• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

ゴールド取引とは何ですか、ゴールドの取引方法は?

Commodities /
Milan Cutkovic

ゴールド (金) とは何ですか?

ゴールドは、その光沢と希少性から、歴史を通じて人類が珍重してきた貴金属です。昔から宝飾品や貨幣として広く使われ、最近では電子機器や医療、さらにはグルメ料理にも応用されています。

歴史的に通貨として使用された金は、紙幣をゴールドと交換できる金本位制を確立するために使用されました。過去には、いくつかの国が自国通貨をゴールドに固定していました。現在はそうではなくなりましたが、中央銀行の貯蓄の一部のための流動性準備金の形として残っています。

交換手段としてのゴールドの使用は、より近代的な支払い方法に取って代わられたが、依然として信頼できる価値の貯蔵手段として広く認識されています。金融・投資の世界で重要な役割を果たしており、経済の不確実性に対するヘッジとして機能し、投資家に大きなリターンをもたらす能力を発揮しています。

ゴールドは、多額の費用を必要とする採掘方法で採掘されます。新たに採掘されたゴールドが、現在の供給量を補っています。原油のように一度しか使用されない他のコモディティ異なり、金は破壊されず、生産された量は流通し続け、少なくとも理論上は将来的にリサイクルや再利用が可能です。

 

ゴールド市場とは何ですか?

ゴールド市場とは、ゴールドまたはそのデリバティブが世界的に、またすべてのタイムゾーンにわたって取引されるすべての経路を指す一般的な用語です。

これは、上場投資信託 (ETF) 、先物市場、オプション市場などの現物市場と投資家や投機家のための市場で構成されています。

主要なゴールド取引所

ゴールドは、主に店頭取引 (OTC) と取引所で取引されています。ロンドンはOTC市場の世界的な中心地であり、市場関係者は互いに直接取引を行っています。この市場は規制が緩く、柔軟性が高い反面、カウンターパーティーリスクは高くなる可能性があります。

3つの重要な金取引センターは、世界のゴールド取引量の90%以上を占め、価格発見に重要な役割を果たしています。これらは以下です:

400オンスの延べ棒を取引するロンドンのOTC市場。この市場は、金の世界的な基準となるロンドン地金市場協会 (LBMA) のゴールド価格を、1日2回設定します。

シカゴ・マーカンタイル取引所 (CME) グループは、米国先物市場 (COMEXデリバティブ取引所) を運営しています。延べ棒の受け渡しで物理的に取引される銘柄はわずかですが、ゴールドの価格決定においては、同取引所の重要性が増しています。

中国には、2016年に 「上海金」 の価格基準を導入した世界最大の現物取引所である上海金取引所 (SGE) と、活気のある上海先物市場 (SHFE) があります。

最近の指標は、東への動きを示しています。他の流通市場としては、ドバイ、インド、日本、シンガポール、香港などがあります。

取引所は、中央集権的な取引を行う規制されたプラットフォームです。取引所では通常、標準化された銘柄が取引されますが、柔軟性が制限される可能性があるため、すべてのトレーダーに適しているわけではありません。

ゴールド市場参加者

ゴールドは人気があり用途が多様なため、ゴールド市場には様々な目的を持つ多様な参加者が存在します。

ジュエリーメーカーや電子産業など金を使用する業界は、物理的な資産を手に入れなければなりません。また、市場価格の不利な変動をヘッジするために先物市場に参入します。

ゴールドに投資し、延べ棒やコインの形で所有したい顧客は、専門市場を通じてそれを行うことができます。価値の貯蔵手段としてのゴールドの質の高さから、このグループは通常、値動きが短期的にもかかわらず、ゴールドを長期的に保有することを好みます。

あらゆる規模の投資家が、値動きへの投機やポートフォリオの分散を目的として、ゴールドを取引しています。例えば、銀行やヘッジファンドは、リスク管理戦略の一環としてゴールドを取引しています。

中央銀行は、外貨準備の一部として、自国通貨の安定の貯蔵庫として、また地政学的懸念に対するヘッジとして、現物のゴールドを使用しています。

短期投機家や長期投資家は、現物所有よりも投資や投機手段としてのゴールドに関心を持っています。

短期投資家は、金先物、オプション、上場投資信託 (ETF) などの金融デリバティブを利用することで、通常はレバレッジによって強調される値動きに、原資産を所有することなくエクスポージャを得ることができます。

投機家は通常、次のように行動します:

先物取引、またはCFD取引。

ロング (買) ・ショート (売) ポジションを建てる

ポジションの保有期間は、そのプロファイルによって数秒から数ヶ月に及ぶ (例えば、アルゴリズムファンドは数秒、マクロヘッジファンドは数ヶ月間ポジションを未決済のままにしておく)。

長期的な投資家も、ゴールドの長期的な上昇に惹かれて市場に参加します。そのため、インフレ、為替変動、地政学的紛争、金融市場のボラティリティに対するヘッジのための投資先として選ばれています。

投資家は通常、次のように行動します:

実際の金地金 (延べ棒、インゴット、硬貨) を購入するか、金ETFに投資する。

購入したゴールドを長期間保有する。

インフレに対するヘッジとして利用し、ポートフォリオを分散させる。

 

ゴールドの価格に影響を与える可能性のある要因

  • 需要と供給: ETFの購入やCFDや先物取引の人気にかかわらず、コモディティの物理的な需要と供給の変動は、値動きの要因となります。金の需要は、ジュエリーや工業用途、投資、中央銀行によるもので、供給は採掘事業、中央銀行の販売、貴金属鉱石のリサイクルによるものです。新たなゴールドの発見はますます希になっているとはいえ、採掘は依然として供給量の75%を占めており、新たな鉱床の発見は価格を引き下げる可能性があります。
  • 地政学的な動き: イエローメタル (真鍮) は安全資産として広く認識されており、政情不安、貿易摩擦、自然災害などの世界的な懸念があるときには、投資家が金に避難しようとするため、高値に転ずる傾向があります。
  • 経済的不確実性: 投資家がインフレ率の上昇や金利の低下を懸念すると、現金保有の魅力が薄れるため、金は高騰する傾向にあります。ゴールドの価格に影響を与えるその他の要因には、GDP成長率、経済の不確実性、市場のボラティリティなどがあります。
  • 財政政策: ゴールドはUSDで値付けされているため、コモディティと通貨は逆相関の関係にあります。米国の金利上昇に対する期待と発表はUSDを強め、金を圧迫するでしょう。逆に、ゴールドの価格が上昇する一方で、金利低下の噂や予想がUSDを下落させる可能性があります。
  • ゴールドのベンチマーク: ロンドン地金市場協会 (LBMA) が設定した価格は、世界で最も広く使用されているゴールド価格です。
  • 投資家心理: 上記の不確定要素に加えて、投資対象としてのゴールドに対する市場参加者の認識は、投機的取引を煽り、短期的なボラティリティを生み出す可能性があります。

 

ゴールド取引とは何ですか?

ゴールドは世界で最も古く、最も信頼されている通貨のひとつです。ゴールドの本質的な価値、すなわち 「安全資産」 としての魅力は、投資対象として人気が高く、トレーダーにとってポートフォリオを分散させる効果的な方法となっています。

ゴールドの取引では、高値に転ずれば後で売却たときに利益が出ると期待して購入します。これは、延べ棒、インゴット、コインなどの現物でゴールドを購入するか、値動きを監視する金融商品に投資することで達成できます。トレーダーは、これらの金融商品のショートポジションを取ることもできます。つまり、価格の下落を期待して売却することであり、その結果、その資産は後で購入する際に利益を生むことになります。

現在の意味としては、ゴールド取引とは、現物の貴金属を入手するのではなく、デリバティブ金融商品の売買を通じてゴールドの値に投機することを指します。その結果、金トレーダーは、原資産を処理したり保管したりすることなく、値動きに投機できます。

ゴールド取引には、トレーダーの戦略やリスクプロファイルに応じていくつか選択肢があります。これには、ゴールドの現物、先物、オプション取引、ETF、金鉱会社の株式などがあります。

 

ゴールド取引の仕組みは?

ゴールドのティッカーシンボルは、XAUです。文字 「X」 は 「指数」 を表し、文字 「AU」 はラテン語で金を意味する 「Aurum」 を表します。

ティッカーを使用すると、MT4取引プラットフォームでの商品検索が容易になります。

ゴールドCFDとの取引で人気の高い通貨は、USD、AUD、CHF、EUR、GBPです。USDに対する金取引のシンボルは 「XAUUSD」 、金先物CFDのシンボルは 「GOLD.fs」 です。

地金スポットCFDは、原資産であるスポット市場を使って価格が決定されるのに対し、先物CFDは先物契約を使って価格が決定されます。

  • ゴールドCFD: CFDでは、現物のゴールドを購入することなく、金のリアルタイムの値動きを取引できます。CFDはレバレッジ商品であるため、わずかな投資で原資産取引への完全なエクスポージャを得ることができます。注意しなければならないのは、損益は取引ポジションのサイズ全体に基づいて決定されるため、損益が増幅することです。
  • ゴールド先物: 将来、ゴールドが高値に転ずることを予想する場合は、売り手と契約を締結し、現在支払われる適正価格に合意できます。契約終了時に実際のゴールドの現物が引き渡されれば、より高い価格で売却して利益を得ることができます。

 

ゴールド取引の利点は?

ゴールドが取引に理想的な資産である理由は、いくつかあります:

まず、幅広い金融商品を取引可能であり、オンライン取引プラットフォームを使用すれば、それらすべてを取引できます。多額の資本を必要とする他の投資とは異なり、様々な資本レベルの個人投資家がこの市場に参入することができます。

世界のゴールド市場は流動性が高く、トレーダーが容易にポジションを建てたり決済することができるという特徴があります。

最後に、ゴールドは安全資産とみなされ、バランスの取れたポートフォリオに加える魅力的な資産となっています。経済が不安定で地政学的に混乱しているときでも、その価値は維持され、さらに高騰する傾向があります。その結果、従来の市場が圧迫されている間、ゴールドのトレーダーは値動きから取引機会を伺うために取引戦略を使用することができます。

 

ゴールドの取引方法は?

ほとんどの投資と同様に、取引の旅は、資産の調査とボラティリティとトレンドの方向性を判断するためのチャート分析から始まります。

支持線と抵抗線の履歴を特定します。これらは、相場の反転の可能性を示す重要な指標です。

how to trade gold

テクニカル分析を補完するためにファンダメンタル分析を使用し、値動きの要因を注視します。これには、経済・政治不安、ゴールドと逆相関するドル高、金利・インフレ、金の生産量や金鉱会社の株価の変化など、投資家に影響を与え市場を驚かせる時事的な出来事すべてが含まれます。

取引を開始するときには、テイクプロフィット (TP、利確) の水準をあらかじめ決めておき、取引が不利になった場合に備えてストップロス (SL、損切り) を設定しておきましょう。自分の計画を守ることで、感情を取引の場から遠ざけ、意思決定プロセスを改善できます。

 

ゴールド取引の長所

ゴールドは、富の貯蔵手段として信頼できる方法であることが証明されています。ゴールドの値は変動し、時にはかなりのボラティリティに見舞われることもありますが、貴金属の価値と購買力は時間とともに着実に高まっています。これは、ジュエリーや産業・技術用途での使用から生じる金の安定した需要によって、さらに顕著になっています。

ゴールは普遍的に認められており、特定の通貨に関係なくその価値を保持しています。ゴールドは歴史的に、投資家の利益だけでなく一般的な購買力を損なうインフレと通貨切り下げに対する強固なヘッジとして機能してきました。株式市場が混乱し、低金利のために現金の価値が下がっているとき、ゴールドは投資家にとって魅力的な資産クラスとなり、他の投資の損失を相殺できます。

ゴールドは流動性が高い (売買が容易) なため、買い手は価格に大きな影響を与えることなく、すぐに売り手を見つけることができます。流動性の高さは、取引コストを削減し、トレーダーや投資家が素早くポジションを建てたり決済できるという確信を与えるという点で重要です。現物のゴールド市場も流動性が高く、買い手を見つけるのは難しありません。

ゴールドは、ポートフォリオ全体のリスクを最小限に抑えるのに役立つ優れた分散投資の手段です。歴史的には、株式と債券には負の相関関係がありますが、リスク回避の動きが広まった時など、特定の時期には株式市場よりも好調な場合があります。

ゴールドは、個人トレーダーや機関投資家も取引できます。CFD、株式、ETFなど、取引できる金融商品の幅が広く、利用可能なオンライン取引プラットフォームも多数あるため、投資家のポートフォリオの規模やリスクプロファイルにかかわらず、世界中のトレーダーが市場に参加できます。

 

ゴールド取引の短所

ゴールドの価格は、長期的には上昇しますが、短期的にはニュースやデータ発表、経済や地政学的事象によって大きく変動する場合があります。ゴールド取引は、特にレバレッジを利用する場合、慎重なリスク管理が必要です。

ゴールドは、株式や債券 (さらには現金) とは異なり、利回りや配当を生み出しません。資本の評価増でもない限り、金はトレーダーに追加収入をもたらしません。その結果、定期的で安定した収入源を重視する投資家は、特に価格が安定している時期には、ゴールド取引に魅力を感じなくなる可能性があります。投資家がよりリスクの高い資産に群がる 「リスクオン」 期には、リターンが低くなる可能性があります。

現物の金を延べ棒や硬貨の形で保有することを選択した投資家は、安全な保管施設を用意するか、貸金庫に保管しなければなりません。このような保管費用は、全体的な投資収益率を低下させる可能性があります。

 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


ゴールドの史上最高値はいくらですか?

トレーダーは、過去の価格を使用して、将来の値動きと注視すべき限界水準を予測できます。全体像を見ると、金は2018年9月から上昇傾向にあり、2020年8月にはオンスあたり2100USD近辺の史上最高値に達しました。


誰がゴールド市場を規制しているのですか?

世界のゴールド市場を管理する規制機関は存在しません。しかし、現地の規制当局は、その管轄内で行われる取引に対して影響力を有します。さらに、多くの市場参加者が遵守する自主的な規範があります。

例えば、金融行動監視機構 (FCA) は、ゴールドの銘柄が活発に取引されるLMEを規制しています。FCAは、LBMAの金価格についても管轄権を有します。


ゴールドのティッカーシンボルは何ですか?

ゴールドのティッカーシンボルは、XAUです。文字 「X」 は 「指数」 を表し、文字 「AU」 はラテン語で金を意味する 「Aurum」 を表します。


ゴールドの取引時間は何時から何時までですか?

Axiのお客様向けのゴールドスポットCFD市場の取引時間は、月曜日の01:01 (サーバ時間) から、金曜日の23:58 (サーバ時間) までです。これは、ゴールド、シルバー、プラチナの取引時間です。毎朝、市場は23:59から01:01 (サーバ時間) の間は、休憩のために閉鎖されます。

ゴールド先物CFD取引所の取引時間は、日曜日の18:01から金曜日の16:59 (ニューヨーク時間) までです。16:59から18:01まで、取引は一時停止されます。


ゴールドの取引は儲かりますか?

ゴールドの取引は、他の資産クラスの取引と同様に、適切なリスク管理と取引管理を実施すれば利益を上げることができます。ゴールドの値動きを推測するには、トレーダーはボラティリティと値動きに影響を与える主な外部要因に、細心の注意を払う必要があります。


ゴールドの取引には、どの程度の資金が必要ですか?

Axiでは、トレーダーは、は最低50USDの入金でゴールドの取引を開始していただけます。一方、500USDの投資では、より多岐にわたる取引が可能になりますが、トレーダーは損失が許容できる範囲内でリスクを取るべきです。

ゴールドをCFDで取引することにより、トレーダーはレバレッジを利用することができ、少額の資金でより大きな取引ポジションを建てることができます。レバレッジはより大きな利益をもたらしますが、損失のリスクも増幅します。

トレーダーの皆様が効果的なリスク管理戦略を立てることができるよう、当社では、30日間仮想資金で取引できる無料のデモ口座をご用意しています。その後、デモ口座へのアクセスを維持したまま、無料のライブ取引口座にアップグレードしていただけます。


MetaTrader 4でゴールドを取引できますか?

Axiでは、MT4でゴールドを取引していただけます。この取引形態では、現物の貴金属を所有するのではなく、単に値動きに投機することになります。

Axiは、様々なゴールド取引戦略に対応できるよう、長期戦略に最適なStandard口座とスプレッド (売値と買値の差額) に敏感な戦略に最適なPro口座という、2種類のMT4口座タイプをご用意しています。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設