• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

外国為替取引とは何ですか、外国為替の取引方法は?

Forex /
Milan Cutkovic

外国為替取引とは何ですか?

外国為替取引とは、通貨が売買される世界市場のことです。簡単に言えば、外国為替取引とは、ある通貨を別の通貨に交換することを意味します。例えば、海外旅行に行ったときに、普段使っている通貨を訪問先の現地通貨に交換したことがあれば、それは実際の外国為替取引です!

もちろん、外国為替取引 (FX) は、単に休暇で使うお金とは異なります。実際、外国為替市場は世界で最も大規模かつ流動性の高い金融市場であり、毎日何兆ドルもの資金が動いています。国際的なビジネス決済から、海外からオンラインで商品を注文する個人まで、外国為替は、バーツから人民元まで、あらゆる国や通貨にまたがるグローバルな商取引と投資手段のひとつです。

 

外国為替市場とは何ですか?

外国為替取引市場は、物理的な市場ではなく、24時間週5日稼働する、非中央集権型の世界的なネットワークです。外国為替市場では、トレーダーは通貨ペアが互いにどれだけの価値があるかに基づいて売買を行います。

例えば、米国に住んでいて欧州に旅行する場合、米ドル (USD) を使用してユーロ (EUR) を購入します。外国為替市場では、その取引はEUR/USDというシンボルで表記されます。

外国為替市場は、物理的な管理ポイントや中央取引所を有さない非中央集権型で運営されているため、特定の個人や組織が管理することはありません。その代わり、二者間が電子取引を直接行います。これは、店頭取引 (OTC) と呼ばれています。これは、世界中の銀行、金融機関、個人間で取引が自由に行われる広大なデジタルネットワークと考えることができます。

外国為替市場における通貨価値には、インフレ、経済成長、特定の国の消費者信頼感、失業率データ、さらには住宅価格など、様々な要因が影響しています。

為替市場の動きを理解するために、外国為替経済カレンダーを参照して、ニュースリリースや経済データの発表など、イベントや相場の変化がどのように相関しているかを確認しましょう。

外国為替市場は世界中で稼働しており、取引量が最も多い時間帯が異なるタイムゾーンを跨ぎ、世界中に点在する主要な金融センター間で移動しつつ、24時間運営されています。

 

外国為替市場には、どのような種類がありますか?

取引可能なFX市場は、以下の3種類です:

  • 外国為替スポット市場: これは世界最大の市場であり、あなたも知らないうちに参加しているかもしれません。通貨を交換するために銀行に行くたびに、その人は外国為替市場に参加していることになります。
  • 外国為替先物市場: 先物取引では、特定の日時に、あらかじめ決められたサイズの通貨ペアが売買されます。この市場は世界中の先物取引所で運営されており、そこで銘柄 (この場合は通貨ペア) が取引されています。これらは法的拘束力のある銘柄取引であり、売り手は決済日まで、スポット市場で通貨相場が変動するリスクを取ることになります。
  • 外国為替先渡市場: これは、顧客と銀行の間、あるいは2行の銀行の間で取引が行われる市場です。サイズや日付が標準化された先物とは異なり、先渡銘柄はトレーダーの要件に合わせて柔軟に組み合わせることができます。

 

外国為替市場で通貨相場が変動する原因は何ですか?

社会のつながりが高度化し、経済がグローバル化した現在、外国通貨ペアを含む取引金融商品の価格は常に変動しています。

FX市場の取引量や取引は常に需要と供給の影響を受けており、他の金融市場と同様に、通貨の需要が高ければ高いほど値上がりします。しかし、通貨ペアの価格に影響を与える可能性のある要因は、他にも多くあります。例には、次のようなものがあります:

  • 中央銀行の決定: 各国の中央銀行には、各国の金利水準を設定する責任があります。外国為替取引市場では、トレーダーは一般的に、他の通貨に比べて高金利の通貨を好みます。外国為替取引を行う場合は、 「主要」 通貨ペアに関連する中央銀行 (米国連邦準備制度理事会、イングランド銀行 (BoE) 、カナダ銀行 (BoC) 、欧州中央銀行 (ECB) 、オーストラリア準備銀行 (RBA) 、日本銀行 (BoJ) 、スイス国立銀行 (SNB) 、ニュージーランド準備銀行 (RBNZ) ) を注視することをお勧めします。
  • 経済データ: 雇用者数、国内総生産 (GDP) 水準、インフレ率、企業景況感、消費者景況感のすべてが、通貨ペアの動きに影響を与える傾向があります。オンライン取引プラットフォームで経済カレンダーと市場動向を監視することで、主要な経済データのリリースに関して、常に最新情報を把握している状態を保つことができます。
  • 取引時間: 一般的に、日本/アジア時間帯の市場が開いている間は、取引量や取引活動が 「薄い」 または低調になることが一般的に知られています。取引量と取引活動は通常、英国/欧州の取引時間が始まると増加し、流動性は英国の取引終了時間と米国の取引開始時間に向けてピークに達します。ロンドンとニューヨークの時間帯は、金融の中心である両者の取引時間が重なっているため、通常は最も活発です。外国為替市場の取引時間によっては、例えば東京時間のJPYやロンドン時間のGBPなど、流動性が高くなる通貨もあります。
  • 地政学的要因: 戦争、政治危機、世界的な不安、その他の関連する出来事も、外国為替市場に影響を与える可能性があります。中には、市場の不確実性が高い期間中に暴落する通貨を尻目に、高騰する通貨もあります。

 

外国為替市場の開始時間は何時ですか?

外国為替市場は、24時間週5日体制で開いています。正式な取引時間は、日曜日の午後5時 (EST) から金曜日の午後4時 (EST) までです。ESTは、米国のニューヨーク、ボストン、アトランタ、オーランド、カナダのオタワなどの都市が位置するタイムゾーンです。

また、為替の話題になると必ず 、「UTC」 というタイムゾーンが言及されます。これは 「協定世界時」 のことで、GMTまたはグリニッジ標準時に合わせたものです。英国のロンドンは、UTCのタイムゾーンです。

「主導」市場が存在しないため、外国為替取引時間は参加国の取引開始時間に基づいています。ロンドンとニューヨークの取引時間は重複しているため、その時間帯はよく取引量が多くなります。為替レートは、ロンドン/英国時間の午後4時に次の24時間分のレートが決定されます。

 

外国為替市場はどのように規制されていますか?

180か国以上で取引が行われているにもかかわらず、外国為替市場の規制を担当する組織は一つもありません。しかし、取引の透明性を確保し、責任を明確にしておくために、世界には、外国為替取引を監督する統治機関と独立機関が50組織以上あります。

外国為替取引を監督する規制機関には、オーストラリア証券投資委員会 (ASIC) 、英国金融行動監視機構 (FCA) 、シンガポール金融管理局 (MAS) などがあります。これらの規制機関は、登録、ライセンス、監査要件など、すべての金融サービス提供者が遵守すべき基準を定めており、提供者が法令に違反していることが判明した場合には介入することができます。

このような規制当局により、外国為替トレーダーは、契約している取引サービス業者が公正かつ倫理的であることを、より高度に保証されることになります。

 

主な取引通貨ペアは何ですか?

最も知られており最も取引されている通貨ペアは、 「メジャー」 です。これは、米ドル (USD) がユーロ (EUR) 、英ポンド (GBP) 、スイスフラン (CHF) 、日本円 (JPY) 、カナダドル (CAD) 、豪ドル (AUD) 、ニュージーランドドル (NZD) の7種類のメジャー通貨のいずれかに対して取引される組み合わせです。最も人気のある通貨ペアは、EUR/USD、USD/JPY、GBP/USD、USD/CHFの4種類です。

このグループ外の通貨ペア (主にUSDを含まない通貨ペア) は、 「マイナー」 または 「エキゾチック」 と見なされます。これらは依然として価値が高く、取引量の大きなペアですが、メジャーと比較すると一般的には小さくなります。

取引には、正しい通貨ペアも正しくない通貨ペアもないことを覚えておいてください。メジャーの市場は流動性が最も高いという特徴がありますが、国や通貨に特有の経済ニュースによって市場は様々な点で変動します。その結果、このことが相場に反映されます。したがって、トレーダーは、市況全体を監視して、自分の取引スタイルと戦略に最適な取引機会を見つける習慣を身に付けるべきです。

さらにトレーダーは、市場は週7日開いているものの、すべての通貨がノンストップで取引されているわけではないことを認識する必要があります。また、祝日ポジション保持のコストを賄うための引当金も確保しておくべきです。経済カレンダーは、予定されている市場閉鎖に備えるのに役立ち、ライブスプレッドテーブルでは現在の相場の簡潔な概要を確認できます。

外国為替通貨ペアの比較: メジャー vs. マイナー vs. エキゾチック

メジャー通貨ペア

マイナー通貨ペア

エキゾチック通貨ペア

EUR/USD EUR/GBP EUR/TRY
USD/JPY EUR/JPY USD/HKD
GBP/USD GBP/JPY USD/ZAR
USD/CHF GBP/CAD JPY/NOK
USD/CAD CHF/JPY NZD/SGD
AUD/USD EUR/AUD GBP/ZAR
NZD/USD NZD/JPY AUD/MXN

 

外国為替取引とは何ですか?

外国為替取引とは、通貨を売買する行為を指します。海外旅行で外国為替取引を利用して現金を両替するように、外国為替取引では、ある通貨を買うと同時に別の通貨を売ることになります。大きな違いは、外国為替取引は特に、為替から利益を生み出そうとするために行われるということです。

すべての外国為替取引には、2種類の通貨が関係します。通貨相場が需要と供給の要因などによってオープン市場で変動すると、トレーダーは、ある通貨の価値が他の通貨に対して上昇あるいは下落する動きに対して投機することになります。トレーダーが相場の方向を正しく予測すれば、利益を得ることができます。逆に、正しく予測しない場合は損失を被ることになります。基本的に、FX取引で利益を出す図式は、安く買って高く売る、またはその逆というようにシンプルなものです。

このような多方向の利食いが可能なのは、従来の投資とは異なり、外国為替取引には原資産となる通貨の購入や所有が伴わないためです。代わりに、トレーダーは、差金決済取引 (CFD) と呼ばれる種類のデリバティブの一種を使って、相場変動にのみ投機します。CFD取引の主な利点は、相場が買値よりも上昇した場合にのみ利益を得ることができる株式や現物資産とは異なり、トレーダーが相場の下落に投機することによって利益を生み出す可能性があることです。

 

外国為替取引の仕組みは?

外国為替取引の仕組みを示す、簡単な例を見てみましょう:

ユーロ (EUR) が米ドル (USD) に対して上昇する、言い換えれば、EURの価値はUSDに対して増加すると考えたとします。

オンライン取引口座を開設し、現在の為替レート1.1000でEUR/USDの通貨ペア10000ユニットを購入することにします。CFD取引ポジションの合計サイズは以下になります:

10000EUR x 1.1000 = 11000USD

発注後、EUR/USDの為替レートが1.1200に上昇したため、取引ポジションを決済することにします。その時点で、始値と終値の為替レートの差は0.0200 (1.1200–1.1000) です。10000ユニットを取引したので、利益は次のように計算されます:

0.0200 x 10000 = 200USD

EURの価値が上がったので、200USDの利益が出ました。

しかし、為替レートが予測に反して動いた場合は、損失が発生したでしょう。例えば、EURの価格が1.1000から1.0900 (0.0100の差) に下がった場合、損失は次のように計算されます:

0.0100 x 10000 = 100USD

これらの例は、わずかな為替変動がもたらす違いを示しているので、外国為替取引を行う際は、損失が出ても構わないリスクだけを負うことが重要です。

 

外国為替の購入と取引の違いは何ですか?

  • 外国為替の購入: これは通常、ある通貨の現物を別の通貨と交換することを指します。これは現金またはデジタル形式 (例えば、通貨やクレジットカード) で行うことができますが、通常、外貨を購入するのは、現地通貨を使用して食費や宿泊費などを支払う必要がある海外旅行など、すぐに外貨を使用する必要がある場合です。
  • 外国為替取引: これは、為替変動から利益を得ることを目的として、通貨ペアの値動きに投機することです。外国為替取引は、デリバティブ商品 (CFDなど) を使用して、オンラインブローカーなどの仲介者を通じて行われます。外国為替取引では、トレーダーは通貨を現金で所有するのではなく、原通貨ペアの値動きを反映した契約を締結することになります。目的は、通貨ペアをより低い価格で購入し、より高い価格で売却する (またはその逆) ことで、利益を生み出すことです。外国為替取引は取引プラットフォーム上で電子的に行われ、ポジションは、取引戦略に応じて数秒以内に建てたり決済したりすることも、長期間保有することもできます。

 

外国為替取引の利点は?

外国為替を取引する主な利点は、通貨ペアを取引することで利益を生み出す可能性があることです。

外国為替取引は、比較的少額の資金で投資を始めることができ、レバレッジを利用することで、より大きな価値の取引に参加できる人気の方法です。さらに、外国為替取引とはCFD商品を取引することであるため、トレーダーは原資産の所有権取得に伴うコストを心配する必要はありません。つまり、FX取引では、オープン市場で原資産のリアルタイムの値動きを取引するのみです。レバレッジをかけた取引はより高い利益をもたらす可能性がある一方で、損失を増幅する可能性もあることにご注意ください。

また、24時間取引可能なFX市場は、1日の様々な時間帯に取引が可能で、利便性と柔軟性があります。取引は通常の勤務時間外に行うことができるため、すでにフルタイムまたはパートタイムで雇用されている人には特に好都合です。

 

外国為替の取引方法は?

ブローカーは、オンラインで通貨を取引できるあらゆる商品、ツール、サービスを提供しています。

取引を行うには、外国為替トレーダーは、通常ブローカーが提供する無料の取引ソフトウェアを使用して、ある通貨の他の通貨に対する相対的な価値の変化に投機します。初期投資額よりも値上がりしなければならない従来の株式とは異なり、FXトレーダーは、為替の上下変動に対して投機できるため、相場の方向性の違いで利益や損失が発生する可能性があります。

FX市場へはインターネット接続と取引口座があれば誰でも簡単にアクセスでき、市場が開いている時間帯であればいつでも、世界中のどこからでも取引を行うことができます。オンラインブローカーで外国為替取引を始めるためのお勧めの方法を、以下でご紹介します。

デモ口座は、自己資金を危険にさらさずに取引を練習するのに最適な方法です。実取引に移行する準備ができたら、取引が不利になった場合のリスクを低減するために、少額から始めましょう。

  1. ブローカーを選択する: 考慮すべき重要な点は、規制、評判、取引ツールやプラットフォーム、提供される商品の範囲、利用可能なサポートや資料です。
  2. 口座を開設する: 必要な取引条件 (例えば、Standard口座とProfessional口座の比較) に応じて口座を選択できますが、すべてのオンライン外国為替取引口座は無料で開設できます。申し込み手続きは簡単なはずですが、セキュリティと詐欺防止対策のため、評判の良いブローカーは口座開設を受け付ける前にお客様のIDを確認することにご注意ください。この手続き中に、取引プラットフォーム/ソフトウェアにアクセスできるようになるはずです。
  3. 入金する: 口座が開設されて利用できるようになったら、初回の入金を行い、取引できるようにしましょう。口座設定中に、使用する通貨の選択肢が表示されます (例:USD、EUR、GBP)。
  4. 取引する通貨ペアを選択する: 口座に資金を入金したら、どの通貨ペアを取引するかを検討しましょう。すべてのブローカーは、USD、EUR、CHF、GBP、AUD、CADなどのメジャー通貨を提供していますが、中には、マイナー通貨やエキゾチック通貨も提供しているブローカーもあります。
  5. 取引戦略を選択する: 最初の発注を行う前に、目標とその達成方法を考えることが重要です。考慮すべきことは、選択する通貨、取引サイズ、特定の取引でどれだけのリスクを覚悟しているか、ストップロス (SL、損切り) とテイクプロフィット (TP、利確) 制限をかけるかどうかなどです。テクニカル分析とファンダメンタル分析は、取引戦略を選択する際も役立ちます。
  6. 発注する: 取引戦略を決定したら、ようやく発注です。ここでは、取引する通貨ペアを確認し、投資額を決定し、取引の方向性 (買または売) を選択し、ストップロス (SL、損切り) とテイクプロフィット (TP、利確) レベルを設定します。
  7. 監視する: ポジションを建てたら、意図したとおりに動いていることを確認する必要があります。市場が自分に有利に動いていない場合は、利確や損切りなどでいつでも取引を決済できます。

 

外国為替取引におけるテクニカル分析とファンダメンタル分析

取引で使用される分析には、テクニカル分析とファンダメンタル分析の2種類があります。

  • テクニカル分析: これは、将来の相場変動を予測する可能性のあるチャートパターンを探すための、一連の手法を利用することです。テクニカル分析は、通貨ペアに関連するすべての情報がすでに「織り込み済み」であることを前提としています。よって、特定のパターンが過去に繰り返されている場合、そのパターンを認識することで、トレーダーが直近の未来を予測するのに役立つという理論です。
  • ファンダメンタル分析: FXトレーダーは、為替変動の根本的な経済的理由や政策的理由を考察するために、ファンダメンタル分析を行います。分析の背後にある主な考え方は、通貨の基礎となる経済が他国と比較してより良くなると予測される場合、その通貨の価値は上昇し、逆もまた同様であるということです。

 

外国為替取引でよく使用されるチャートは何ですか?

外国為替市場を分析する際に使用できるチャートにはいくつかの種類があるため、どのチャートを使用するかは、通常、トレーダーに必要な取引スタイルや分析の種類によって異なります。以下では、外国為替トレーダーが使用する最も一般的なチャートを3種類ご紹介します

  • ラインチャート (折れ線グラフ): ラインチャートでは、現在の市況を明確かつ簡略化して見ることができ、市場がどこに向かっているのかを大まかに見たい人に最適です。ラインチャートは、ある一定期間の終値を単純に表示したもので、通常、一定期間の値動きを表す点を結ぶ連続した曲線で表されます。
  • バーチャート (棒グラフ): バーチャートは、ラインチャートよりも詳細な情報を表示します。バーチャートは、始値 (open)、高値 (high)、安値 (low)、終値 (close) の情報を提供するため、「OHLC」チャートという略称でも知られています。
  • ローソク足チャート: ローソク足チャートは一見複雑に見えますが、実際には非常にシンプルです。ローソク足は、特定の期間内における4つの主要な価格帯を表します。この期間は通常、1分、5分、30分、1時間、毎日、毎週、毎月などに設定できます。終値がその期間の始値よりも高い場合 (すなわち、為替が上昇した)、ローソク足の本体は緑色 (または空白) になります。本体が赤色の (または黒色で塗りつぶされている) 場合、期間内に為替が下落しています。ローソク足チャートを読み、ローソク足パターンを理解する能力は、より高度な分析ツールを使用する前の第一歩です。

 

外国為替取引の長所

外国為替取引は、株式などの他の投資形態と比較した場合、大きな長所があります。長所には、次のようなものがあります:

  • 24時間取引可能: 外国為替市場は24時間稼働しているため、自分の都合に合わせて市場に出入りできます。これは、別の仕事をしながら副収入を得たいと考えている人に特に役立ちます。特に、自動で取引を実行し、手動での介入の必要性を削減できる取引ロボット (エキスパートアドバイザまたはEAとしても知られる) の助けを借りることができるのは有用です。
  • レバレッジ: 外国為替取引では、レバレッジを利用することで、比較的少額の資金でより大きな価値のポジションをコントロールできます。ただし、レバレッジは潜在的な利益と損失の両方を増加させるため、慎重に使用する必要があることは覚えておかねばなりません。
  • 高い流動性: 外国為替市場は規模が大きく流動性があるため、スリッページのリスクを抑えながら、現在の為替相場で素早く取引の発注や決済ができます。
  • 分散投資: 世界中の通貨ペアから選ぶことができるため、外国為替市場では幅広い取引を行うことができます。トレンドや市場の出来事がどうあれ、通貨は常に取引されています。
  • 市場の方向性に関係なく取引の機会が見つかる: 外国為替取引はCFDによって行われ、原商品に投資するのではなく値動きだけを取引するため、通貨ペアの相場の上昇または下落を問わず取引できます。
  • 取引のしやすさ: コンピュータやモバイル機器とインターネット接続があれば、多くの場合、外国為替取引を始めるために必要な手続きを行えます。オンラインブローカーは、使いやすい取引プラットフォーム、教育資料、デモ口座を提供しています。
  • 学習と能力開発: 外国為替取引を学ぶことは、精神的に刺激的でやりがいのある活動です。分析手法から市場力学、地政学が価格に及ぼす影響、アルゴリズムのコーディングまで、常に学ぶべきことがあります。

 

外国為替取引の短所

外国為替取引には、長所だけではなく、次のような潜在的な短所もあります:

  • ボラティリティ: 多くの外国為替トレーダーは、迅速に利益を得る可能性があるため、高いボラティリティを楽しんでいますが、欠点は、市場が非常に迅速にトレーダーに不利になる可能性があることです。これを軽減するために、ストップロス注文により損失を管理可能なサイズに制限してみましょう。
  • レバレッジをかけた取引: 必ず覚えておかなければならないのは、レバレッジは利益と損失の両方を増幅するということです。レバレッジをかけるときは、取引が不利になったらどうなるかを考えなければなりません。
  • 複雑さ: 外国為替取引の原則は単純ですが、スキルを向上させるには、経済指標、テクニカル分析ツール、取引プラットフォームの使用方法、および為替相場に影響を与える地政学的事象の理解が必要です。これを学ぶには、時間と努力が必要です。
  • 感情制御の難しさ: お金が懸かっているため、外国為替取引は強い感情、特に恐怖と欲を呼び起こすことがあります。これにより、衝動的かつ非合理的な意志決定を行う可能性があるため、感情の規律を保つことは、長期的に成功し続けるための必要条件です。

忘れてはならないのは、外国為替取引にはリスクが付き物であり、規律ある考え方、適切なリスク管理、継続的な学習を以って取り組むことが重要であるということです。最初は小さな取引サイズから始め、経験を積むにつれて徐々にエクスポージャ (値動きや他のリスクにさらされる取引や残高) を増大し、損失が出ても構わない取引だけを行いましょう。

 

外国為替の取引戦略で最善なものは何ですか?

外国為替には様々な種類があり、それぞれ方法論、リスクのレベル、スケジュールが異なります。外国為替トレーダーが選択すべき最善の戦略は、多くの場合、個々のトレーダーの目標と能力により異なります。

トレーダーが外国為替取引の仕組みについて知識を深め、市場をより深く理解するようになると、複数の包括的な戦略を複数の取引商品で同時に使用し、市況や特定の目的に応じたより包括的な取引プロファイルを構築できるようになります。

単一の戦略が毎回うまくいくとは限りませんが、以下では人気のある為替取引戦略をいくつか紹介します:

  • 短期取引: 短期取引とは、短期的な為替変動に乗じて、1日に何度も取引を行うことです。この戦略を採用するトレーダーは通常、テクニカル分析を使用し、チャート、指標、パターンを頼りに、潜在的な発注時期と決済時期を特定します。
  • デイトレード: デイトレードは、同じ取引日内に金融商品を売買する取引戦略です。短期取引とは異なり、デイトレーダーは数分から数時間という長い期間ポジションを保有することがあります。
  • スイング取引: スイング取引は、トレーダーがポジションを数日、数週間、またはそれ以上保有する長期的な戦略です。この戦略は日々の値動きによる影響を受けにくく、全体的なトレンドを重視しています。
  • ニュース取引: これは、トレーダーが大きなニュースによって引き起こされた市場の動きから利益を得ようとする戦略です。これは、中央銀行の会合や経済データの発表のような予定された出来事から、自然災害や地政学的緊張の高まりのような予期せぬ出来事まで、何でもあり得ます。
  • プライスアクション取引: プライスアクション取引は、特定の金融商品の値動きに基づいて意思決定を行うことに焦点を当てた戦略であり、テクニカル指標は補助的ツールに過ぎません。
  • トレンド取引: この戦略では、取引商品が現在の方向 (上昇または下降) に動き続けることを予測しながら、トレンドの方向によって取引機会を特定します。
  • レンジ取引: レンジトレーダーは、トレンドに依存すいるのではなく、価格が支持線と抵抗線の範囲内で推移している一定のレンジ (20pipsから数百pips) に集中している取引商品を探します。
  • ポジション取引: ポジション取引の目的は、日々もたらされる短期的情報は重要視せず、長期的なトレンドの動きから取引機会を見つけることです。この取引スタイルを利用するトレーダーは、数週間、数か月、まれに数年にわたってポジションを保有することがあります。

 

外国為替のリスク管理

世界中の多くのプロトレーダーや成功を収めているトレーダーは、リスク管理が取引を成功させるための主な要因のひとつであると考えています。ここでは、外国為替取引で長期的に成功を収める可能性を高めることを目的とした外国為替リスク管理戦略について、考慮すべき重要なことをいくつかご紹介します。

  • 自分のリスクプロファイルの把握: あなたは、大きなリスクを取るタイプですか?それとも、小さく計算されたリスクを取るタイプですか?自分自身のリスクプロファイル、つまり 「リスクに対する欲求」 を知ることは、外国為替取引を管理する上で不可欠です。自分のリスクの取り方のレベルに応じて、取引戦略を調整すべきです。
  • ポジションサイズの調整: 各取引にどれだけの金額を配分するかは、リスクエクスポージャに大きな影響を与える可能性があります。ポジションサイズが大きいほど、利益と損失の金額が大きくなります。逆もまた然りです。ポジションサイズが小さいほど取引を管理しやすくなりますが、利益と損失の金額は小さくなります。適切なポジションサイズ調整の手法を理解することは、長期的に取引資金を確保する上で大いに役立ちます。
  • ストップロス (SL、損切り): 最新の取引プラットフォームの利点のひとつは、ストップロスのレベルを設定できることです。これは、損失が拡大しないように、取引が自動的に決済されるあらかじめ決められた価格です。取引ごとにストップロスを設定することは、取引リスクを管理する上で最も単純で効果的な方法のひとつです。
  • レバレッジ: ストップロスと同様に、外国為替取引に適用するレバレッジのレベルを事前に設定したり変更したりできます。レバレッジを利用すると、少額の資金で大きな取引ポジションを建てて利益を拡大できますが、損失も拡大することに注意する必要があります。
  • 取引心理: 自分のリスクプロファイルを知ることと同様に、自分の取引心理を知ることも重要です。これは、市場で大きな利益を得たり損失を被った場合に、自分の間違いを認めることを意味します。損失を被った後、資金を取り戻そうとして過剰な取引をしましたか?勝ち続けていたにも関わらず、自信過剰になって好ましくない取引をしてしまいましたか?自分の心理を知り、様々な市況にどう対処するかを理解すれば、様々な状況に備えることができます。
  • 1%ルール: 経験豊富なトレーダーの中には、取引資金の1%以上のリスクを取らないという経験則に従う人もいます。これは、予期せぬ損失が発生しても口座資金を全額失わず、取引を継続できるため、特に役立ちます。

 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


外国為替取引にはリスクがありますか?

どんな形態の取引にも言えますが、外国為替取引にもリスクは付き物です。外国為替市場のボラティリティは大幅な値動きにつながる可能性があり、その結果、潜在的な損益が生じる可能性があります。トレーダーは、しっかりとした取引戦略を立て、適切なリスク管理手法に従い、手堅い取引を行い、金融市場と市況について深く理解することによって、リスクを軽減できます。


外国為替には、どんなブローカーがありますか?

個人トレーダーは、ブローカー経由で外国為替市場で取引を行います。ブローカーは、トレーダーが取引を円滑に行えるよう、流動性、取引プラットフォーム、サポートなどを提供するビジネスです。一般的に、ブローカーには主に以下のような3つのタイプがあります:

  • マーケットメーカーは、個人トレーダーの取引相手としての役割を果たします。この場合、トレーダーの損失はブローカーの利益となり、その逆も同様です。
  • 電子通信ネットワーク (ECN) は、ECNの流動性 「プール」 に価格フィードを提供する主要銀行や金融機関によって使用されています。ブローカーはこのECNプールにアクセスし、最良の買値と売値を伝えて価格を提示するため、トレーダーにとっては低スプレッドになることが多くなります。
  • ストレート・スルー・プロセッシング (STP) ブローカーは、トレーダーと流動性供給業者を結びつけることで、ECNブローカーと同様に機能します。主な違いは、STPブローカーが流動性供給業者と個別に繋がっていることです。


外国為替取引を始めるには、多額の資金が必要ですか?

いいえ、外国為替取引を始めるために多額の投資は必要ありません。わずか10USDから取引を始めることができます。ただし、一部のプラットフォームではより多額の資金が必要で、最低500USDが必要な場合もあります。 

少額で取引を始めることができるのは、レバレッジを利用して初期投資を増額できるためです。レバレッジは、小さなポジションを取り、より大きな総額のポジションへのエクスポージャを得るために利用できます。ただし、レバレッジは小さな投資から大きな利益を得る可能性を高める一方で、大きな損失を被る可能性も高めることに注意する必要があります。レバレッジを高くすればするほどリスクは高くなりますが、最終的に取引する金額はトレーダー次第です。 


外国為替トレーダーは、いくら稼げますか?

技術的には外国為替市場で稼げる金額に制限はありませんが、現実にはすべての取引で稼げるわけではありません。誰も、市場がどのように動くかを常に予測することはできません。  

外国為替取引には、経済の見通しやトレーダーの感情から、従う戦略やリスクへの対処方法まで多岐にわたるため、個人がどれだけの利益を上げる (または損失を被る) かを述べることは不可能です。 

外国為替から利益を得る可能性は、より多くの取引を行い、通貨変動の仕組みについてより多くのことを学ぶにつれて高まります。さらに、学ぶことで、将来的な収益目標と達成可能な収益目標をより明確にできます。 


フルタイムの仕事をしながら、パートタイムで外国為替取引はできますか?

はい、外国為替取引には柔軟性があり、フルタイムの仕事を含め、他の仕事と並行してパートタイムで行うことができます。外国為替市場は24時間週5日稼働しているため、ほとんどのトレーダーは自分のスケジュールに合わせて好きな時間に取引できます。最新の取引アプリや取引管理ツールを使用すると、自分の都合に合わせて分析を容易に行うことができますが、取引分析、監視、市場の更新、その他の重要な責任を果たすために十分な時間を考慮する必要があります。 


外国為替取引で成功するには、どの程度時間がかかりますか?

外国為替トレーダーとして成功するまでにかかる時間は、人によって異なります。その要因には、個人の学習への取り組み、取引の知識と経験、取引戦略の有効性、取引目標の達成にどれだけの時間を割けるかなどがあります。取引の成功とは長期的な訓練であり、継続的な練習、学習、市況への適応が必要です。失敗から学べることも、長期的な成功に寄与する重要な要素です。  


基準通貨と見積通貨とは何ですか?

すべての通貨には、独自の3桁の通貨コード (例: 英ポンドはGBP、米ドルはUSD) があります。外国為替取引では、通貨ペアと呼ばれる2種類の通貨を取引します。1番目の通貨の価格は、2番目の通貨で表されます。  

取引する2種類の通貨を決定したら、基準 (最初の) 通貨の1単位を購入するために必要である、見積 (2番目の) 通貨の金額を計算します。 

例えば、現在の相場で1オーストラリアドル (AUD) が1.04シンガポールドル (SGD) に等しいとします。この場合、取引はAUD/SGDとして表され、AUDが基本通貨、SGDが見積通貨です。  


外国為替取引を学ぶには、どうすればよいですか?

多くのトレーダーは、独学、実践、継続的な学習を組み合わせて、外国為替取引に必要なスキルを習得しています。外国為替取引の基礎と市場の機能を学習するには、チュートリアル、ウェビナー、動画、ハウツー記事、分析ツールなどの教材・資料を利用できます。このような教材・資料の多くは無料で提供されており、市場分析、取引技術、リスク管理、取引心理学などの専門分野をより深く研究するための出発点として利用できます。 

教材・資料に加えて、トレーダーはリスクのない環境で仮想通貨で取引できる、無料のデモ口座での練習で学ぶことができます。取引プラットフォームでは、実際の資金を失うリスクを排除しながら、プラットフォームに慣れ、様々な取引戦略を検討し、他の場所で得た知識やスキルを活用できます。 


外国為替取引のpipsとは何ですか?

「Percentage in Points (ポイント表示での割合)」 の略である 「pips (ピップ)」 は、通貨の価値の変化を小数点第4位までで表したものです。例えば、SGDが0.9630USDで評価され、2pips上昇した場合、SGDはAUDに対して0.9632USDで評価されます。pipsの詳細については、こちらを参照してください。


外国為替取引のロットとは何ですか?

外国為替取引における 「ロット」 とは、基準通貨の単位数を指します。標準ロットは、外国為替取引ペアの基準通貨の100000単位に相当します。また、ミニ、マイクロ、ナノロット (それぞれ10000、1000、100単位) でも取引できます。例えば、AUDで標準ロットを取引すると、取引額は100000AUDになります。

  • ロット = 100000通貨単位
  • ミニロット = 10000通貨単位
  • マイクロロット = 1000通貨単位
  • ナノロット = 100通貨単位


外国為替取引のレバレッジとは何ですか?

外国為替取引でレバレッジを利用することで、取引口座の金額よりも多い金額の取引を行うことができます。例えば、レバレッジ比率が5:1であれば、残高の5倍で取引できることを意味します。例えば、残高が1000USDの、トレーダーは合計5000USDの取引を行えます。 

レバレッジは、リターンを最大化すると同時に、損失を増幅する可能性があります。最終的に、どの取引でどれだけのレバレッジを使用するかを決めるのは自分であり、使用するレバレッジのレべルは、発注前に調整可能です。 

レバレッジをかけて取引する場合は、適用される証拠金所要項にご注意ください。残高が証拠金所要項 (必要証拠金) を下回ると、損失を出したままポジションが自動的に決済されます。 


外国為替取引の証拠金とは何ですか?

証拠金は、レバレッジ取引の実質的な頭金です。住宅ローンで家を購入するようなもので、購入するためには総額の何割かを頭金にする必要があります。  

外国為替取引でレバレッジを利用するには、数パーセントの証拠金を準備する必要があります。例えば、1000ドルUSDの証拠金を入金することに同意した場合、FXブローカーは10:1のレバレッジを提示することがあります。そのため、100000ユニットの標準ロットを取引する場合、自己資金の10%のみを使用して取引を行うことができます。 

この場合、トレーダーは取引を行う前に証拠金口座に入金する必要があります。 


外国為替取引において、スプレッドとは何ですか?

外国為替における 「スプレッド」 とは、各通貨ペアの買値 (bid) と売値 (ask) に組み込まれた少額の手数料のことで、 「マークアップ」 とも呼ばれます。 

取引プラットフォームで取引を行う場合は、個別の買値と売値が表示されます。スプレッドは、買値 (bid) から売値 (ask) を差し引くだけで計算できます。両者の差は、通常かなり少額です。例えば、ある通貨ペアの売値が1.1529で、買値が1.1523の場合があります。すなわち、スプレッドは6pips、つまり0.0006ということになります。トレーダーは、スプレッドが最も狭いブローカーを好みます。  


外国為替において、ロングポジションとショートポジションの違いは何ですか?

「ロングポジションを建てる」とは、為替上昇を見込んで、その通貨ペアを購入することを意味します。通貨ペアをについて「ショートポジションを建てる」 とは、為替上昇を見込んで、その通貨ペアを売却することを意味します。 


ストップロス注文とテイクプロフィット注文とは何ですか?

外国為替相場は変動する性質を有するため、取引が不利になるリスクが内在しています。そのリスクを減らし、資本を保護するために、トレーダーがよく使う2種類の重要な手法があります。

  • ストップロス (SL、損切り) とは、取引を自動的に決済するための、あらかじめ決めた閾値のことです。これは、トレーダーが発注時に設定する閾値で、許容範囲を超える損失を回避するのに役立ちます。
  • テイクプロフィット (TP、利確) 注文は、損失を防ぐのではなく、あらかじめ設定した目標を達成した後に利益を確定することを目的としています。早めに利益を確定することでそれ以上の利益を得ることはできないでしょうが、自分の許容レベルに達すれば利益を確定できます。


指値注文とは何ですか?

外国為替市場において、 「指値」 注文は、特定の相場またはより得な相場での売買を指定します。  

例えば、「買い指値」を指定して、特定の相場以下でのみ買うことができます。「売り指値」では、特定の相場以上で売るように指定できます。プラットフォーム上でこれらの相場に達すると、注文が自動的に約定されます。 


外国為替取引において、ギャップとは何ですか?

外国為替市場は週7日開いているわけではありませんが、取引が停止している2日間に為替が変動することがあります。通常は、通貨価値に大きな影響を与える経済的または環境的出来事が原因となり、突発的な為替変動も発生し得ます。 

通常取引では、このような 「ギャップ (前日終値と当日始値の差)」 の中で通貨価値が上下する可能性があるため、トレーダーの中には、このような出来事を利用することを目的とした戦略を立てる人もいます。 


スワップレートとは何ですか?

外国為替では、 「スワップレート」 はロールオーバーレートとも呼ばれます。これは、夜間の保有ポジションに加算または減算した金額です。 

スワップレートは、主に現在の金利に関連するいくつかの要因に基づいて変動します。 

デイトレーダーはスワップレートをそれほど気にする必要はありませんが、利益の面で有利になったり不利になったりする可能性があるため、長期的戦略を使う場合は考慮すべきコストです。 


安全通貨とは何ですか?

外国為替市場には、 「安全」 通貨として非公式に知られている少数の通貨グループがあります。これには、日本円 (JPY) 、ポンド (GBP) 、米ドル (USD) 、ユーロ (EUR) 、スイスフラン (CHF) が含まれます。  

これらは、歴史的に安定しており、不安定な市況の中で他の通貨と比較して価値を維持する可能性が最も高いため、 「安全」 と考えられています。安全資産として知られるゴールドと同様に、特に市場のボラティリティが高い場合において、このグループの通貨は多額の取引が行われます。同様に、ボラティリティが特に高い外国為替通貨ペアの中には、トレーダーがチャンスを見込み頻繁に取引を行うペアもあります。 


大きな外国為替ニュースが発表されるタイミングを知るには、どうすればよいですか?

オンライン経済カレンダーは、市場全体または個々の通貨の動きに影響を及ぼす可能性のある、世界中の予定された経済イベントを監視するために使用できます。優れた経済カレンダーには、インフレ率、雇用統計、金利発表、小売売上高報告、輸出統計、GDP成長率などのニュースが含まれます。 


外国為替取引で経済カレンダーが重要なのはなぜですか?

世界中の経済は絶えず変化しており、政府の変化、貿易協定、資源、消費者信頼感、紛争などの要因によって影響を受けています。カナダの失業者数の発表や英国の最新の住宅ローン申請件数などの事象は、外国為替市場に影響を与える可能性があります。米国大統領の演説は、オーストラリアの不動産価格の変化と同様に、外国為替レートに影響を与える可能性があります。 

主要な発表を事前に知っておくことは、特定の通貨ペアがどのように動くかを知る手がかりになるため、トレーダーとして成功するのに役立ちます。   


オンライン外国為替取引には、どんなソフトウェアを利用できますか?

オンラインブローカーにサインアップすると、オンライン外国為替取引に必要なツールやソフトウェアを利用できるようになります。 

MetaTrader 4 (MT4) は世界で最も人気のある取引プラットフォームで、ライブ価格チャート、価格アラート、カスタムインジケータ、分析ツールなどの機能を提供しています。MT4アプリは、ほとんどの主要なモバイルデバイスで利用可能で、ユーザーはどこにいてもリアルタイムで市場の最新情報を得ることができます。  

また、MT4の開発元であるMetaQuotesが開発したMQL4プログラミング言語を使用して、エキスパートアドバイザ (別名「取引ロボット」) 、カスタムインジケータ、スクリプトを開発することもできます。  

MT4は幅広い機能を備えているため、初心者から上級者まで幅広いトレーダーに適しています。 



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設