• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • http://www.global-edge.info/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.axi-global.com/chn

強気相場と弱気相場の違いとは?

Education /
Desmond Leong

強気相場と弱気相場は、世界経済とその異なる市場環境の大きな部分を占めています。どちらも、株式インデックス通貨トレーディング市場、または暗号資産の様な金融市場でトレードする投資家にとって有益なものとなり得ます。同時に、エキサイティングで怖いものでもありますが、強気市場と弱気市場の違いは何なのでしょうか?

この2つは、経済サイクル中のファイナンシャルマーケットで非常によく見られるマーケットタイプです。強気相場は、金融資産の価格が持続的に上昇する時に起こります。逆に弱気相場は、資産価格が持続的に下落する時に起こります。

一般に強気相場では、トレーダーは金融商品の価格が上昇する事を狙って商品を購入し、弱気相場では、価格が下落する可能性が高い為、保有する金融商品を売却する必要があります。

雄牛(Bull)と熊(Bear)は、雄牛が楽観主義を象徴する力強い動物であるのに対し、熊は冬眠の習慣から悲観主義を象徴するネガティブなシンボルと見なされていた古いイギリス文化に由来します。

強気相場と弱気相場を構成する特徴は大きく異なり、強気相場と弱気相場の違いを判断する事は初心者のトレーダーにとって理解する事が難しいかもしれません。この記事では、強気センチメントと弱気センチメントについて知っておくべき事を全て分解して説明します。

 

強気市場とは?

強気市場とは、雇用の増加、好調な経済、GDP(国内総生産)の増加を特徴とする経済の好転を指します。これは、雇用機会の減少、給与の低下、競争の激化による企業収益の減少が見られる弱気市場とは正反対です。強気相場の始まりを見極めるのは難しいかもしれませんが、通常強気相場は、価格が非常に低くなった景気減速や不況の時期を経て起こります。

強気相場では何が起こるの?

強気相場が起こっている時は、投資家の間では価格がさらに上昇するという楽観論が一般的で、買い手の数が売り手の数を圧倒している状態です。

弱気相場とは?

弱気相場とは、株価、FXペア、コモディティ、その他の金融商品が大きく下落する景気後退の事です。失業率が高い、労働力から撤退する人が多い、賃金が低下している、競争の激化により企業収益が低下しているなどの場合に発生します。

 

強気相場と弱気相場の違いは何ですか?

強気相場と弱気相場の最も大きな違いは、方向性の見方の違いに集約されます。強気相場は、安定性から価格が上昇する場合、弱気相場は不安定性から価格が下落する事を連想させます。

 

強気相場は価格が上昇している時、弱気相場はその逆で価格が下落している時です。この違いは、タイプの違うトレーディングチャートの違いにおいて、一方の線が上昇し、他方の線が下降するという形で経時的に確認する事が出来ます。

 

より具体的には、「強気」「弱気」という用語は、マーケットの状態を現在の方向性との関係で表現しています。具体的には、その動きが上昇することで価値を得ている場合(アップトレンド)と、下降する事で価値を失っている場合(ダウントレンド)です。

Bull and bear markets

弱気相場はいつまで続くのですか?

弱気市場の期間は様々ですが、数週間から平均2年程度と言われています。投資家やトレーダーがリスクの高い取引を再開するまでに時間がかかる為、弱気相場からの回復には強気相場が方向転換するよりも遥かに長い時間がかかります。

 

強気相場はいつまで続くのですか?

強気相場は6年、時にはそれ以上続く事もありますが、平均すると5年程度です。最も長い強気相場は、10年以上続いています。

強気相場と弱気相場はどのように名付けられたのか?

強気市場(Bullマーケット、雄牛)と弱気市場(Bearマーケット、熊)は、これらの動物の動きが人々にどの様に見えるかに由来しています。

 

強気相場は、強く、力強く、価値が上昇している様に見えるものです。雄牛が攻撃する時は、低い所から始まり、高い位置へ振り上げる。弱気相場は、高値から下降している様に見え、熊の攻撃は高値から低値へと振り下ろされる様に見えます。

強気相場と弱気相場の特徴

強気相場と弱気相場の主な違いを以下でご確認下さい:

強気相場の特徴 弱気相場の特徴

好調な経済状況

景気低迷

ポジティブな市場センチメント

ネガティブな市場心理

GDPの増加

GDPの減少

好景気の時の増税

不況時の減税

金利上昇

金利低下

インフレ率上昇

インフレ率低下

失業率の低下

失業率の上昇

原油価格の安定

原油価格の変動

旺盛な証券需要と低調な供給

証券需要は低迷、供給は旺盛様々なマーケットタイプ

トレーダーや投資家にとって、強気と弱気は一般的に知られている主要な市場タイプですが、世界的に有名な著者でありトレーディングコーチであるヴァン・タープは、約25種類の市場タイプを確認したと述べています。しかし、トレーダーは主に6つの主要な市場タイプに関心を持ち、熟知する必要があると彼は述べています:

 

  • ブルノーマル: 中長期的な買い持ちを好むトレンドフォロー型トレーダーに適している。
  • 強気相場:価格変動に伴う市場の動きを確実に把握する為、より積極的な取引戦略を必要とするタイプ。
  • ベア・ノーマル:ブル・ノーマルの逆で、トレンドが反転するまで売り持ちをしたい人に向いている。
  • ベアボラティル:ブルボラティル市場の逆で、ショートサイド(下落局面)でよりアクティブな市場に参加したい方に適している。
  • 横ばい:相場は大きく分けて3つの方向に動くと言われている(上昇、下降、横ばい)。横ばいの相場は、上昇トレンドや下降トレンドにある相場と比べ、より忍耐強いアプローチが必要。横ばい相場は、ブレイクアウトの前兆となる事がある(上昇・下降の両方)。
  • 横ばい相場:横ばい相場とやや似ており、様々な取引機会を求めている人に向いている。ボリンジャーバンドは、特定の通貨ペアやその他の金融商品の価格帯を追跡する為に使用する効果的なツール。

この様に、異なる市場タイプにはそれぞれ異なるトレーディングシステムが必要となります。また、取引に使用する様々なツールを検討する際に、FX取引に適切なツールを使用する事を妨げているものを分析する事も有効でしょう。

 

異なる市場の種類とそれに対応する値動きや方向性を知る事は、自分のトレードの性格に合った最適な市場を見つけるのにも役立ちます。

相場が弱気から強気に変わるのはどんな時?

相場が弱気から強気に変わるのは、下値が上がり始めて上昇トレンドに入ったときです。その逆も同様で、相場が下降し、長期的に下降トレンドが続くと、強気から弱気に切り替わります。それぞれの市場タイプにおいて、どの style of tradingが自分の投資ニーズに最も適しているかを知る事がトレーダーの仕事です。

弱気相場は、大規模な経済イベントが発生した後、最終的に終了します。その様な市場では、売り手からの圧力が緩和され、熊が息切れし始めると強気に転じる。その変化を見極めるのは、ほぼ不可能です。

強気相場と弱気相場の両方で利益を得ることは可能?

強気市場と弱気市場の両方で利益を得る事は可能ですが、その為には異なる取引戦略が必要です。

強気トレーダーは通常、市場が上昇トレンドにある時に株を買い価値が下がり始めたら売るので、強気相場では利益が手元に残ります。弱気な投資家は通常その逆で、株価が上昇した後に株を売り、再び安値に達した所で買い増しをします。

CFDs 取引では、トレーダーはロングかショートのどちらかを選択する事が出来ます。つまり、市場が強気な方向にトレンドがあると思えば、ロングポジションを持つ事が出来ます。反対に市場が弱気だと思えば、ショートポジションを持つ事が可能。これにより、トレーダーは強気と弱気の両方の市場で利益を上げる機会を得る事が出来るのです。

Short and long charts

強気相場と弱気相場はどの様にトレードすれば良いのでしょうか?

どちらの市場でも、強気と弱気の継続と反転のパターンを意識して取引する事が極めて重要です。これらのプライスアクション・パターンを識別出来れば、取引戦略に優位性が生まれて、上昇または下落する市場において潜在的な機会を示す事が出来る様になります。

これらのパターンには、強気・弱気の三角形、ウェッジ、カップ&ハンドル、ダブルトップ、ダブルボトム、Quasimodoなどがあります。

継続パターンと反転パターン、強気・弱気 ローソク足パターン などの種類を学び、チャートを分析する知識を高めましょう。

また、強気相場や弱気相場では、さまざまなテクニカルインジケーターを参考にする必要があります。移動平均線、強気・弱気の割合指数、ボラティリティ指数(VIX)などがその一例です。

市場の種類によってトレーディングツールを使い分ける

「正しい仕事には正しい道具を使え」ということわざを聞いた事があるのではないでしょうか。家でもオフィスでも、その仕事に適した道具を使えば、良い結果が得られる可能性が高いでしょう。

FX取引、インデックス取引、コモディティ取引などでも同じ事が言えます。

強気な市場に乗るには、強気なトレーディングシステム(正しいツール)が必要です。また、市場が弱気に転じたときも同じです。下降トレンドを捉えるためには、弱気なシステムを使う必要があります。

このように言うと、とてもシンプルでやるべき事は明白に思えるかもしれませんが、多くのトレーダーにとって、現実は異なるかもしれません。トレーダーの多くは、1つの道具(しかも必ずしも正しいとは限らない)を全ての仕事に使う傾向があります。どの様な仕事にも1つの道具を使えばうまくいくと考えているのです。グリーン上でゴルフボールをホールに入れ様とする時、パターの代わりにドライバーを使う様なものです。

なぜ、市場の種類によって異なるツールが必要なのか?

外国為替取引に関して言えば、市場の状況が変わり、市場が新しい方向性を示したとしても、なぜ人々は同じ取引システムを使うのだろうかという疑問があります。

市場の種類と、それぞれに使える戦略を考える前に1つ重要な事は、マーケットは少なくとも3つの方向に動く傾向があるという事です:上昇、下降、横ばいの3種類です。

 

そして皆さんご存知の様に、相場は上昇トレンドにある時でも、ある時は引き戻され、またある時は戻される傾向があります。また、下降トレンドでも同様の動きがあり、ある市場は一旦上昇した後に再び下降する事があります。

市場が上下左右に動く事を知るのは、トレーダーが市場のタイプに応じて異なるトレーディングシステム(適切なツール)を必要としている事を明確に示すものです。

市場が強気で動いている時に弱気の取引システムに固執する意味はありませんし、その逆もまた然りなのです。

結論

結局の所マーケットは上昇、下降、または横ばいに動く傾向があります。経済情勢が変化した時には、トレードに調整を加え、適切なツールを使用する必要がある事を心に留めておいて下さい。

ヴァン・タープの言葉に、『同じシステムがすべての市場タイプで機能することを期待するのは、狂気の定義である』というものがあります。

 

本情報は、いかなる証券、金融商品、または商品の売買、または取引戦略への参加を推奨するもの、またはその勧誘を目的とするものではありません。読者の皆様は、ご自身でアドバイスをお求めください。本情報の複製や再配布は許可されていません。



Desmond Leong

Desmond Leong

デズモンド・レオンは、受賞歴のあるリサーチチーム(2019、2020、2021年ベストFXリサーチおよびベストエクイティリサーチのファイナリスト)を運営し、市場の方向性について最大の銀行やブローカーに助言しています。彼はフィボナッチ、カオス理論、相関関係、市場構造、エリオット波動に焦点を当てたテクニカル分析を専門としています。

デズモンドは、人々がより良いトレーダーになる為の支援に非常に熱心で、Axiと密接に協力して、トレーダーが次のレベルに進む為教育ビデオ、クイズ、電子書籍、指標、市場調査などを制作しています。彼のチームは、トレーダーを指導し、教育し続けることに専念するAxi VIPポータルの後ろにもいます。

Find him on:  LinkedIn | Instagram


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設