• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

コモディティ取引とは何ですか、コモディティの取引方法は?

Commodities /
Milan Cutkovic

コモディティとは何ですか?

コモディティとは、オープン市場で売買できる原材料や農産物のことです。

コモディティは、ソフトコモディティとハードコモディティに分類されます。ソフトコモディティとは、カカオ、コーヒー、砂糖、小麦、綿花、大豆などの農産物のことです。ハードコモディティとは地中から採掘されるコモディティのことで、貴金属 (ゴールド、シルバー、パラジウム、鉄鉱石、銅) やエネルギー商品 (原油、天然ガス、ウラン) などがあります。

コモディティの価格は、他の商品や生産物の価格と同様に、需要と供給によって決まります。しかし、様々なコモディティの価格を左右する独自の要因があります。例えば、農産物は気象条件 (干ばつ、豪雨、自然災害) に大きく影響されます。

原油などの他の商品は、主要産油国での紛争や戦争などの地政学的要因によって、価格が大きく変動する場合があります。原油価格は、世界の主要産油国で構成されるカルテルである、OPECの決定にも大きく影響されます。

コモディティは、様々な商品 (例えば、リチウムは携帯電話の製造に使用されています) の主要な構成要素としての役割を果たし、品質と量が標準化されているため、取引が容易になります。

 

コモディティ市場とは何ですか?

コモディティ市場とは、買い手と投資家が (ハードおよびソフト) コモディティ商品をを売買するために集まる場所のことです。

コモディティは、以下の2種類の市場で取引されています:

  • 現物市場とも呼ばれるスポットコモディティ市場は、商品が即納で売買される市場です。
  • デリバティブコモディティ市場は、様々なコモディティから副次的に発生する金融商品が先物、先渡、オプション取引の形で取引される中央集中型の取引所です。

主な商品取引所:

  • シカゴ・マーカンタイル取引所 (CME) は、1898年にシカゴ・バター・エッグ取引所として設立されました。この取引所はその後、世界で最も重要な金融取引所のひとつに発展を遂げました。この取引所は、コモディティのほか、金利、株式、通貨先物取引も専門としています。CMEの取引高の90%以上は電子取引で行われていますが、同取引所では依然として、取引所のトレーダーがコールアウトにより注文する、オープン・アウトクライ・ベースの取引も行われています。
  • 東京商品取引所 (TOCOM) は、日本最大のコモディティ先物取引所であり、アジア最大級のコモディティ先物取引所です。この取引所は、合併により1984年に設立されました。TOCOMでは、貴金属、原油からソフトコモディティまで、様々な商品の先物取引を行うことができます。
  • ロンドン金属取引所 (LME) は、金属商品の最も重要な先物取引所です。ここでは、アルミニウム、銅、亜鉛、ニッケル、鉛、錫などの金融デリバティブ取引を行うことができます。取引のほとんどは電子的に行われていますが、欧州では唯一、現場でオープン・アウトクライ取引が行われる現物取引所です。
  • ニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX) は、ニューヨーク市に本拠を置く大手先物取引所で、CMEグループが所有しています。この取引所は、石炭、電気、原油、灯油、天然ガス、プロパンなどのエネルギー商品を専門としています。

 

コモディティ取引とは何ですか?

コモディティを取引するときは、ゴールドや原油などの生の現物資産の値動きに投機することになります。多くの要因、特に需要と供給が市場価格に影響を与えます。

市場参加者とその目標を理解することは、コモディティ取引とは何たるかを理解する第一歩です。

世界中で何百万ものトレーダーや企業が様々な目的を持ってコモディティ取引を行っていますが、彼らは、大まかに以下の2種類のカテゴリに分類されます: ヘッジャーと投機家。

1.ヘッジャー

ヘッジャーとは、現物市場やデリバティブ市場で取引を行う個人や企業のことです。ほとんどのヘッジャーは、コモディティ生産者、卸売業者、工業製品の小売業者です。共通しているのは、コモディティの値動きによる影響を受けるということです。

このリスクを軽減するために、彼らは先物などの金融デリバティブを利用しています。彼らの目的は投機から利益を得ることではなく、むしろ自らが扱うコモディティの値動きによって引き起こされる負の結果を避けることです。

大量に収穫したトウモロコシを貯蔵している農家を想像してみてください。トウモロコシを売る頃には、その価格が上下している可能性があります。こうした値動きから身を守るため、農家は先物取引所でトウモロコシを売る場合があります。価格が下がれば、現物のトウモロコシの売却益は減少しますが、先物市場でのポジションから得られる利益がそれを相殺します。価格が上昇すれば、先物のポジションは損失となりますが、現物のトウモロコシの販売でより多くの利益を得ることができます。

その結果、ヘッジャーは先物市場から積極的に利益を得ようとはしません。その代わりに、不利な値動きから身を守ることを目標にします。

2.投機家

投機家には、貯蓄を運用する個人トレーダーから数十億ドル規模のヘッジファンドを扱うトレーダーまで、あらゆる人たちがいます。値動きを予測して利益を得るという点では、共通しています。投機家は、その取引が流動性を高め、市場の効率性を向上させるため、重要な市場参加者です。

コモディティの値動きの原因は何ですか?

  • 需要と供給: 市場の基本的なルールは、需要が高まるとコモディティの価格も上昇するというものです。これは、所得と人口、コモディティの生産コスト、政府と生産者組織の行動に関連しています。
  • コモディティの生産: コモディティの生産は、天候や作物の状態、耕作地、貿易上の制約、補助金、税金などの自然要因や、労働形態、農具や技術の開発などの栽培関連要因の影響を受けます。
  • 生産コスト: コモディティの生産コストには、原材料、労働力、研究開発、保険、ライセンス料、税金などが含まれます。生産コストの上昇は、生産されるコモディティの価格に直接影響します。
  • 経済成長: 国の繁栄は、その国の人口の購買力を示します。この影響は、主要なコモディティ生産国や消費国ほど顕著です。経済成長、都市化の進行に合わせて、人々は通常、より多くのコモディティを消費します。

 

コモディティ取引の仕組みは?

コモディティ取引は、差金決済取引 (CFD) と呼ばれる方法で行われます。CFD取引は、買い手と売り手の間で、設定された価格と時間で取引を完了するための合意に過ぎません。

CFDは、原資産 (例えば、金の延べ棒) の所有権を与えるわけではありません。代わりに、原資産のリアルタイムの値動きに基づく 「先物銘柄」 を取引します。その結果、ゴールドの購入価格が上昇すれば、取引価格も上昇します。

トレーダーは、高値に転じる考えた場合は 「買」 ポジションを、低値に転じると考えた場合は 「売」 ポジションを建てます。

コモディティ現物CFD、先物CFD、スポットCFDの違いは何ですか?

現物取引、先物取引、スポットコモディティCFD取引の主な違いは、価格設定モデルです。

  • コモディティ現物CFD: 現物コモディティは、支払いと引き換えに引き渡される有形のコモディティです。現物コモディティの銘柄には、当該コモディティの正確な量、引渡し日、および価格が指定されます。企業は、使用する予定のコモディティについて特定の価格に投機し、その後、現物コモディティの銘柄を取引します。
  • コモディティ先物CFD: コモディティの先物価格は、将来の取引のためにあらかじめ設定された価格です。この 「先物価格」 は、コモディティの現在のスポット価格に引渡し前の期間の保管または輸送コストを加えたものです。金利、保険料、その他の付随コストはすべて、保管料または輸送料に含まれています。
  • コモディティスポットCFD: コモディティのスポット価格とは、当該コモディティを即時に (その場で) 購入し、支払い、受け渡しをするための現在の相場のことです。

 

コモディティ取引の利点は?

投資家とトレーダーがコモディティを取引する理由は、それぞれ異なります。より高いリターンにつながる可能性のある特定のコモディティの、高いボラティリティに魅力を感じている人もいます。しかし、高いリターンの可能性には、常に高いリスクが伴います。

他の市場参加者は、コモディティをインフレに対するヘッジと見なしています。ゴールドは、投資家がインフレ上昇から身を守るために利用する最も人気のあるコモディティのひとつです。

コモディティは、分散投資にも役立ちます。主に株式と債券に投資している投資家は、2種類の資産クラスへのエクスポージャ (値動きや他のリスクにさらされる取引や残高) を減らすために、ポートフォリオにコモディティを追加することを望むかもしれません。トレーダーは、視野を広げたり、様々なコモディティで戦略をテストしたりするために、取引商品のリストに原油、ゴールド、銅を追加することを検討するかもしれません。これは、取引している主な資産クラスのボラティリティが低い場合や、自分の取引戦略に不利な市場環境にある場合に役立ちます。

 

コモディティの取引方法は?

コモディティ市場は、インターネット接続とパソコンやスマートフォンがあれば誰でも取引でき、限られた資金でも始めることができます。ここでは、CFDを使ってコモディティを取引する方法を、簡単に順を追って説明します:

  1. 信頼できるブローカーを選択する: 規制を受けており、市場での評判が良く、取引したいコモディティのをすべて提供しているブローカーを探しましょう。
  2. 取引口座を開設する: ブローカーを選択したら、取引口座を開設する必要があります。この作業は単純で無料です。信頼できるブローカーは、セキュリティと詐欺防止の一環として本人確認書類を要求します。
  3. 口座に入金する: 口座が認証されたら、取引を始めるために入金します。ほとんどのブローカーは、USD、EUR、GBPなどの一般的な通貨で入金を受け付けます。
  4. 取引するコモディティCFDを選択する: 取引するコモディティCFDを選択します。一般的な金融商品には、原油、ゴールド、銅、天然ガスなどがあります。
  5. 取引戦略を考える: これには、投資額の決定、ストップロスとテイクプロフィット注文の設定、リスク許容度の決定が含まれます。また、取引が不利になった場合にどれだけの損失を覚悟しているかも考慮すべきです。
  6. 発注する: ここでは、投資額を決定し、取引の方向性 (買または売) を選択し、ストップロスとテイクプロフィットを設定します。
  7. 取引を監視する: 発注したら、損失を抑えて利益を守るために、そのパフォーマンスを注意深く観察してください。

コモディティ取引に慣れていない場合は、市場の仕組みとそれに伴うリスクについて学習することが重要です。また、取引が不利になった場合に失うことを覚悟した少額の資金で投資を始めることも、考慮に入れるべきです。

 

コモディティ取引の長所は何ですか?

コモディティは、世界で最も取引されている商品のひとつです。以下で理由を説明します:

  • 流動性: コモディティのデリバティブ市場は、マーケットメーカー、投機家、ヘッジャー、企業などで構成されており、流動性の高い市場です。これは、トレーダーが売買したいときに、簡単にポジションを建てたり決済できるということです。それはまた、市場がよりオープンで透明性が高く、金融商品の取引コストが流動性の低い市場よりも安く、簡単に操作できないことを意味します。

    他よりも流動性の高いコモディティもあります。例えば、ゴールドと原油は世界で最も取引されている金融商品のひとつです。一方、トウモロコシや大豆のようなコモディティは流動性が低く、値動きが不規則になる場合があります。
  • 低額な必要証拠金: 先物取引を開始するための必要証拠金は、当該銘柄の総額の5%から10%程度です。必要証拠金が少なければ、トレーダーは証拠金として使用される資本金を少なくして、より大きなポジションを管理することができます。
  • ヘッジをかけた取引が可能: 現物コモディティへのエクスポージャを有する市場参加者は、デリバティブ市場での取引によってリスクを軽減しようとするかもしれません。彼らの目標は、自らのポジションから利益を得ることよりも、不利な値動きから身を守ることです。
  • ポートフォリオの分散が可能: 株式など特定の資産クラスに偏りすぎていると感じている投資家は、ポートフォリオを分散させるためにコモディティ分野への投資を選択できます。これは、以下により可能です:
  1. ゴールド、原油、その他のコモディティを対象とした上場投資信託 (ETF)
  2. ゴールド、原油、その他のコモディティを対象とした先物ポジション
  3. コモディティ生産会社の株式 (大手金鉱会社のような専門的な会社、多角的に生産を行う会社のいずれか)
  4. 商品先物取引を対象としたCFDポジション
  • インフレから身を守る: コモディティは、インフレ時に高値に転じる傾向があります。ゴールドは最も有名なインフレに対するヘッジのひとつで、インフレ率が上昇すると投資家の需要が急増する傾向があります。

 

コモディティ取引のリスクは何ですか?

  • ボラティリティ: コモディティは、値動きの大きい商品です。ボラティリティは取引の機会を増大することにつながりますが、リスクも大きくります。
  • 予期せぬ出来事: コモディティの価格に影響を与える可能性のある重大な出来事 (地政学的不安定や自然災害など) は、突然発生することが多く、トレーダーは油断しています。このリスクを完全に回避することはできませんが、トレーダーはストップロス注文を使用して損失を制限できます。
  • 市場での経験不足: コモディティ取引の初心者は、取引可能な商品とその特徴、価格に影響を与える要因を調査すべきです。初心者は、ゴールドや原油など、流動性の高い商品の取引から始める方が有益かもしれません。砂糖や大豆などの流動性の低い商品は、値動きが不規則で情報が少ない傾向があります。

 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


コモディティスポット価格とは何ですか?

コモディティのスポット価格とは、即納および即時配送 ( 「オン・ザ・スポット、その場」 ) での現地現物価格のことです。スポット市場の取引は、数日以内に決済されます。


コモディティ先物価格とは何ですか?

コモディティ先物価格とは、将来の取引のためのあらかじめ決められた価格に関する合意のことです。これは、そのコモディティの現在のスポット価格に、引渡しまでの間の保管または輸送にかかるコストを加算して算出されます。これには、金利、保険、その他の付随コストが含まれます。


コモディティ取引は、初心者に向いていますか?

コモディティ取引は、その利便性と柔軟性から、初心者にとって優れた選択肢となり得ます。オンラインコモディティ取引プラットフォームは、シンプルで直感的に使用できます。投資家は、ライブ相場、チャート、先物ニュース、研究・取引施設、さらにはAIと自動化によるオンライン支援などのリソースを利用できます。

Axiは、すべての新規トレーダーが賢明な決断を下し、有益なトレーダーになるために不可欠なツールと知識をご提供しています。コモディティの取引方法については、当社のコース、動画、ガイドをご参照ください。


コモディティの取引を始めるには、どの程度の資金が必要ですか?

取引開始に必要な金額は、最低入金額と最初の証拠金の2つの要素によって決まります。

最低入金額は、取引口座を開設するために必要な資金の額です。

最初の証拠金は、約定し、ポジションを保持しておくために必要な金額です。Axiでコモディティを取引する場合、必要証拠金率は5%から10%の範囲です。


コモディティの取引に利用できる最大レバレッジはどのくらいですか?

レバレッジにより、トレーダーは取引額のほんの一部を証拠金として提供するだけで、特定のコモディティのポジションを建てることができます。トレーダーが利用できる最大レバレッジは、居住地域とその地域の取引を規制する個別の法規制によって異なります。これらのレバレッジ比率は、潜在的な利益と損失の両方を増幅するため、トレーダーは慎重にリスクを管理し、責任を持ってレバレッジを利用することが重要です。ご自分のブローカーの商品スケジュールを確認し、利用可能な最大レバレッジをご確認ください。


コモディティは、リスクの高い投資ですか?

コモディティの取引におけるリスクは、市場の需給力学に起因します。コモディティの価格は、気象パターンから伝染病や自然災害に至るまで、あらゆるものに影響される可能性があるため、市場動向は予測不可能です。このことを、リスク管理に織り込む必要があります。


Axiでは、どのようなコモディティCFDを取り扱っていますか?

Axiで取引可能なコモディティ現物CFD、コモディティ先物CFD、および地金スポットCFDの完全なリストについては、当社の商品スケジュールをご覧ください。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設