• /int
  • /eu
  • /uk
  • /au
  • http://www.axi.group/ar-ae
  • http://www.axi.group/en-ae
  • http://www.global-edge.info/cn
  • /es-mx
  • /fr-ma
  • http://www.edge-cn.co/id
  • /it-ch
  • /kr
  • /pt
  • /th
  • /tw
  • https://www.edge-cn.co/vn
  • /zh-au
  • /jp
  • /za
  • http://www.solarisih.com/vu
  • http://www.global-edge.info/chn
Form not found

CFD取引とは何ですか、CFDの取引方法は?

Education /
Milan Cutkovic
CFD Trading Guide

CFDとは何ですか?

CFDとは、Contract for Differenceの略称で、差金決済取引のことを言います。CFDは金融派生商品の一種で、トレーダーは実際の原資産を所有することなく、株式、コモディティ、通貨、指数など様々な原資産の値動きに投機できます。

 

CFD市場とは何ですか?

様々な商品や資産を差金決済取引できる市場のことです。この市場におけるCFDの主な種類には、次のようなものがあります: 

  • 外国為替: 外国為替は「FX」とも呼ばれ、「外国為替取引」はメジャー、マイナー、エキゾチック通貨ペアを売買することを意味します。メジャー外国為替通貨ペアには、EUR/USD (ユーロ/米ドル)、GBP/USD (英ポンド/米ドル)、USD/JPY (米ドル/日本円)、AUD/USD (豪ドル/米ドル)、USD/CAD (米ドル/カナダドル)、USD/CHF (米ドル/スイスフラン) などがあり、米ドル (USD) が含まれます。マイナー通貨ペアには、EUR/GBP (ユーロ/英ポンド)、GBP/JPY (英ポンド/日本円)、GBP/CAD (英ポンド/カナダドル)、CHF/JPY (スイスフラン/日本円)、EUR/AUD (ユーロ/豪ドル)、NZD/JPY (ニュージーランドドル/日本円) などがあります。エキゾチック通貨ペアには、AUD/SEK (豪ドル/スウェーデンクローナ)、CAD/SGD (カナダドル/シンガポールドル)、GBP/CZK (英ポンド/チェココルナ)など、8のメジャー通貨と発展途上国や新興国の通貨の組み合わせがあります。
  • 株式: 株式市場とは、投資家が上場企業の株式を売買できる場所のことです。世界最大かつ最も人気のある株式市場は米国株式市場で、NYSE (ニューヨーク証券取引所) 、ナスダック (NASDAQ)、アメックス (AMEX) などの証券取引所に上場する4000社以上の企業で構成されています。CFDを利用すると、成長株 (将来性が高いと考えられる銘柄) や割安株 (実際の価値を下回って取引されていると考えられる銘柄) など、幅広い銘柄を取引できます。人気の成長株には、FAANGと呼ばれる、以下の米国のテクノロジー大手企業が含まれます: Facebook (META)、Amazon (AMZN)、Apple (AAPPL)、Netflix (NFLX)、Alphabet (GOOG)。
  • 指数: 指数とは、個別銘柄でありながら関連性のある銘柄を集めた「バスケット」のことです。例えば、S&P 500指数は、米国の証券取引所に上場する大企業500社の総合的な株価を表しており、NDXT (NASDAQ-100テクノロジーセクター指数) は、大手テクノロジー企業100社の株価を測定しています。指数は通常、FTSE Group、DeutscheBörse、Standard&Poor'sなどの独立機関によって格付けされます。最も人気のある指数には、S&P 500、Dow Jones、NYSE、NASDAQ、FTSE 100などがあります。
  • コモディティ: コモディティとは、他の商品の生産に使用される一般的な原材料や、公開市場で取引される商品のことです。コモディティは、ソフトコモディティとハードコモディティに分類されます。コーヒーやココアのような農産物はソフトコモディティ、ゴールドやシルバーのような貴金属、天然ガスや原油のようなエネルギーはハードコモディティと呼ばれます。
  • 暗号通貨: ビットコイン、イーサリアム、ライトコインンなどの暗号通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる分散型ピアツーピアネットワークを利用した、比較的新しい形態のデジタル通貨です。中央銀行が発行する従来の通貨とは異なり、暗号通貨は通常、政府や金融機関の監督を受けず、取引に金融仲介業者を必要としません。その代わり、暗号通貨ネットワークは、取引の検証と確認を行うネットワーク参加者によって管理されます。
  • 新規株式公開 (IPO): IPOとは、非上場企業が株式を初めて公開し、証券取引所を通じて潜在的な投資家に株式を公開するプロセスのことです。CFDでIPOを取引する場合、株価の動きに合わせてロング (買) またはショート (売) ポジションを建てます。つまり、自分の戦略とIPOの予想結果に応じて、IPO株のショートポジションを建てる (売) ことができるということです。

 

CFD取引とは何ですか?

CFD取引では、ブローカーと契約を締結し、原資産の始値と終値の差額を交換します。資産の相場 (例えば、外国為替、株式、コモディティ) が上昇すると考える場合はロング (買) 、下落すると考える場合はショート (売) です。損益は、公開市場における資産の値動きの差によって決定されます。

 

CFD取引の仕組みは?

CFD取引では、原資産の所有権を取得することなく、金融商品の値動きに投機できます。資産の相場が自分のCFD取引と同じ方向に動けば、利益を上げることができます。

CFD取引では、 「買」 値と 「売」 値の2つの値を見る必要があります。値が上昇あるいは下落、どちらに転ぶかの予想によって、取るべき行動は変わってきます。

  • ロングポジション: ロングポジションは、トレーダーがBUY (買) 取引を行った場合に建てられます。この場合、トレーダーは資産価値が時間とともに上昇すると予想しているということです。トレーダーは、安値で買い、高値に転じたら売ります。
  • ショートポジション: ショートポジションは、トレーダーが資産価値の下落を感じ、SELL (売) ポジションを選択したときに建てられます。

例を使って、その概念について学びましょう:

  • ゴールドCFD取引の例: ゴールドの相場が、現在1820USDとします。市場ニュースや経済分析を追っているうちに、ゴールドの価値が上昇するのではないかと推測します。そのため、ゴールドの現在の買値で「ロング」ポジションを建てます。決済時に、ゴールドの値が1901USDドルまで上昇したとします。市場の方向はあなたの取引の方向と一致しているため、あなたのCFDポジションは利益を上げていることになります。しかし、当初の値より下がっていれば、損失が発生していたことになります。
  • 株式CFD取引の例: Metaが期待外れの決算報告を発表した後、あなたは、同社が過大評価されており、これが一時的な下落ではなく、より深い調整の始まりであると確信しているとします。そのため、Metaについて250USDでショートポジションを建てることにします。Metaの株価が下がり続ければ、あなたの取引は利益をもたらすことになります。しかし、Metaの株価が反発して250USDを超えると、あなたのポジションは損失を被ることになります。

 

CFD取引の利点は?

CFD取引の主な長所は、幅広い市場で幅広い資産を取引できることです。CFDでは、トレーダーは株式、株価指数、コモディティ、通貨を含む様々な金融商品を、単一の取引プラットフォームから取引できます。つまり、トレーダーは自分のポートフォリオを分散し、たとえそれらの資産を直接取引できなくても、様々な市場の機会を利用できるわけです。また、証拠金取引も可能なため、トレーダーは少額の資金で大きなポジションをコントロールすることができ、潜在的なリターンを拡大できる可能性があるため、取引がさらに行いやすくなります。

注: レバレッジをかけた取引は損失を拡大させる可能性もあるため、厳格なリスク管理を行わなければなりません。

また、CFD取引には柔軟性があり、上昇と下落、両方の市場から利益を得るチャンスがあります。CFDでは、資産の相場の上昇を予想すればロング (買) ポジションをとり、下落を予想すればショート (売) ポジションをとります。つまり、トレーダーは市場の動きから利益を得ることができる可能性があり、様々な市況を利用できるということです。

 

CFD取引の方法

CFD取引は、オンラインブローカーに口座を開設していれば、誰でも行うことができます。口座を設定したら、次の一般的なガイドを使用して、標準的なCFD取引を設定できます:

  1. 資産を選択する: 株式、指数、コモディティ、通貨など、取引したい金融商品を選択します。
  2. ポジションを選択する: 選択した資産の値が上昇 (ロングポジションを建てる) するか下落 (ショートポジションを建てる) するかを判断します。値が上昇すると予想する場合はロングポジションを、下落すると予想する場合はショートポジションを建てることになります。
  3. 取引サイズを決定する: 取引したいCFDのユニット数を指定します。CFDは通常 「ロット」 単位で取引され、各約定は原資産の特定のユニットサイズを表します。
  4. レバレッジを選択する: レバレッジを利用すれば、比較的少額の資金で大きな取引ポジションをコントロールできます。ただし、レバレッジは利益と損失の両方を増幅する可能性があることに注意することが重要です。
  5. 市場を監視する: ブローカーが提供する取引プラットフォームを使用して、資産の値動きをリアルタイムで監視します。通常、CFD取引プラットフォームは、市場の分析と監視に役立つ様々なツールを提供しています。
  6. 発注する: 市場に参入する準備ができたら、取引プラットフォームを使用して発注します。取引のタイプ (売買) 、取引サイズ、およびプラットフォームが必要とする追加パラメータを指定します。また、利益を確定したり、潜在的な損失を削減するために、ストップロス (SL、損切り) やテイクプロフィット (TP、利確) などのツールを使用することをお勧めします。
  7. 自分のポジションを監視する: 発注したら、ポジションを監視し、資産の値動きを追跡します。取引に満期が設定されていない場合、自分の取引戦略に応じていつでもポジションを決済できます。

 

CFD取引の長所

  • 複数の市場での取引: CFD取引では、株式、指数、コモディティ、通貨など、様々な市場で取引できるため、取引の機会を潜在的に多く確保できます。
  • レバレッジ取引と証拠金取引: CFD取引にはレバレッジがあり、トレーダーは少額の資金でより大きなポジションをコントロールできます。これにより、潜在的な利益 (および損失) が増幅され、資金配分の面で柔軟性が確保されます。
  • ロングポジションとショートポジション: CFDでは、トレーダーは市場の上昇と下落の両方を利用できます。ロングポジションを取ることで、トレーダーは上向きの値動きから利益を得る可能性があり、ショートポジションを取ることで、下向きの値動きから利益を得る可能性があります。
  • ヘッジの力を活用できる: CFDは、既存のポートフォリオの潜在的な損失を相殺するためのヘッジ手段として使用できます。反対のポジションを取ることで、トレーダーはリスクを軽減し、投資を保護できます。
  • 原資産を所有しなくてよい: CFD取引では、トレーダーは原資産を所有することなく値動きに投機できるため、所有に必要な多額の先行投資や、現物資産 (例えば、原油や穀物などのコモディティ) の潜在的な保管コストが不要です。
  • 取引サイズが柔軟: CFDは取引サイズを柔軟に選択できるため、トレーダーは自分のリスク選好度と目標に合わせてポジションを調整できます。
  • 迅速で便利な約定: CFD取引は、オンライン取引プラットフォームを通じて迅速かつ便利に約定でき、市場へ即時アクセスが可能で、リアルタイムの相場を参照できます。
  • 世界市場で幅広く取引が可能: CFD取引では、世界市場で幅広く取引が可能なため、トレーダーはポートフォリオを分散し、収益性の高い取引を見つける可能性を高めることができます。
  • リスク管理ツールを利用できる: CFDプラットフォームは多くの場合、トレーダーが損失の可能性を管理、制限するのに役立つストップロス注文やテイクプロフィット注文などのリスク管理ツールを提供しています。
  • 配当金を得ることができる: トレーダーは、個別株または株価指数のロングポジションを保有している場合、配当金を得る資格を有します。配当金の調整は、トレーダーがショートポジションを保有している場合にのみマイナスとなります。

advantages and disadvantages of CFDs

CFD取引の短所

  • ボラティリティリスク: CFDは値動きの激しい資産で取引されるため、急激に値動きする可能性があります。市場が急激に動くことで、大きな損失を被ったり、マージンコールを引き起こしたりする可能性があります。
  • レバレッジは損失を増幅する: レバレッジは潜在的な利益を増やすことができますが、損失も拡大します。レバレッジをかけて取引すると、損失が初期投資を上回る可能性があるため、大きな損失のリスクが高まります。
  • ブローカーのリスク: CFD取引では、ブローカーや金融機関との間で取引が約定されるため、トレーダーは取引相手のリスクにさらされます。ブローカーが破綻したり倒産したりした場合、投資資金を失ったり、出金が困難になったりするリスクがあります。トレーダーは、ブローカーを精査し、認可、規制を受けた、信頼できるブローカーを選択すべきです。
  • 手数料と料金: CFDブローカーによっては、夜間の資金調達料金、手数料、プラットフォーム手数料など、予期せぬ手数料や料金を徴収する場合があります。トレーダーは、選択したブローカーの手数料体系を慎重に確認し、取引の総コストを理解する必要があります。
  • 過剰な取引と感情的な意思決定: CFD取引は、取引の容易さにより、過剰な取引や感情的な意思決定につながる可能性があります。綿密に練られた戦略ではなく、感情に基づいた衝動的な取引は、取引の結果を悪くする可能性があります。
  • 複雑な価格体系: 変動の激しい市場におけるCFDの相場は複雑であり、原資産の正確な値を反映するとは限りません。スプレッド、コミッション、資金調達コストなどの要因が価格設定に影響する可能性があるため、トレーダーはCFDの価格体系を理解することが重要です。
  • 規制上のリスク: CFD取引の規制環境は、国や地域によって異なります。当局による規制の変更や制限は、CFD取引の取引体系、レバレッジ制限、またはその他の側面に影響を与える可能性があります。
  • 所有権や議決権がない: CFDトレーダーは原資産を所有しておらず、関連会社の議決権を有しません。

 

CFD取引と従来の取引との相違点

CFDと従来の取引 (例えば、株式購入) は、どちらも株価の動きに左右されます。ただし、この2つにはいくつかの大きな相違点があります。

株式の取引や投資を行うと、資産 (通常は企業の株式) を直接所有することになります。この場合、株を購入した値よりも高く売ることでしか利益を得ることができません。

CFD取引では、値動きだけを取引するため、株式、コモディティ、外国為替、指数など、様々な世界市場で、金融商品のロングポジション (買) またはショートポジション (売) を建てることができます。これにより、原資産を所有していなくても、市場の値動きによって利益を得たり損失を被ったりする可能性があります。

この2つの大きな違いは、レバレッジの使用です。CFDはレバレッジ商品であり、完全な取引のポジションを建てるために必要な資金のごく一部を事実上入金し、残りをブローカーから借り入れて取引を行います。これにより、少額の資金で、大幅に高いリターン (または損失) を得ることができます。株式取引では、自己資金で株を購入し、前払いで全額を支払う必要があります。

CFD取引

従来の取引

レバレッジの使用 全額前払い
様々な市場 株式とETF
原資産を所有しない 原資産の所有権
ショートポジションを建てて値の下落による恩恵を受けられる 値の下落の恩恵は受けられない
株主優待なし 株主優待および議決権
印紙税はかからないものの、利益はキャピタルゲイン課税の対象 利益は印紙税とキャピタルゲイン課税の対象
取引のヘッジが可能 ヘッジにはデリバティブの利用が必要 (オプション、先物、インバース型ETF)

CFD取引におけるリスク管理方法は?

取引において、あなたは世界最高の戦略を有することができますが、リスク管理なしでは、長期的に利益を出し続けることは困難です。市場は変動するため、リスク管理は不可欠です。

5つのリスク管理ツールとヒント

  1. ストップロスを活用する: ストップロス (SL、損切り) とは、設定した値に達すると自動的に取引が決済される、あらかじめ設定されたレベルのことです。これは、取引が不利になった場合のセーフティネットのようなもので、損失を自分の納得できる金額よりも大きくしないためのものです。
  2. テイクプロフィットを活用する: 相場が反転する前に、利益を確保したいと思いませんか?テイクプロフィット (TP、利確) のレベルを設定しておけば、相場がそのレベルに達すると自動的に取引を決済し、利益が確定します。
  3. トレーリングストップを活用する: トレーリングストップは、損失を制限し、利益を確定するための戦術です。ストップロスのようなもので、さらに柔軟性があると考えてください。現在の値から一定の値幅に設定し、値動きとともに上下します。
  4. ロットサイズを調整する: 取引では、サイズは重要です。ポジションが大きいほどリターンは大きくなりますが、リスクも高くなります。適切な取引サイズを判断するには、取引が不利になった場合にどれだけの損失を許容できるかを考えまましょう。
  5. トレーディング計算機を活用する: 無料のオンライン計算機を活用して、取引の設定に役立てましょう。
    必要証拠金計算機: ポジションを建てるのに必要な証拠金を確認できます。
    利益/損失計算機: このツールは、利益と損失を見積もり、ストップロスとテイクプロフィットのレベルを設定するのに役立ちます。
    pips計算機: pipsの動きから潜在的な利益や損失を推測します。


 

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

世界中にいるトレーダーと一緒に、外国為替株式インデックスコモディティ、また暗号通貨CFD取引をしよう!

 

 

本情報は、いかなる推奨を意味するものでも、いかなる証券、金融商品、金融商品の売買、またはいかなる取引戦略の導入も勧誘するものではありません。本情報は、読者の目的、財政状況、ニーズを考慮せずに構成されたものです。過去のパフォーマンスや予測は、将来の結果を示す信頼に足る指標ではありません。Axiは、本情報の内容の正確性および完全性についていかなる表明も行わず、いかなる責任も負いません。読者は、各自でアドバイスを求める必要があります。

FAQ


私の国では、CFD取引は許可されていますか?

一部の国では、CFD取引は許可されていません。取引口座開設の際、オンライン申込書にお客様の居住国が表示されていない場合、CFD取引はできません。


CFD取引は安全ですか?

他の金融商品や投資と同様に、CFD取引にはリスクが伴います。レバレッジを使用することで、CFDは現物株式のような非レバレッジ商品よりもリスクが高くなる可能性があります。ライブ口座で取引を始める前にこのような商品に慣れ、リスクのない環境で練習し、リスク管理についてもっと学習しましょう。


CFD商品の最小取引サイズはどのくらいですか?

AxiのStandardおよびPro口座の最小取引サイズは、0.01ロットです。ただし、この数値は取引する金融商品によって異なる場合があります。 


CFDとオプションの違いは何ですか?

オプションとCFDには、共通の特徴があります。どちらも高いレバレッジをかけることができ、ヘッジにも投機にも柔軟に対応できます。ただし、この2つにはいくつかの大きな相違点があります。CFD取引の場合、取引を開始した時点から決済した時点までの差額を交換することに同意したことになります。オプションの場合、トレーダーは、将来において任意の値で資産を売買する権利 (義務ではない) を付与されます。オプションはより柔軟性が高く、トレーダーはこれらの金融商品に対して複雑な戦略を立てることができます。


CFD取引と先物の違いは何ですか?

CFDは資産の値動きを表しており、投資家はポジションを保有している間に発生する価値の変化を明確に把握できます。

トレーダーは、先物銘柄を取引することで、将来のあらかじめ決められた値と日付における原資産の売買に同意することになります。この銘柄は将来約定されるものであり、資産の値動きにかかわらず、設定価格は変更されません。先物銘柄の買い手は、銘柄満期時に原資産を約定しなければなりません。したがって、当該銘柄の売り手は、合意された期日に資産を提供する義務を負います。

先物は取引所で取引されるため、市場が設定した価格に基づいて取引されますが、CFDはブローカーが設定した価格に基づいて取引されます。したがって、先物の場合はCFDに比べて相場の健全性が高いと予想されます。

簡単に言えば、先物はCFDよりも柔軟性が低く、より構造化された代替商品と捉えることができます。


CFD銘柄の取引期間は?

CFD銘柄の満期日は、CFD銘柄のロールオーバー日と呼ばれます。先物銘柄の満期日は、その特定の銘柄を取引できる最後の日となります。   

先物トレーダーには、当該銘柄の満期前に、ポジションの相殺または清算、決済、ロールオーバーの3つの選択肢があります。ロールオーバーとは、トレーダーが銘柄の決済に関連するコストや義務を回避するために、前月限 (満期日間近) から将来の別の契約日にポジションを移動することです。銘柄のロールオーバーは、利益中立です。 

注: CFD銘柄のロールオーバー日は、すべての取引商品に適用されるわけではありません。 


CFDは株式よりも優れていますか?

CFD取引と株式投資のどちらを選択するかは人それぞれであり、資金的手段と目標次第です。  

株式CFDでは、株価の動きを取引する際にレバレッジを活用できるため、少ない資金で高い利益を得る可能性があります。これはリターンを増大できますが、リスクも増大します。株式CFD取引には柔軟性があります。高値に転じると予想したときはロングポジションを建てる (買)、あるいは株価の下落から利益を得るためにショートポジションを建てる (売) ことができます。 

ただし、CFDでは議決権がなく、居住国によって納税義務が現物株式と異なる場合があります。 


Axiでは、どの市場で取引できますか?

Axiでは、幅広い市場でCFD取引が可能です。CFD取引商品の全リストについては、当社の商品スケジュールをご参照ください。



Milan Cutkovic

Milan Cutkovic

Milan Cutkovicは、FX、指数、コモディティ、株式などの取引と市場分析において8年以上の経験を持っています。彼は、非常に才能のあるトレーダーを識別し、専門的な開発を支援するAxi Selectプログラムに受け入れられた最初のトレーダーの1人です。

トレーダーとしてだけでなく、Axiコミュニティーのために毎日分析を書き、ファイナンシャルマーケットの幅広い知識を活かしてユニークな洞察と解説を提供しています。彼は、他の人が取引でより成功する手助けをする事に情熱を注いでおり、包括的な取引eBookに貢献し、Axiブログで定期的に教育的な記事を公開する事によって、自分のスキルを共有しています。

ミランは、Yahoo Finance、Business Insider、Barrons、CNN、Reuters、New York Post、MarketWatchなど、多くの金融関連出版物から頻繁に引用され、言及されています。

Find him on:  LinkedIn


More on this topic

続きを読む

あなたのエッジをトレードする準備はできていますか?

グローバルな、受賞歴のあるブローカーで取引を開始してください。

無料のデモを試す ライブアカウントを開設