• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

反転パターン、継続パターン、チャートパターン

Education /
Milan Cutkovic

テクニカル分析とは、将来の価格動向を予測する為に市場データを調査する際に使用される広義の用語です。トレーダーのテクニカルストラテジーにおいて重要なのは、テクニカル指標を使用する事です。

これらのパターンタイプはトレーダーが簡単に見つける事が出来ますが、時には彼らが見ているシグナルが有効かどうかを判断するのに苦労する事があります。その為、追加ツールを使ってフィルタリングする事が有益な場合もあります。

しかし、継続パターンや反転パターンの世界に飛び込む前に、キャンドルスティックパターンの見方 強気相場と弱気相場の違い など、関連する取引知識を十分に身に付けておく事が重要です。

ここでは、一般的な反転パターンや継続パターンを使って、価格トレンドの継続を予測する方法について説明します。

 

目次

チャートパターンとは?

チャート・パターン(またはプライス・パターン)とは、一連の曲線やトレンドラインを使ったチャート上の価格の識別可能な動きのことです。これらのパターンは、プライスアクションによって繰り返し自然に発生することがあり、市場アナリストやトレーダーが識別できれば、トレーディングストラテジーに優位性をもたらし、市場を打ち負かすのに役立ちます。

大半の価格パターンと同様に、パターンを形成するために必要な4つの重要な要素があります:

  • 旧トレンド - 旧トレンドとは、新パターンが形成され始めたときに、商品価格がそのトレンドの中にあること。
    新トレンド - 新トレンドとは、商品価格がコンソリデーションゾーンを抜けたときに、旧トレンドが反転すること。
    コンソリデーションゾーン - コンソリデーションゾーンとは、サポートレベルとレジスタンスレベルによって認識される狭い範囲のこと。
    ブレイクアウト・ポイント - ブレイクアウト・ポイントは、商品価格がコンソリデーション・ゾーンをブレイクするポイント

チャートパターンは、テクニカル分析の重要な要素であり、熱心なトレーダーなら誰でも理解しておくべきものです。

 

Copy trading deposit bonus

継続パターンとは?

継続パターンは、既存のトレンドの一時的な中断を示す価格パターンです。例えば、強い上昇の後、一部の強気派が利食いを決め、他の強気派は買い意欲が勝つかどうかを確認する為、資産価格が固まる事があります。

ほとんどのトレーダーは、トレンドの再開を確認する為に抵抗線/支持線を上/下にブレイクアウトするのを待ち、同じ方向にポジションを持つのです。

損切り注文(ストップロス)と利食い注文(テイクプロフィット)を設定する場合、多くのトレーダーは、損切り注文をチャート形成のやや上または下に置き、利食い注文はそのパターン内のピップレンジに依存します。

例えば 長方形内のコンソリデーションのピップ値が30ピップスの場合、少なくとも1:1のリスクリワードレシオを保ちたいトレーダーは、30ピップスを利益確定のターゲットとするかもしれません。

最も一般的な継続パターンは以下の通りです:

  • 長方形パターン
  • 三角形パターン
  • ペナントパターン
  • ウェッジ・パターン
  • カップ&ハンドルパターン

継続パターンは、強気シグナルとしても弱気シグナルとしても識別可能である。

長方形パターン

長方形パターンは、価格が水平の支持線と抵抗線に何度もぶつかることで形成されます。その為、価格は水平レベルの間で跳ね返されて長方形の形を作ります。価格は最終的にブレイクアウトし、トレンドはその方向に沿って上昇または下降します。

Rectangle continuation pattern

強気長方形パターンと弱気長方形パターン

三角形パターン

トライアングル・パターンは、テクニカル・アナリストがよく使う継続パターンです。三角形パターンには3つのバリエーションがあり、強気または弱気相場の継続を識別するのに役立つため、いずれも学ぶことが重要である。対称三角形、上昇三角形、下降三角形である。

三角形は、その最も広い点から形成が始まり、相場が横ばいを続けるにつれて取引範囲が狭まり、その頂点で三角形の完全な形成が完了します。このチャート・パターンは、しばしば水平取引パターンと表現され、ウェッジやペナントに似ており、強気または弱気の動きは、前のトレンド方向の継続または反転のシグナルとなるのです。

上昇三角形: 上昇三角形は通常、三角形が形成される直前のトレンドと同じ方向にブレイクアウト

下降三角形: 下降三角形は、価格が低水準の支持線を下回り、下降の勢いが継続しそうなことから、資産に対する需要が弱まっている事を示す

対称三角形: 対称三角形の継続パターンは、価格がブレイクアウトまたはブレイクダウンを見る前の整理期間を示し、新たな強気または弱気のトレンドが始まる

Bilateral patterns including ascending, descending and symmetrical triangle patterns

強気と弱気の対称、上昇と下降の三角形パターン

ペナント・パターン

ペナント・パターンは、チャート上でフラッグまたはトライアングルの形を形成し、時間の経過とともに値動きがサポートレベルとレジスタンスレベルの間でタイトになっていくときに発生します。このパターンは一般的に、サポートとレジスタンスのタッチが少なくとも5回ある場合にペナントとみなされます。長方形パターンと同様に、ペナント継続パターンは、強気または弱気の値動きから形成されることがあります。

Pennants continuation patterns

強気と弱気のペナント

ウェッジ・パターン

ウェッジ・パターンは、チャート上ではトレンドラインの収束によって示され、2本のラインは価格シリーズのそれぞれの高値と安値を結ぶようにマークされています。ウェッジは、現在のトレンドが一服するシグナルです。上昇ウェッジは下降トレンドに見られ、ラインが傾斜する弱気パターンです。下降ウェッジは上昇トレンドにあり、ラインが下降する強気のチャートパターンです。

Wedge continuation patterns

上昇と下降のウェッジ・パターン

カップ・アンド・ハンドル・パターン

カップ・アンド・ハンドル・パターンは、小さな時間枠のチャートでも、日足から月足などの大きな時間枠のチャートでも形成される。カップ・アンド・ハンドルは強気の継続パターンで、チャート上に形成される形からその名があります。これは、上昇トレンドが一服し安定した後、直前の下落と同規模の上昇トレンドが続く場合に発生する可能性があります。

このパターンのカップ部分は「U」の字のような形をしており、カップの両側は等しい辺を持っています。その後、カップの右側にハンドルが形成され、チャートは横ばいまたは下降し、カップの始まりよりも大きな高値にブレイクアウトする可能性があります。

Cup and handle continuation patterns

カップとハンドルの逆パターンと標準パターン

反転パターンとは?

反転パターンは、強気または弱気のいずれかがコントロールを失い、トレンドの変化が間近に迫っている可能性を示すシグナルかもしれない。現在のトレンドは一時停止し、その後、価格は反対側(強気または弱気)から新しい方向に動くでしょう。

ディストリビューション・パターンは、相場の頂点で起こる反転で、取引されている商品が買いよりも売られる傾向が強くなります。

アキュムレーション・パターンはその逆で、市場の底値で発生する反転で、取引されている商品が売りよりも買われる傾向が強くなります。

最も一般的な反転パターンは以下の通りです:

  • ウェッジ・パターン
  • ヘッド・アンド・ショルダー・パターン
  • ダブルトップ・パターン
  • ダブルボトムパターン
  • トリプルトップ&トリプルボトムパターン
  • 巻き寿司パターン
  • クアシモド・パターン

ヒント:ウェッジ・チャートのパターンは、強気トレンドか弱気トレンドかによって、継続パターンにも反転パターンにもなる。

 

ヘッド・アンド・ショルダー・パターン

ヘッド・アンド・ショルダーは、左側のピーク(ショルダー)、より高いピーク(ヘッド)、右側のもう1つのピーク(ショルダー)の3つの部分で構成される。ネックライン」は、ヘッド形成の前と後の2つのボトムを結んで描かれます。このラインは重要で、これを下回るとシグナルが発生。強気の反転パターンと弱気の反転パターンは、下の画像で確認できます。

逆ヘッド・アンド・ショルダー、または「ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム」は、ヘッド・アンド・ショルダーに似た反転チャートパターンですが、反転している点が異なります。

このパターンには3つの連続する安値が含まれ、真ん中の安値(ヘッド)は外側の2つの安値(ショルダー)よりも深く、浅い。このパターンが完成すると、通常は強気トレンド反転のシグナルとなる。

Head and shoulders reversal patterns

ヘッド・アンド・ショルダーの逆パターンと正常パターン

ダブルトップとダブルボトムのパターン

ダブルトップとダブルボトムは、価格が主要なレジスタンスレベルを超え、または主要なサポートレベルを下回るという2つの試みの失敗を表します。これは、上昇トレンドが買われ過ぎの領域に入った後に売り圧力が強まったり、下降トレンドで深く下落した後に買い圧力が強まったりして、このトレンドの勢いが失われた事を示す指標かもしれません。

トリプル・トップやトリプル・ボトムと呼ばれる同様の反転パターンがある。価格が2回ではなく3回ブレイクアウトしているため、この動きはより強力であり、より強力なサポートまたはレジスタンスレベルを意味する。

Double bottoms and tops reversal patterns

ダブルトップ&ダブルボトムパターン

トリプル・トップとボトムのパターン

トリプルトップは、ほぼ同じ価格水準にある3つのピークで構成され、資産がもはや上昇トレンドにない可能性を示し、下値が予想されます。トリプルトップはすべての時間軸で発生する可能性がありますが、このパターンを考慮する為には、上昇トレンドの後に続く必要があります。このチャートの反転パターンは、ローソク足チャートの「M」の字のように見えます。

トリプルボトムはトリプルトップの逆で、チャートパターンがアルファベットの「W」のように見え、下降トレンドの後に発生し、レジスタンスレベルを突破する前に3つのボトムが同じ価格水準付近でヒットします。

Triple bottoms and tops reversal patterns

トリプルトップとトリプルボトムのパターン

巻き寿司反転パターン

巻き寿司の反転パターンは、マーク・フィッシャーが他のトレーダーと昼食を共にした際に、トレードのセットアップの話題で盛り上がり、フィッシャーが狭い価格帯と広い価格帯を組み合わせる可能性を考えた事から考案されました。

フィッシャーはまず、狭くて狭い価格帯にある10連続価格を含む「インサイド・パターン」から始めました。続いて2つ目の連続した価格帯は「アウトサイド・パターン」と呼ばれ、最初の連続した価格帯を飲み込む5本の価格帯を含んでいました。

このパターンは、トレーダーがインサイド・トレードとアウトサイド・トレードを組み合わせてマーケットの反転の可能性を察知するのに役立ち、どの時間枠にも適用が可能。このパターンを使用する利点の一つは、ダブルボトムやヘッド&ショルダーなどのチャートパターンよりもはるかに早く価格反転の可能性を知らせる事でしょう。

このチャートの反転パターンは、監視している資産の天井と底の可能性についての素晴らしい洞察を提供しますが、他のテクニカル指標やローソク足パターンと組み合わせて使用するのが最善です。

Quasimodo クアシモド・パターン

クアシモド・パターンは、「オーバー・アンド・アンダー・パターン」と呼ばれる事もあり、テクニカル分析のトレンド・リバーサル・パターンの中ではかなり新しいものです。

クアシモド・パターンは非常に複雑に見えますが、実は見つけるのは簡単です。この取引パターンがチャート上のサポートレベルやレジスタンスレベルの近くで発生すると、通常、トレーダーは市場に関する明確な情報を得ることができ、取引の信頼性が高まります。つまり、取引を終了する前にダイバージェンスの設定を待っているが、同時にクアシモドパターンに気づいた場合、ポジションサイズを大きくし、それに応じてストップロスを調整することで、両方の機会を利用する価値があるかもしれません。

反転パターンは、重要な明白なトレンドの後、一連の下降高値、下降安値、上昇高値、または上昇安値が途切れたときに見ることができます。多くのトレーダーがこのチャートパターンを最も信頼性が高く、強力なトレードパターンの1つと考えているため、このパターンは常に繰り返す可能性があるため、素早く特定して対応するのが最善です。

Quasimodo patterns

弱気と強気のクアシモドパターン

パターンをトレードに活用する方法

チャートを開き、過去に発生したチャート・パターンを探そうとするとき、一度覚えてしまえば、かなり簡単な作業だ。しかし、特に低い時間枠のチャートで取引している場合、リアルタイムでそれらを特定し、シグナルに基づいて行動するのはより困難です。そのため、テクニカルインジケーター(RSI、MACD)やキャンドルスティックパターン patternsなどの追加ツールを使用することが役立ちます。

テクニカル分析を価格パターンのみに頼る事はお勧め出来ません。テクニカル指標や取引ツールなど、より多くの指標とこの情報を組み合わせる事で、マーケットにおける取引戦略やポジションをより効果的に改善する事に繋がるのです。

 

Live account CTA box

継続と反転パターン

FAQ


継続パターンと反転パターンはFXと株で同じですか?

そう、継続パターンと反転パターンはFXでも株式取引でも同じように使われる。そのパターンは、値動きについて何を明らかにするかについて、同じ確信を持ってチャートに適用される。


通常、パターンはどのくらい続くのですか?

パターンが継続する時間の上限は決まっておらず、数秒、数分、数週間という場合もあります。取引スタイルによって、トレーダーは多くの異なる時間枠を分析することになるので、何が最も効果的かを見つけることが重要です。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設