• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

原油取引とは何ですか、原油の取引方法は?

Commodities /
Milan Cutkovic

石油とは何ですか?

石油は、世界中の多くの産業にとって不可欠な、非常に価値の高いコモディティです。再生不可能なエネルギー資源としての石油には、地中から採掘される原油や、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料などの精製された石油製品など、様々な形態があります。石油価格は、需要と供給、地政学的事象、経済状況などの要因に影響されます。

原油とは何ですか?

市場で取引される石油の主な種類は原油で、地球から採掘される天然由来の未精製の石油製品です。原油の組成はその産地によって大きく異なり、原油には様々な種類や「等級」があります。主な原油の種類は、以下の通りです:

  • ブレント原油: ブレント原油は、最も広く取引され、ベンチマークとなっている原油のひとつです。ブレント原油は、同地域の複数の油田からの混合油を主成分とし、北海油田から採掘されるため、タンカーでの輸送が適しています。硫黄含有量が比較的少なく、米国石油協会が定めた度数 (API度) が比較的高いことで知られています。API度とは、液体石油が水に比べてどのくらい重いか軽いかを示す指標です。そのため、「軽質」で「甘い」原油になり、世界的な原油取引の基準価格として、一般的に使用されています。
  • ウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI): WTIも、原油のベンチマークとして人気があります。米国産で、主にテキサス州とその周辺地域の油田から採掘されます。これらの油田は内陸にあるため、WTI原油の輸送はブレント原油に比べて割高です。WTI原油は、ブレントと同様に軽質で甘い原油とされており、API比重が高く、硫黄分が少ないことで知られています。WTIはニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX) で取引されており、北米の原油価格の基準となっています。
  • ドバイ原油: ドバイ原油は、主に中東で産出される中質原油です。アジア市場における原油価格のベンチマークとなっています。ドバイ原油は、ブレント原油やWTI原油に比べて硫黄含有度が高く、API比重が低い原油です。中東やアジアの原油品種の価格決定の参考として、よく使用されます。
  • ルイジアナ・ライト・スウィート (LLS): LLSは、米国メキシコ湾で産出される原油の一種です。ブレントやWTIのように、軽質で甘い原油です。LLSは、米国メキシコ湾岸産原油の価格決定のベンチマークとして、一般的に使用されています。
  • OPECバスケット: 石油輸出国機構 (OPEC) は、加盟国が生産する原油バスケットの平均価格を算出しています。このバスケットには、サウジアラビア、イラン、イラク、クウェート、ベネズエラなどの国の、様々な原油グレードが含まれています。OPECバスケットは、OPEC産原油の価格決定時の参考にされています。
  • カナダ原油: カナダは原油の重要な生産国であり、オイルサンドや従来の石油埋蔵量から様々な種類の原油が採掘されています。カナダ産原油の種類には、ウエスタン・カナディアン・セレクト (WCS)、シンクルード、コールドレイク・ブレンドなどがあります。カナダ産原油は一般的に重質で、ブレントやWTIのような軽質甘口原油原油に比べて硫黄の含有率が高い原油です。

 

原油市場とは何ですか?

原油市場とは、原油の生産、消費、取引に関わる売り手と買い手の世界的なネットワークのことです。原油市場は、世界経済に大きな影響を与える、複雑で影響力の大きい市場です。この市場には、主要産油国、石油会社、貿易業者、消費者が積極的に参加しています。原油市場は、政治的緊張、自然災害、統治機関 (OPECなど) の決定、世界的な需要の変化などの要因によって不安定であることで知られています。

何が原油価格に影響しますか?

原油価格に影響を与える要因は、沢山あります。原則として、原油を取引する場合は、価格がどのように影響を受けるかをより確実に理解するために、経済ニュースや市場動向に対して、常に注意を払うことが重要です。原油価格に影響を与える主な要因は、以下の通りです:

  • 経済の現状: 景気が悪いと原油の需要が減るため、価格が下落します。景気が良くなれば石油需要も回復し、価格も上昇します。
  • 米ドルの強さ: 石油はUSD建てであり、米ドルで取引されるため、USDの価値が石油価格に大きな影響を与えます。
  • 市場の思惑: 原油価格は先物市場で決定されるため、将来の出来事に対する投機が価格に影響を与える可能性があります。したがって、トレーダーは価格に影響を与えそうなニュースに注意する必要があります。
  • 新エネルギー: 再生可能エネルギー (太陽光や風力など) の生産が伸びれば、石油への依存度が下がり、価格が下落する可能性があります。
  • 世界の石油生産量: 石油輸出国機構 (OPEC)、そして米国、カナダ、中国などの主要産油国は、原油価格と供給に大きな影響を与えています。そのため、原油価格は生産量が増加すると下落し、制限されると上昇します。
  • 外因性ショック: 自然災害、戦争、地政学的不安定などの出来事は、原油価格に深刻な影響を与える場合があります。予期せぬ 「ショッキング」 な出来事によって生産量や供給量が減少すると、多くの場合、パニック買いが価格の上昇につながります。

 

原油取引とは何ですか?

原油取引とは、値動きから利益を得ることを目的とした原油銘柄の売買のことです。

トレーダーは、先物取引、オプション取引、差金決済取引 (CFD) など、様々な金融商品を取引することで原油市場に参加できます。原油取引では、現物のコモディティを所有したり引き渡したりする必要なく、原油の値動きに投機します。言い換えれば、取引するためにバレル単位で原油の現物を購入する必要なく、オープン市場における原油価格の上昇や下落に投機するだけです。

原油は世界の輸送に不可欠であり、電気、プラスチックから化粧品、医薬品に至るまで、あらゆるモノの生産に不可欠な基礎原料であるため、多くの産業が原油の価格を非常に注意深く監視し、原油市場で活発に取引しています。このことが、原油市場をボラティリティの高い市場にしています。

 

how does oil trading work

原油取引の仕組みは?

オンラインで原油を取引する2つの主な方法は、現物CFDと先物CFDです。

  • 原油現物CFD: これは、現在の市場価格で原油を購入することです。これは原油取引の最も単純な方法で、通常は数時間から数週間の短い契約期間で取引されます。
  • 原油先物CFD: 原油先物銘柄は、現物CFDよりも洗練された投資形態です。原油先物は通常、数か月から数年にわたる長い契約期間で取引されます。原油が将来的に高値に転ずると考えている場合は、売り手と契約を締結し、現在支払う価格を合意することで、銘柄満期時に現物の原油が引き渡されたときに、支払った価格よりも高い価格で現物を売却できます。

原油のベンチマークであるウエスト・テキサス・インターミディエート (WTI) のCFD取引の例を考えてみましょう。現在の市場価格は、バレルあたり70USDとします。

トレーダーが、原油が高値に転ずると考えている場合、ロングポジションを建て、現在のWTI価格である、バレルあたり70USDで10バレルのCFDを購入します。トレーダーは、価格がバレルあたり75USDに上昇したときに売却によりCFD取引を行えば、50USDの利益を得ることができます:

([75USD - 70USD] x 10バレル) = 50USDの利益

逆に、価格が65USDに下落した場合、50USDの損失となります。

([65USD - 70USD] x 10バレル) = 50USDの損失

原油CFD取引

CFDとしての原油取引は現物の所有権を伴わないため、トレーダーは、どちらの市場方向でも値動きから利益を得ることができます。

例えば、トレーダーが原油が今後数か月で現在のバレルあたり70USDに下落すると予想した場合、原油先物CFD銘柄をバレルあたり65USDで売却します。銘柄満期日までに原油価格が65USDまで下落した場合、バレルあたり5USDの利益を得ることになります。

 

why trade oil

原油取引の長所は?

原油取引は、他の形態の取引や投資と比較して、いくつかの長所があります。

まず、原油市場は流動性が高いため、取引の発注や決済が比較的容易です。また、原油価格は世界的な出来事に影響されるため、需要と供給の連鎖のどこかで大きな出来事やニュースが値動きを引き起こし、それによって取引機会が生まれる可能性が高くなります。

さらに、石油は世界中で非常に重要なコモディティであるため、一貫した需要が効果的に保証され、利益の可能性が残されています。さらに、原油取引は、株式や株価指数など、従来の金融市場との相関が低いため、分散投資が可能です。

最後に原油はCFDとして取引できるため、現物を所有する必要がありません。トレーダーは、レバレッジと組み合わせることで潜在的なリターンを増幅できます。ただし、レバレッジをかけた取引は、潜在的な損失も増幅することにご注意ください。

 

how to trade oil

原油の取引方法は?

ここでは、世界市場で原油取引を開始するための方法を、簡単に順を追って説明します:

  1. ブローカーを見つける: まずは、原油取引サービスを提供している様々なオンラインブローカーを調査し、比較することから始めましょう。評判が良く、規制を受けており、顧客からの評判が良く、使いやすいプラットフォームを提供しており、手数料体系が良心的で、原油市場、特に取引したい商品の取引ができるブローカーを探してください。
  2. 口座を開設する: ブローカーを選択したら、取引口座を開設します。規制要件の一環として、お客様の口座のセキュリティと詐欺からの保護のために、お客様の取引能力について質問し、本人確認書類と居住証明書の提出を求めることにより、お客様の身元を確認する必要があります。
  3. 口座に入金する: 申請が承認されたら、取引を賄うことができるよう、取引口座に入金します。ほとんどのブローカーは、銀行振込、クレジットカードやデビットカード、オンライン決済など、様々な入金方法を受け付けています。ブローカーが課す最低制限を理解し (例えば最低入金額)、安心して取引できる (取引が不利になった場合は負けても構わない) 金額を入金しましょう。
  4. 取引プラットフォームの使い方を学ぶ: ブローカーの取引プラットフォームがどのように操作され、チャートやインジケータなどのツールをどのように利用するのか、時間をかけて学びましょう。行うことのできる取引 (注文) について学びましょう。多くのブローカーはデモ口座を提供しており、実際の資金を危険にさらすことなく取引を練習できます。このような学習や練習は、プラットフォームとその機能を理解するのに非常に役立ちます。
  5. 市場分析を行う: 原油価格のチャートを確認し、関連するニュースを把握し、原油価格に影響を与える可能性のあるファンダメンタルおよびテクニカルな状況を検証し、取引を行う前に市場分析を行い、現在の原油市場の状況を理解しましょう。調査・分析の補足資料として、ブローカーが提供する資料や分析ツールを利用しましょう。
  6. 発注する: 取引戦略を考え、市場分析を行ったら、いよいよ取引を行います!取引プラットフォームで、取引する原油市場市場または金融商品 (例えば、原油、WTI) を選択します。注文タイプ (例えば、成行注文や指値注文) と数量 (例えば、原油のバレル数) を選択します。また、潜在的なリスクとリターンを管理するために、ストップロス (SL、損切り) とテイクプロフィット (TP、利確) レベルを設定することも忘れないようにしましょう。これで、発注の準備OKです!
  7. 取引の監視と管理: 発注後は、定期的にポジションを監視する必要があります。原油の値動き、市場ニュース、取引に影響を与える可能性のある関連イベントを追跡しましょう。ストップロス (SL、損切り) 注文とテイクプロフィット (TP、利確) 注文の設定がまだなら、設定して取引管理を自動化するのも手です。ここでは、市況が変化した場合にポジションを調整したり、取引を決済したりする準備をしておく必要があります。
  8. 振り返りと学習: 取引を決済したら自分のパフォーマンスを振り返り、結果をできる限り正直に、かつ贔屓目なしに評価しましょう。取引戦略の中で何がうまくいったのか、何が改善できるのかを分析し、特に失敗から学べるようにしましょう。ブローカーが提供する学習資料、ウェビナー、市場インサイトを利用して、スキルを磨き続けてください。

 

原油取引の長所

  • 取引のしやすさ: 原油CFD取引では、コモディティの現物所有を必要とせずに、原油市場で個人が容易に取引できます。トレーダーは、現物の石油を扱う際の物流上の問題を抱えることなく、原油の値動きに投機できます。
  • レバレッジ: CFD取引では、トレーダーはレバレッジを利用できます。つまり、少額の資金で大きなポジションをコントロールできるということです。これにより、初期投資よりも潜在的な利益 (および損失) が増幅されます。
  • 様々な取引が可能: 原油は市場流動性の高いグローバルなコモディティであり、幅広い可能性を秘めています。トレーダーは、ブレント原油、WTI原油、その他の地域産原油など、様々な種類の原油に投機できます。
  • 市場のボラティリティ: 原油市場はボラティリティが高いことで知られており、トレーダーには値動きから利益を得るチャンスがあります。ボラティリティが高まれば、潜在的なリターンも大きくなる可能性があります。
  • ロングポジションとショートポジション: CFD取引では、トレーダーはロングポジション (買) とショートポジション (売) の両方のポジションを取ることができます。これは、市場の方向性を推測することで、原油価格の上昇と下落の両方から利益を得ることができるということです。
  • ヘッジ: ヘッジ手段として原油を取引することは、投資ポートフォリオのリスクを分散し、バランスを取るための有用な方法となり得ます。
  • 柔軟性: 原油CFD取引は取引サイズに柔軟性があり、トレーダーは従来の先物取引に比べて少ない資金でポジションを建てることができます。
  • 24時間週5日で取引可能な市場: 原油CFD市場は24時間週5日稼働しており、様々な時間帯で幅広い取引を行うことができます。トレーダーは、取引時間に制限されることなく、原油価格に影響を与える世界的な出来事やニュースを参考に取引を行えます。
  • リスク管理ツール: 通常、CFD取引プラットフォームは、ストップロス (SL、損切り) やテイクプロフィット (TP、利確) 注文などのリスク管理ツールを提供しています。これらのツールにより、トレーダーはあらかじめ決められたレベルを設定し、潜在的な損失を制限したり、自動的に利益を確定したりできます。

 

原油取引の短所

  • 損失のリスク: CFD取引は、高い潜在的損失リスクを伴います。レバレッジをかけて取引すると、小さな値動きが大きな損失につながることがあります。
  • ボラティリティと値動き: ボラティリティは取引の機会をもたらす一方で、急激な値動きのリスクを高め、予期せぬ損失につながる可能性があります。そのため、継続的な値動きの監視が必要な場合があります。
  • 市場分析の複雑さ: 原油CFD取引を成功させるには、徹底的な市場分析と原油価格に影響を与える要因の理解が必要です。需給の動向、地政学的事象、経済指標は複雑で、取引に慣れていない人にとっては分析が難しい場合があります。
  • オーバーナイト手数料: CFDポジションを夜間に保有すると、スワップレートやロールオーバー手数料とも呼ばれるファイナンス手数料が発生する場合があります。これらの手数料は、ポジションを長期間保有すると利益を食い潰したり、損失を増幅させたりする可能性があります。
  • 資産所有権なし: 原資産に現物所有権がないことは、一部のトレーダーには魅力的ではないかもしれません。

 

原油の取引戦略で最善なものは何ですか?

ボラティリティが高い市場であるため、原油の取引を成功させるには慎重な分析が必要です。ファンダメンタル分析とテクニカル分析は、トレーダーが原油取引市場を評価するために使用する2つの主要なアプローチです。

  • ファンダメンタル分析: 原油は世界経済にとって重要であるため、常に話題の中心です。しかし、エネルギー情報局 (EIA) の原油在庫や石油輸出国機構 (OPEC) の合同閣僚監視委員会のように、原油トレーダーにとって不可欠な定期的な発表やデータもあります。EIAは、民間企業が在庫として保有する原油のバレル数について、前週からの変化を測定しています。OPECは、エネルギーに関する幅広い問題を議論し、各国の原油生産量に関する合意を行うため、原油市場を最も動かしている組織です。
  • テクニカル分析: テクニカル分析は容易に学ぶことができますが、必ずしも容易に習得できるとは限りません!テクニカル分析を行うには、チャートに指標を適用します。これにより、市場トレンドやリスクセンチメントを特定できます。これを原油商品の値動きに関する自分独自の評価と組み合わせることで、市場への入口を発見し、値動きから利益を生み出すために利用できます。

 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


なぜ原油は価値があるのですか?

原油は 「ブラックゴールド」 としても知られており、プラスチック、ガソリン、ゴム、合成品などの日用品の生産に広く使用されているため、非常に価値の高い原料です。何世代にもわたって、世界人口の増加と生活の質の向上は、原油の消費と需要を増加させてきました。そのため、需要の高い有限の商品として、原油は貴重なコモディティと考えられています。


OPECとは何ですか?

OPECとは、石油輸出国機構のことです。現在、同機構には13か国が加盟しています。OPECの規定によれば、OPECの目的は、加盟国の原油政策を調整・統一し、原油市場を安定化させることで、消費者への効率的で費用対効果の高い定期的な原油供給、生産者への安定した収入、原油産業への投資者への公平な資本収益を確保することとされています。


原油市場はどのように規制されていますか?

原油現物市場は、世界にこの商品を輸出する前段階である採掘および精製を行っている企業が少数であるため、ほとんど規制されていません。この寡占状態は、規制当局が透明性のある方法で規制遵守の確認を行うことを難しくしています。

しかし、一般的には、連邦政府と州政府は、エネルギーと環境関連の法律と政策に則り、米国国内の原油市場をコントロールするために尽力しています。石油輸出国機構 (OPEC) は、各国が世界に向けて生産する原油の生産量について議論および決定するために、頻繁に会合を開いています。OPECは、生産水準を調整することで原油価格を調整する、単純明快な需給メカニズムを採用しています。


世界で原油生産量が最も多い国はどこですか?

エネルギー情報局 (EIA) が収集したデータによると、世界の原油総生産量は平均で日量1億61万バレルを上回ります。世界の原油生産量の半分近くを占める上位5か国は、米国、サウジアラビア、ロシア、カナダ、中国です。 


原油取引は儲かりますか?

原油は、世界で最も取引されているコモディティです。その高い流動性とボラティリティから、利益を得るために値動きに投機できます。原油の取引でどの程度利益を上げられるかは、ご自分の取引の専門知識のレベル、詳細な分析を行う能力、市場の現在のボラティリティなど、様々な要因によって決まります。 

原油市場からどの程度利益を上げられるかの可能性を探るために、無料のAxiデモ口座を利用し、仮想資金で原油取引を行ってみましょう。 


原油取引には、どのようなリスクがありますか?

石油取引に関連するリスクは、大きく分けて2つあります。  

第一に、取引自体に伴うリスクです。原油は先物市場で取引されるコモディティで、高レバレッジでの取引が可能です。高レバレッジで取引を行うことは、投資金額をすべて失う可能性があることを意味するため、リスクがあります。原油トレーダーは、レバレッジを考慮する場合には常に、堅実なリスク管理戦略を適用すべきです。 

第二の重要な懸念事項は、原油そのものに関連しています。原油はコモディティのため値動きする可能性があり、価格は広範な需給変動要因に大きく影響されます。例えば、政治的な決定や環境政策の変更によって、石油価格が急落することがあります。 


最も人気のある原油の取引戦略は何ですか?

主な原油取引商品には、原油先物、原油スポット市場、原油上場投資信託 (ETF) 、原油CFDなどがあります。原油取引商品の全リストについては、商品スケジュールをご参照ください。 


原油の取引時間は何時から何時までですか?

石油取引市場の取引時間は、ブレント原油とウエストテキサス原油で異なります。  

ブレント原油の取引時間は、月曜から金曜の01:00から22:59 GMTです。  
ウエストテキサス原油の取引時間は、日曜から金曜の18:00から22:59 EDTです。 


原油の取引を始めるには、どの程度の資金が必要ですか?

原油の取引を開始するために必要な金額は、あなたの目標、取引したい原油商品、レバレッジを利用して取引するかどうかによって異なります。 

Axiは、他社に負けないスプレッドの狭さを誇り、Standard口座では仲介手数料やコミッションを頂戴しておりません。そのため、低コストの取引を実現しています。その意味で、オンラインで商品取引を始めるために必要な資金額という点で当社の敷居は低く、わずか50USDから開始していただけます。 

Axiで原油CFDを取引する場合、証拠金は少額で済むため、レバレッジを活用しながら少額の資金で取引の全エクスポージャを得ることができます。レバレッジは大きな利益を生む可能性がありますが、損失のリスクも高くなることにご注意ください。レバレッジをかける際には、しっかりとしたリスク管理を実践しましょう。 


Axiでは、原油取引のスプレッドと必要証拠金はどのくらいですか?

Axiは、原油については、一日中スプレッドが変動する、他社に負けない狭さを誇る変動スプレッド制を採用しています。スプレッドの仕組みをリアルタイムで体験するために、無料のデモ口座を開設して、仮想資金を使って取引を練習してみましょう。原油現物CFDと原油先物CFDの初回証拠金率は、2%からとなっています。 



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設