• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

指数取引とは何ですか、指数の取引方法は?

Indices /
Milan Cutkovic

指数とは何ですか?

指数は、資産グループのパフォーマンスを測定する方法です。取引においては、これには上場企業とその株価が関係しています。

世界で最もパフォーマンスが高く、最も広く知られている指数のひとつがダウ平均株価指数です。ダウ・ジョーンズ工業株30種平均 (DJIA) は、米国の大企業30社の全体的なパフォーマンスを追跡しています。当該30社の平均株価が上昇すれば、DJIAも上昇します。当該30社の平均株価が下落すれば、DJIAも下落します。

指数市場とは何ですか?

指数市場とは、指数とそれに関連する金融商品が取引される市場を指します。この市場は、 様々な国の様々なセクターを代表する個別指数の業績上位グループで構成されています。

以下は、世界で最も人気のある指数のリストです。その多くには、「優良株 (ブルーチップ)」が含まれています。優良企業とは、一般的に老舗企業であり、その分野で市場を牽引していると考えられ、時価総額が数十億ドルに達するような企業です。

  • ダウ・ジョーンズ工業株30種平均: 米国上場の大企業30社で構成される、米国を代表する株価指数の一つです。
  • S&P 500: 米国で最も有名な株価指数で、米国の証券取引所に上場している大手企業500社で構成されています。
  • ユーロ・ストックス50指数: 欧州圏に上場している優良企業50社で構成されており、ダウ平均株価指数の欧州圏版とも言えます。
  • NASDAQ 100: 世界で最も注目されている指数の一つで、そのほとんどがテクノロジ業界の大企業で構成されています。その名前とは裏腹に、実際にはNASDAQに上場している非金融大手100社が発行する、101の証券で構成されています。
  • FTSE 100: ロンドン証券取引所に上場している企業のうち、時価総額上位100社を表す指数です。
  • DAX 40: フランクフルト証券取引所に上場している、主要優良企業40社で構成される、ドイツで最も重要な株価指数です。
  • CAC 40: ユーロネクスト・パリに上場している、主要優良企業40社で構成される指数です。
  • 日経225: 日本を代表する株価指数で、東京証券取引所 (TSE) に上場している、大企業225社の株価を加重平均して算出する株価指数です。
  • ハンセン: 香港証券取引所に上場している大企業73社の業績を追跡しています。
  • ASX 200: オーストラリア株式市場のベンチマーク指数です。オーストラリア証券取引所に上場している、時価総額上位200銘柄で構成されています。

指数取引とは何ですか?

指数取引とは、特定の株式市場指数を売買することです。トレーダーは、指数相場の上昇と下落に投機し、それによってショートポジション (売) を建てるかロングポジション (買) を建てるかを決めます。

指数はあくまで銘柄グループのパフォーマンスを表しているに過ぎず、指数を取引することは、実際の原銘柄を購入して所有することを意味するものではないことを理解することが重要です。その代わりに、銘柄グループの平均的なパフォーマンスや値動きを取引することになります。指数に含まれる企業の株価が上がれば、指数の価値も上がります。株価が下がれば、指数の価値も下がります。

指数取引とは何かを理解するには、値動きの背後にある要因を探る必要があります。

指数の値動きは、主に外的要因に左右されます。その国の経済が弱くなるような不確実性の時代には、指数相場は下がります。指数相場に影響を与える要因には、次のようなものがあります:

  • 世界的なニュース: 自然災害、パンデミック、政情不安、紛争、戦争などの事象は、すべて指数に大きな影響を与える可能性があります。影響は、1か国 (例えば、日本の地震) に限定されることもあれば、世界にまで及ぶこともあります (例えば、2か国間以上の戦争)。
  • 経済ニュース: 中央銀行の金利決定、非農業部門雇用者数、貿易協定、雇用指標などの経済イベントや会議は、指数に大きな影響を与える可能性があります。イベントによっては、単一の指数にしか影響を与えないものもあります。例えば、英国の雇用統計は主にFTSE 100 (英国の主要株価指数) に影響を与えます。米ドルは世界の主要通貨であるため、米中銀の会合などの他のイベントは世界中の指数に影響を与える可能性があります。
  • 指数銘柄の入れ替え: ある企業の株価が株価指数に加わったり外されたりすると、株価指数の相場に影響を与えることがあります。一般的に、指数銘柄の入れ替えは、関連性のある企業だけが指数に残ることが保証されるため、投資家にとって有益です。その一例が、かつて有名だった写真会社コダックです。同社は長い間、ダウ平均30とS&P 500の両方に属していましたが、苦戦が続き時価総額が縮小したため、最終的には両方の指数から外されました。
  • 企業によるニュース: 業績、M&A、経営陣の交代、その他の主要な企業固有のニュースはすべて、その企業が属する指数に影響を与える可能性があります。当該企業のウェイト (重要度) が高いほど、ニュースが指数に与える影響は大きくなります。例えば、Appleが予想をはるかに上回る業績を発表した場合、S&P500とNASDAQ 100の両方にプラスの影響を与えるでしょう。

 

指数取引の仕組みは?

オンラインで株価指数を取引する場合、主に、株価指数の「現物」CFDと株価指数の「先物」CFDの2種類があります。現物市場と先物市場の主な違いは、現物市場には満期がないことです。しかし、先物市場には通常 「ロールオーバー」 と呼ばれる満期があります。先物銘柄の取引は、事実上、買い手と売り手の間で、ある将来の日付に買い手が支払わなければならない価格についての合意です。

指数取引の主な種類は、大きく分けて2つあります:

  • 指数現物CFD: 現物指数は、スポット価格に基づく狭いスプレッドが特徴で、短期トレーダーにより適しています。現物CFD (差金決済取引) トレーダーは、夜間取引手数料の支払いを避けるため、夜間ポジション保有を避け、翌日には取引を再開する傾向があります。
  • 指数先物CFD: 指数先物CFD取引は、将来の受渡し価格に基づく契約であるため、中長期的な取引に関心のあるトレーダーに好まれます。これは、この種の取引では、オーバーナイト手数料やスワップ手数料が発生しないためです。

指数CFD取引の例:

現在、FTSEが6659.97レベルで取引されていると仮定します。

テクニカル指標はエントリーシグナルを示唆しており、市場センチメントはFTSEに対して好意的であると確信し、1ロット購入することにしました。このポジションサイズでは、価格が1ポイント動くごとに1USDの利益または損失が発生します。

2日後、予想通りFTSEは上昇したため、6701.97で取引されています。利益は、終値から始値を引くことで計算されます:

(6701.97 - 6659.97) x 1USD = 42USD。

注: 上記の例では、損益は指数が連動している地域の通貨で計算されます。しかし、ほとんどのブローカーでは、損益は現在の為替レートに基づいて、選択した口座通貨にリアルタイムで自動的に換算されます。

指数を取引する最高のタイミングはいつですか?

取引を行う週の中で、市場が前引け以降のすべてのニュースやイベントを織り込み、市場の出来高や値動きがより活発になる傾向のある時間帯があります。経験豊富なトレーダーにとって、米国東部標準時間の9:30から10:30AMまでの時間帯は、その日のうち最も短い時間で最大の値動きがあるため、最も良い時間帯のひとつです。

また、個々の取引所によって、異なる指数が別々の時間に取引されることも考慮する必要があります。取引に慣れていない場合は、ボラティリティが高く、急激な値動きが発生する可能性があるこの時間帯の取引を避けることを検討したほうがよいかもしれません。しかし、市場の動きを観察、分析して学習するには、理想的な時間帯でもあります。

取引に最適な時間は、市場が異なるタイムゾーンで開くときです。指数市場は為替市場のように継続的に稼働するわけではないため、最適なタイミングを選んで取引を開始すべきです。

 

指数取引の利点は?

指数は、株式市場全体の方向性を取引する機会を与えてくれます。

例えば、米国が景気後退に向かい、国内株式市場が下落すると予想する場合、多くの個別銘柄のショートポジション (売) を建てることは非効率かつ不利で、さらにコストがかかります。代わりに、ダウ・ジョーンズ30にCFDショートポジション (売) を1ロット建てることで、指数の下落から利益が発生する可能性があります

また、指数は分散投資にもなります。1つの資産クラス (外国為替など) だけを取引することには抵抗がないかもしれませんが、ボラティリティの不足などで自分戦略が機能しなくなった状況は、他の商品で戦略をテストする機会になるかもしれません。

指数は流動性が高く、短期取引にも長期取引にも適しています。

 

指数の取引方法は?

指数は、インターネット接続とコンピュータまたはスマートフォンがあれば、誰でも取引できます。指数は週5日取引可能で、少額の資金で始めることができます。ここでは、CFDを使って指数を取引する方法を、簡単に順を追って説明します:

  1. 信頼できるブローカーを選択する: 規制を受けており、市場での評判が良く、取引したい指数のをすべて提供しているブローカーを探しましょう。
  2. 取引口座を開設する: ブローカーを選択したら、取引口座を開設する必要があります。この作業は単純で無料です。信頼できるブローカーは、セキュリティと詐欺防止の一環として本人確認書類を要求します。
  3. 口座に入金する: 口座が認証されたら、取引に使用する資金を入金する必要があります。ほとんどのブローカーは、USD、EUR、GBPなどの一般的な通貨で入金を受け付けます。
  4. 取引する指数を選択する: 口座に入金されたら、取引したい指数を選択できます。人気の金融商品には、ダウ・ジョーンズ30、S&P500、DAX 40、FTSE 100などがあります。
  5. 取引戦略を決定する: 発注前は、必ず取引戦略を立てましょう。これには、投資額の決定、ストップロスとテイクプロフィット注文の設定、リスク許容度の決定が含まれます。また、取引が不利になった場合にどれだけの損失を覚悟しているかも考慮すべきです。
  6. 発注する: 取引戦略を策定したら、ようやく発注です。ここでは、投資額を決定し、取引の方向性 (買または売) を選択し、ストップロスとテイクプロフィットを設定します。
  7. 取引を監視する: 発注したら、取引が期待するパフォーマンスを上げるよう、その取引を監視しましょう。ポジションは、テイクプロフィット (Tp、利確) やストップロス (リミットロス、SL/LL、損切り) などを行うことで、いつでも決済できます。

一般的な助言になりますが、指数取引に慣れていない場合は、市場の仕組みとそれに伴うリスクについて学習することが重要です。また、取引が不利になった場合に失うことを覚悟した少額の資金で投資を始めることも、強く検討すべきです。

 

指数取引の長所

指数が初心者トレーダーや経験豊富な投資家の間で長年にわたって人気を維持している理由は、いくつかあります。長所には、次のようなものがあります:

  • 幅広い市場へのエクスポージャ: 指数を取引することで、株式や資産などのバスケットへのエクスポージャを増やして分散投資が可能なため、市場全体または特定のセクターの概要を把握できます。
  • 柔軟性: 指数取引は、取引戦略の面で柔軟性があります。ロング (買)・ショート (売) の双方が可能ということは、株価指数の下落と上昇の双方を利用できるということです。
  • 少額の必要資金: 指数取引を始めるために必要な資金は少額で、先物銘柄の取引よりもコストは低くなります。
  • 1口の取引口座でOK: 1口の取引口座があれば、ASX 200、ダウ・ジョーンズ、ハンセン、日経225、DAX 30などs、世界中の様々な指数を取引できます。
  • 分散投資: 指数取引では、複数の証券に分散投資することで、個別銘柄のパフォーマンスがポートフォリオに与える影響を軽減できます。
  • 取引のしやすさ: 指数取引により、国際市場や特定のセクターなど、直接取引が困難、またはコストが高すぎる市場で取引できます。
  • 低額の取引コスト: 個別銘柄の取引に比べ、指数取引の場合は1回の取引で幅広い銘柄に投資できるため、取引コストが低くなります。
  • レバレッジ: 先物やCFDなど、多くの指数取引商品はレバレッジを利用できるため、少額の資金で大きなポジションをコントロールできます。これにより、潜在的な利益と損失の両方が増幅されます。
  • 流動性: 主要指数は一般的に流動性が高く、市場には大勢の売り手と買い手が存在します。これにより、スリッページ (注文レートと約定レートの差) を最小限に抑えた効率的な取引が可能になります。
  • ヘッジ: 指数取引は、ポートフォリオの他の投資銘柄に対する潜在的な損失を相殺するためのヘッジとして使用できます。例えば、株式偏重のポートフォリオであれば、指数先物を取引して市場全体の下落をヘッジできます。

指数取引の短所

  • ボラティリティ: 指数取引はボラティリティが高く、急激かつ大幅な値動きのある可能性があり、非常に不安定です。このボラティリティの高さによって、市況如何で大幅な利益や損失が発生する可能性があります。
  • 取引時間の限定: 指数は通常、指数が上場されている取引所の取引時間に従って取引を行います。これは、ポジションを建てたり決済できる時間が制限される可能性があることを意味し、従来の市場での取引時間外取引、あるいは24時間365日取引可能な市場での取引を好むトレーダーにとっては、不利になる可能性があります。
  • 高いギャップリスク: 指数は24時間週5日の取引ができないため、主要市場のギャップ (前日終値と当日始値の差) は、外国為替よりも高くなります。そのため、一部のトレーダーは、市場の終了前にポジションを決済することを好みます。
  • レバレッジリスク: レバレッジは利益を拡大できますが、大きな損失の可能性も高まります。経験の浅いトレーダーは、レバレッジに関連するリスクを管理するのは難しいと感じるかもしれません。
  • コントロールの欠如: 指数は複数の株式で構成されているため、トレーダーは個々の構成銘柄のパフォーマンスをほとんどコントロールできません。指数内の個別株が例外的に好調であったとしても、指数全体への影響はごくわずかであったり、その逆であったりします。
  • ファンダメンタル分析の適用しにくさ: 指数取引は、個別株の詳細なファンダメンタル分析ではなく、多くの場合はファンダメンタル分析ではなく、多くの場合はテクニカル分析や市場動向に依存します。このため、トレーダーは、財務実績やその他の企業固有の要因に基づいて割安株や割高株を特定することが難しくなります。

 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


指標価格はどのように算出されますか?

最近では、企業の株価をドルの時価総額で測定する時価総額や、株価加重平均の公式などで、株価指数の算出が容易になりました。

この値を計算するには、企業の発行済株式数に株式の現在の時価を掛けます。この方法では、株価の高い企業ほど重みが増すため、その企業の株価変動は、その企業が属する株価指数の時価に大きな影響を与えることになります。


指数取引と株式取引の違いは何ですか?

株式取引とは、特定の企業の株式を個別の価格で取引することです。株式を購入すると、売り手から譲渡され、所有権を取得します。

指数取引とは、指数を構成する株式のバスケットを単一の金融商品として取引することです。この指数は、株式市場全体を表す指標として使用される銘柄のバスケットを追跡します (S&P 500など)。あるいは、テクノロジー企業が多く含まれる証券取引所 (NASDAQ) などの、特別なセグメントを表す指標の場合もあります。


指数取引は儲かりますか?

指数取引で利益を上げられるかどうかを判断する際に考慮すべき点は数多くありますが、成功することは可能です。当然ながら、取引の利益は、トレーダーの選択と市況に左右されます。市場が不安定なときは値動きが大きくなるため、損益が大きくなります。


取引に最も適した指数は何ですか?

年金基金に投資するような長期投資家は指数を注意深く注視していますが、短期CFDトレーダーは指数に投機する傾向があります。指数取引を始めてみたいという方には、以下のような人気の指数をお勧めします:

  • ダウ・ジョーンズ工業株平均 (US30)
  • スタンダード&プアーズ500 (S&P 500)
  • NASDAQ (コンポジット & NASDAQ 100)
  • UK FTSE 100 (FTSE 100)


指数CFD取引に利用できる最大レバレッジはどのくらいですか?

トレーダーがレバレッジを利用するのは、少額の資金でより大きな価値の取引に参加したい場合です。通常、レバレッジをかけた取引では、ブローカーからまとまった資金を借り入れることでトレーダーに実質的な資金が提供され、取引商品の売買が可能になります。標準取引口座で指数取引を行う際に利用可能な最大レバレッジは、地域によって異なります。


指数の取引戦略で最善なものは何ですか?

指数取引に最適な戦略はないため、自らの取引スタイルと目標に最も適した戦略から始めてください。ポジション取引やブレイクアウト戦略など、人気のある指数取引戦略を研究して、自分に最適なものを見つけましょう。

戦略はどうあれ、指数取引によって個別株の取引で発生するリスクと経費が低減され、値動きが小さく、より分散されたポートフォリオが実現します。主要な株価指数の多くは、国内経済と世界経済の両方を予測する信頼性の高い指標であるため、トレーダーは、効果的な指数取引戦術をとることで競争力を高めることができます。


満期前に先物を売ることはできますか?

はい、先物は満期前に売ることができます。先物銘柄を満期まで保有する必要はなく、ほとんどのトレーダーは満期前に決済します。これを行うには、契約を無効にする逆の銘柄を購入するか、保有する銘柄を売却します。


指数の証拠金とティック値について知りたいのですが?

Axiでは、株価指数取引の証拠金所要項は、0.5%と低額です。ティックサイズは、商品スケジュールに記載されているとおり変動します。

指数のティック値とは、取引所が定める相場の最小変動幅のことです。ティックサイズは、先物取引所定める 「銘柄詳細」 に記載されており、ティックビッド・アスク・スプレッド (最高買値と最安売値の差) によって流動性の高い効率的な市場を確保するために調整されています。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設