の収益や利益率のような数字だけに焦点を当てた要素ではなく、何かの基準にもっと関連するものです。

 

多くのファンダメンタルズ・アナリストは、定性分析と定量分析の両方が相まって、より深い分析を提供出来ると考えています。

分析において考慮すべき定量的ファンダメンタルズとは何でしょう?

以下は、定量的なレンズを通して潜在的な投資機会を見る際に考慮すべき幾つかの基本的な要素です。資産によって必要なファンダメンタルズは異なりますので、ご注意下さい。

  • 時価総額
  • 株価比率(1株当たり利益、株価収益率、株価収益率成長率、株価純資産倍率)
  • 投資収益率(総資産利益率、自己資本利益率、利益率)
  • 流動性比率(流動比率、当座比率)
  • レバレッジ・レシオ(デット・エクイティ・レシオ、インタレスト・カバレッジ・レシオ)
  • 効率性比率(資産回転率、在庫回転率)
  • 会社および競合他社の収益成長率
  • インサイダーの保有状況や類似のポジションでの過去の実績など、経営の質
  • 財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)
  • GDP、CPI、金利政策、失業率、インフレ率

分析において考慮すべき質的ファンダメンタルズはありますか?

以下のリストでは、資産のこの種の分析を行う際に考慮する必要がある定性的ファンダメンタルズの要素を挙げています。

  • 会社経営
  • コーポレートガバナンス
  • ビジネスモデル
  • 競争優位性とブランド認知度
  • 資産の業界(規制、市場シェア、顧客基盤、競争力)
  • 競合他社(競合他社は何をしているのか?彼らの戦略は?分析対象の資産の会社と比較してどうか)

ファンダメンタルズを使う場合、多くのトレーダーは両方の分析を行うので、定性と定量はどちらが優れているということはありません。

トップダウン型ファンダメンタル分析とボトムアップ型ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析は、2つの流派に分かれます:

トップダウン型ファンダメンタルズ分析

トップダウン型ファンダメンタルズ分析は、市場全体を対象として、ファンダメンタルズとの均衡を図る為めに、市場がどのように変化すべきかを検討するものです。トップダウン型は市場全体を見る為、市場の変動から利益を得る事を目的とする短期投資家にとって有益です。

ボトムアップ型ファンダメンタルズ分析

一方、ボトムアップ型のファンダメンタルズ分析は、個々の企業を個別に分析した後、それらを統合して全体像を把握する事から始まります。ボトムアップ型投資家は通常、長期的な投資対象を探しており、調査を通じて特定のセクターの業績が悪くても上手くいくと信じる強い資産を見つけます。

 

本質的価値の決定

資産の本質的な価値を見出すことは、資産のファンダメンタルズ分析を行う際に最も重要な要素の1つです。

 

トレーダーはファンダメンタルズ分析を用いて、特定の資産が過大評価されているか、過小評価されているか、または公正な市場価値で取引されているかを判断します。ボトムアップの財務分析アプローチで利用可能な情報を調べると、資産の本質的な価値を見出すことができます。その価値を見極めた上で、トレーダーは業界内の投資機会を見つけることができるのです。

ファンダメンタル分析ツール

これらは、ファンダメンタルズ分析を行う際に、特定・分析したい重要な要素です:

  • 一株当たり利益(EPS)
  • 株価収益率(PER)
  • 予想利益成長率(PEG)
  • 株主資本利益率(ROE
  • 配当利回り
  • 配当性向
  • 株価純資産倍率(PBR)
  • 売上高株価収益率(P/S)
  • 流動比率
  • FXエコノミーカレンダー

Economic calendar

ファンダメンタルズ分析の利点は何ですか?

ファンダメンタルズ分析には多くの利点があり、現在では投資判断の最も一般的な方法の一つとなっています。ファンダメンタルズ分析はマーケットで起こっている事をより正確に把握出来る為、取引のチャンスを明確に示せるからだと言う人もいますが、それ以外にも投資家に魅力的な理由があります。金融市場はハイリスクなのでファンダメンタルズ分析で得られる知見が必ずしも100%正確であるとは限りません。

 

主な利点としては、以下のようなものがあります:

  • ファンダメンタルズ分析は、長期的なトレンドの研究に基づくものであるため、長期投資に適している。
  • ファンダメンタルズ分析は、どのような投資が最も優れているかを予測するために使用される有益な投資ツールであり、これらの予測は、投資家が各投資について決定を下す必要がある時よりもはるかに前に行われる。
  • ニュースソースが公式で人気が高ければ高いほど、資産価値に影響を与える力は強くなる。
  • 業績と業績予想は、企業の成長の可能性を洞察する事ができ、その結果、投資家は優良企業を選んで不足しがちな企業を避ける事ができる。

ファンダメンタルズ分析のデメリットは何ですか?

ファンダメンタルズ分析のデメリットは、資産に関する最新の情報を全て調べ様とすると、十分な時間とリソースが必要になる為、意思決定に時間がかかる可能性があるという事です。また、市場心理が価格に与える影響を必ずしも考慮に入れていないので、収益機会を逃す可能性がある事もデメリットとして挙げられます。

 

主なデメリットとしては、以下があります:

  • 財務報告書、貸借対照表、キャッシュフローを深く掘り下げる事は非常に重要ですが、投資家にとって難しい作業です。また、これらの資料が改ざんされるケースもあり、トレーダーが誤った取引を行う可能性もあります。
  • テクニカル分析の場合、売買のタイミングは明確ですが、ファンダメンタルズにはその余裕はありません。
  • ファンダメンタルズ分析は、通貨の価格動向を評価する為の詳細なアプローチです。ファンダメンタルズ分析は長期的な投資に適用されるので、多くの短期的なトレーディングストラテジーや取引目的はこの分析方法に依存は出来ません。
  • トレーダーは適切なデューデリジェンスを実践する必要があり、経済や業界、調査している業界内の競合他社についてしっかりと理解する必要があります。この作業には時間がかかり、市場が素早く反応する時にはせっかくの洞察も役に立たないかもしれません。

ファンダメンタルズ分析を行うには

FXを例にとると、市場でファンダメンタルズ分析を行う為の最初のステップは、分析したい通貨ペアを選択する事です。必要なファンダメンタルズデータの殆どは政府機関から提供されており、大抵の場合、オンラインで簡単にアクセスしたり、エコノミーカレンダーで見つけられます。トレーダーがよく参照する主要なファンダメンタルズデータには、貿易収支データ、ミクロ経済要因、GDPデータ、年次報告、現在の経済状況、雇用データなどです。

ファンダメンタルズ分析の最終目的は、その国の経済の現状を把握し、将来の経済見通しを評価する事です。ファンダメンタルズ分析を行う際に考慮すべき重要な質問には、以下があります:

  1. その国の経済は成長しているか?

過去4四半期のGDP成長率を調べると、一貫した拡大・縮小のパターンがあるか否かを確認出来ます。GDPが一貫して拡大している場合は、その国の経済が好調である事を示し、GDP成長率が低下している場合は、その国の経済が不調である事を示しています。

 

  1. 中央銀行の金利はどの程度か?

先進国と途上国のどちらに分類されるかによって、中央銀行の金利は一般的に異なってきます。例えば、2008年の世界的な景気後退以降、殆どの先進国は非常に低金利であったのに対し、発展途上国は大部分がかなり高い金利水準を維持しています。金利水準は通常、その国の経済に対する中央銀行の信頼度を示す指標となります。金利が上昇している場合は、経済が好調である事が想定されます。金利が上昇している場合は、景気が良いとされ、金利が低下している場合は、その逆となります。

 

  1. インフレ率は上昇しているか?

インフレ率は、国民の購買力を示す有力な指標であり、その国の経済状況が強いか弱いかを反映します。購買力の高い国民は、購買力の低い国民よりも通常、良い結果を出しています。インフレの良い指標は、消費者物価指数(CPI)データです。

 

  1. その国は政治的に安定しているか?

その国の政治的安定性は、現在の政治情勢と前回の選挙から判断することができます。平和的な選挙を行う発展途上国は、論争や暴力にまみれた選挙を行う国に比べ、通常、政治的に安定しているとみなされます。安定した政治プロセスと強力な司法を持つ先進国は、政治的に安定しているとみなされる。

 

  1. その国の雇用状況はどうなっていますか?

過去のデータと比較して、その国の現在の失業率はどの程度か、また、労働人口の所得は伸びているか?失業率が低く、所得が大きく伸びている国は、通常、経済が好調であり、反対に、失業率が高く、所得が停滞している国は、経済が低迷している。雇用と失業率のデータは、失業保険申請データと同様に、ファンダメンタル分析に非常に関連性があると考えられています。

 

ファンダメンタルズ分析をトレードに生かす

ファンダメンタルズ分析を日々の取引に応用する場合、一つの方法として、その週に予定されている経済指標の発表に注目することが挙げられます。そうすれば、特定の通貨ペアに大きな影響を与える可能性が高い発表内容を特定することができます。このようなイベントを切り分ける簡単な方法は、エコノミーカレンダーを使って、影響が大きい発表に分類されているかどうかを確認することです。

 

この情報を使って、カレンダーとアナリストの予想に合致するデータが出るかどうかの予想に合わせてトレードを計画することができます。過去のデータを分析することで、過去の実績から、経済指標に対する通貨の反応を理解し、予測することができるようになります。しかし、市場はどのような方向にも動く可能性があるため、予測が正しくない可能性があることを忘れてはなりません。したがって、取引戦略の中でそれを予想し、計画する必要があります。

 

また、地政学的な出来事が通貨ペアに影響を与えることも想定しておく必要がありますが、これらは予想が難しいことが多いため、risk management techniquesによって対応するのがベストです。

 

Fundamental research being conducted

FXでファンダメンタルズ分析を使うには?

外国為替市場におけるファンダメンタル分析は、3つの分野の分析が必要です。これらは、経済的なイベント(選挙や法律の変更など)、地政学的なイベント(国境の壁の建設や干ばつが人口に与える影響など)、社会的要因(労働組合による要求など)です。

 

この3つの要素はすべて、その国の通貨が他国と比較してどのようなパフォーマンスを発揮するかに重要な役割を果たします。これらの3つの要素を調査することで、投資家が取引を開始または終了する際の判断材料となる情報を見つけることができます。

通貨に影響を与える主要なファンダメンタル要因の例

 

個々の通貨のパフォーマンスに影響を与え、ある国の通貨の他の通貨に対する強さや弱さに影響を与える要因は非常に多くあります。主なファンダメンタルズ要因には、以下のようなものがあります:

  • GDP成長率
  • 中央銀行による金融政策決定
  • 政府による財政政策
  • 首脳の政治的発言
  • 雇用・所得統計
  • 金利の発表
  • 貿易関税・制裁

 

さらに読む : What is forex trading?

 

コモディティにファンダメンタルズ分析を使うには?

ファンダメンタルズ分析は、需要と供給が特定の商品の価格にどのような影響を与えるかを予測するために使用されます。ファンダメンタルズ分析は、商品資産の本質的な価値を判断し、その将来的な価値を見通すことができます。

商品市場における定性的な要素は、定量的な指標よりもはるかに難しく、複雑な評価となります。天候、業界の規制、貿易協定、貿易戦争など、コモディティの需給に影響を与える要因はたくさんあります。

商品市場では、Commitments of TradersやWorld Agricultural Supply and Demand Estimatesなど、定量的なデータを提供するレポートが用意されています。トレーダーはこれらのレポートを利用して、市場のファンダメンタルズを理解し、将来の商品価値を想定することができます。

Further reading: What is commodity trading?

ファンダメンタルズ分析をインデックスで使うには?

ファンダメンタルズ分析では、特定の市場のセンチメントを判断するために指数が使用されます。どのような状況でもトレーダーがどのように反応するかを予測するために使用できますが、どのような取引戦略でも確実に儲かるというものではないことを忘れないでください。ファンダメンタルズ分析は、市場や株価に関する洞察を提供しますが、すべての答えを提供するわけではありません。

ファンダメンタルズ・アナリストは、マクロ経済データと、株式市場のインデックスに含まれる特定の株式の個別条件を使用します。指数の価値を決定するためには、経済要因、指数内の株価、その他のマクロ経済要因など、考慮しなければならない変数がたくさんあります。

Further reading: What is index trading?

Cryptocurrency trading course banner

トレーディング知識を向上させる



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設